ブルックリンイタリアン!

アラジンです。
ずいぶんおひさしぶりぶりぶりのカマです。
相変わらず「食いしん坊」な毎日を全力疾走中アラジン卿っす。。
このブログのお友達のページに久しぶりに行ってみたらほとんどの方
もうやってらっしゃらない。そりゃそうですね。時は流れ、ひとところに留まるものなど
どこにもない。せつないきもちになりながらでも「食」は永遠と思い直す次第です。
そう、「食」は心と体の源!
ひさしぶりに「食いしん坊」がアップしたいのはこのトラットリア。ブルックリンの
パークスロープにある店。1枚目の写真にあるのが店の名前っす。
ブルックリンイタリアン、なかなか最近熱いようです。またルポします。
え?文章短い?だってー、リハビリ中なんだもん。徐々に慣れて行きますね。
バハハーイ、ケロヨーン!

e0002541_22482833.jpge0002541_22454922.jpg
# by sokosoko6293 | 2013-06-30 22:51 | 後悔しないイタリアン

CIPRIANI

アラジンです。


今日紹介するのは「CIPRIANI」話題のイタリアンです。もうタマランチ!なお店です(笑)
いろんなところにコンセプトのちょっとづつ違うこの店のブランチがあるのでお好みに応じて
使い分けると言うのも楽しいかもしれませんね。
アラジンが好きなのはsohoにあるdown town 店。活気があって遅い夜中の時間になるにつれぐ
んぐん店のムードもヒートアップするという楽しい店。東京でいえば「appia」とかが近い路線
かもしれません。

この夜はプロシュート、アーテイチョーク、カプレーゼ、アルグラサラダ、サフランのリゾット、
ポモドーロペンネ、など。ビジネスミールだったのでこれを4人でシェア。
どれもはずれがなくて、リゾットなどはとくに米の固さ加減、味のバランスは見事
でした。ペンネはもう一声工夫がといったところですが、自らシンプルなものを
頼んでいるのでこれはこういったかんじでももしかしたらいいのかもしれない。プロシュートは
肉の質が最高です。口の中にへばりつくような違和感はまったくなく、自然とメレンゲ
のように赤ワインとのマリアージュで溶けていってしまう。そして特筆すべきは最初にでてくる
パンのおいしさでしょう。グリシーニも表面だけやいたパンはほっぺたのおちそうな
おいしさでした。座った時点でミノザが振る舞われると言うベタな演出も嫌みが全くなく
おもわず笑顔がこぼれます。

ホスピタリテイの高いお店です。客筋には「appia」なんかとほぼ似た感じですが、
音楽関係、映画関係、舞台関係、アート関係、弁護士、などやや変化にとんでます。ファミリーで
の来店も多いというのも見逃せない点でしょう。アラジンお得意の「ひとりめし」パターンも大歓迎のようです。次回はがっつりと肉食べてみたいと思います。

ちなみにお値段のほうですが、アラジンたちは赤ワインのボトルと水を
頼みましたがデザートは今回はパス。セコンドはなし。頼んだものは上に書いたラインナップ
です。これで$400ちょいです。ワインの品揃えは目移りするくらい豊富なので
手頃なプライスでおいしいものをソムリエのかたに相談して決めると
いいと思います。この日のアラジンたちもそうしました。ひとり$60くらいのfoodと一本
$200くらいのワインを4人でシェアしたとしたらそれくらいのamountになるので
もしかしたらお得感のあるproper priceだというのがアラジンの印象です。ただワインはしっかり
主導権を持って腹を割ってカジュアルな値段でおいしいものを、と念を押した方が賢明でしょう。
おいしいものをカジュアルに、でも(ここが大事)上品にきちんと納得して食べたいと言う
かたには、きっとばっちりの店だと思います。店の雰囲気は底抜けに明るいです。


http://www.cipriani.com/locations/new-york/restaurants/downtown.php



e0002541_1221537.jpgそう。ヘルシーなんですよ。どっか日本ぽいなあって思ってたんですけど、写真みて再確認。

e0002541_1232123.jpg


    

    





雰囲気に余裕があるというか、食べ慣れてる人が多いかんじ!
e0002541_1244957.jpg




     




アメリカで食べるパスタは非常に厳しい。そんな中、これは健闘している。e0002541_12526100.jpg


    


     





茶目っ気のあるお店の人。いきなりのポーズだったので顔が、、、
e0002541_1261621.jpg


      

      





食後のこういったアミューズもやりすぎてないところがぐ〜〜   e0002541_1271539.jpg





      さっきのおわびにニヒルにサーブしてるところをどぞ。e0002541_1275998.jpg





       





お客が店のムードを作ります。
e0002541_1283655.jpg







      










今回の記事を故元IOCタマランチ会長に捧げます。アデユー!
# by sokosoko6293 | 2010-05-03 01:35 | 後悔しないイタリアン

鍋焼きうどんに見る和食のコンセプト

アラジンです。アメリカの和食はいったんアメリカ人の舌を通過して
味が決められるようです。それを感じたのはアメリカに着いた頃、寿司
の盛り合わせを頼んだときです。


それはそれは大皿にスリッパほどの重量感と大きさのある
寿司がで〜〜んと並んでいたのを見たときです。もちろん
わさびはカテゴリー的には「抹茶アイス」なルックスでした。


なので、最初は日本人以外の人たちがやってる和食やさんを邪道だと
思っていたアラジンですが、日本人もアメリカ人をメインの客のターゲット
にしてビジネスをやっているので、一概に味わってみるまでは
真偽のほどはわからない、と思うようになりました。


今日ご紹介するのは典型的な「鍋焼きうどん」です。
たいがいの和食やのメニューにある「鍋やき」ですが、
定番は、海老フライ、かまぼこ、白菜、皮部分をいっさい入れない
チキン、絶対に半熟にならないようにする卵、にら、しいたけです。
味は、薄味です。アメリカに来てから、一番あたりはずれのないのが
この「鍋やきうどん」です。きっとこれはこれ自体、強烈な個性が
あるので、変換のようがないのでしょうね。


つい最近、アラジンの隣で「鍋焼きうどん」を食していた白人の
おばあchangが、「あ、ちょっとウエイトレスさん!これ
ほんとにおいしいわん。とってもぐ〜よ。でも食べきれないから
タッパーに入れて頂けるかしら。おうちでチン!させて
食べたいの。」
お店のかたの対応は見事でした。
「もちろんですとも。鍋やきと味噌汁は別々のタッパーに
お入れしますね。少々お待ち下さい!」


もちろんこの店は純粋にオーセンテイックな日本人が
やっているお店です。しばらくすると大きな袋にふたつの
コンテナが積まれたおみやが彼女のもとに到着したのは
いうまでもありません。



きっと「鍋焼き」がメインで「味噌汁」がスープ感覚
で頼まれたんでしょうね。なんだかアラジンはこれを
見てて胸が熱くなりました。自分もインド料理やトルコ料理、
イスラエル料理など食べ慣れない料理を食するときに
ずいぶんの禁じ手を犯しながら食いしん坊道を歩んでいるのだろ
うなと思うのです。でも「こうしなきゃいけない」とか
「それは邪道だ」とか言われたことがいままで一度もないです。
きっと中には考えられないような食べ方や失礼なマナー
ぶっこいているのだと思いますが、nYではいっさい
おのれのやり方が全てで、誰も文句を言いません。


ただ和食は日本のhomeで食べるそれとはどこかなにかが違います。
同じようなレシピで作ったとしても「微妙に違う」のはなぜだろう。
水?火?

きっと和食は日本で食べるのが世界一おいしいのだと思います。
そんなことを思った日には必ず家でアラジンの「ひとりでできるもん」
をやります。限りなくアラジンの思う和食になりますが、
しかしやはりどこか違うというのはぬぐえません。

もうすぐそこに初夏がやってきているような
気配のするNYですが、相変わらずの地球温暖化で今朝はストーブを
つけている弱虫アラジン卿(笑)








e0002541_1284548.jpg









本当においしい「鍋焼きうどん」というものを
少しずつ思い出せなくなっている自分が
悲しいです。
# by sokosoko6293 | 2010-04-26 01:54 | 和食っていいね

進化し続ける和食レストラン      

アラジンです。前回はコンテンポラリー、fusion系のイタリアン
の目立ったところをお送りしましたが、今回は和食で攻めてみましょう。



イーストヴィレッジは和食が豊富!そんな90年代の伝説は
もう通用しないのが日々変わり続けるNYの実情です。
マンハッタンのみならずブルックリン、クイーンズなどにも
素晴らしい味を提供できる和食やが増えています。


そして傾向として和食=健康的みたいな図式から、更に進化して、
和食エンタテイメントともいえるジャンルが確立してきました。
「megu」のように店内に氷の彫刻を展示して
パビリオンのようなワクワク感をあおる店もあれば、
老舗の「nobu」「morimoto(フィリーの店)」などは一歩一歩
足固めしながらアメリカの文化の一翼を担っています。
アラジンは同じ日本人というアメリカ社会の中でのマイノリテイ
としてはここらへんの店の動きと言うのがとても気になります。
お寿司は「sushiden」(東と西に一軒ずつ)や「初花」の
ネタの新鮮さ、味のクオリテイの高さが、
更に、味+、、、日本の麻布あたりの裏手の路地にある隠れ家的な
雰囲気を漂わせながらもオオバコという勝負にでた「yasuda」は
画期的な店といえるでしょう。
ネタも小さめで、あ〜んもっと〜的な客としては飢餓感煽られまくり
です。SATCでも話題になったトライベッカの「ono」もよいの
ですが、どっちかっていうと「megu」の炉端版
といったところでしょうか。その昔カウンター越しにあざやかな
剣さばきがアメリカ人の間で話題になって大成功した「紅花」
の平成版とアラジンは勝手に呼んでいるのですが。


もしこの中でひとつ、安心して接待に使える店、大事な人を
連れて行きたい店、といえばやはり「安田」でしょう。
ミッドタウンの西に位置するこの店は常に活気で溢れています。
そして日本でももはやなくなりつつある「職人の頑固さ」を
かたくなに守り続けているし、
そこはかとない「けれんみ」が魅力です。


余談ですがなんてことない
なめこの赤出しなんかが
泪がでるほどおいしい!異国にいるからっていうのも
あると思いますが素晴らしい味です。

敢て「愛のムチ」を1 whip投げると
すれば、エントランスがもう少しオーセンテイック
であってほしいというのがありますが、これは「安田」に限らず
NYではなかなかむつかしいことです。

「安田」のページです。
どんなかんじかをご覧ください。ちなみにこの店の向かいあたりのビルの
地下にある「さかなや」だったか
「いろりや」だったか?名前不確かなんですが、も魚は美味いです。
(すみません。いきなりこのノリの店になるとシニアモーメントの入る
あいかわらずのアラジン卿です  笑)


http://www.sushiyasuda.com/


e0002541_9552162.jpg












でも究極の贅沢ってことになると
最近のような初夏的なあったかい日に
セントラルパークのこのあたりの
芝生にあぐらをかいて
「自分で入れて来た水筒のお茶」を
ぐびぐびいきながら
グロッサリーで買った「太巻き」
を食べることだったりします(笑)
# by sokosoko6293 | 2010-04-24 09:58 | 和食っていいね

LOCANDA VERDE

ごぶさたです。アラジンです。
イタリアン好きは変わらずです。
何軒かNYで話題の店をチェックしました。
ご旅行の際の話題のお茶濁し&備忘録。

1. Dell'anima
http://dellanima.com/about.php
10:15pm
Bobboでソムリエだった人とDel Postoで働いていたシェフ?がオープンしたお店。

2. L'Artusi
http://lartusi.com/
10:15pm
Dell'animaの「ゆったり版」店舗。

3. Gottino
http://www.ilovegottino.com/
予約取らず。どちらかと言うとワインバー…。
オーナーはイタリア版gastropubのgastrotecaと呼んでる。

4. Scarpetta
http://scarpettanyc.com/
10:30pm
確か、ニューヨークタイムズ紙で★★★だったかと。


特に1や2は客層が白人ばっかりでびっくり。
案の定、死ぬほど砂の入った塩っばいボンゴレに
まずい手打ち麺。だいたい手打ち麺とかやるまえに
乾麺の素晴らしさをまず作り手がリスペクト
してほしい。アラジンはウエイトレスに塩っぱい
砂だらけまんだらけスパをキッチンに戻して
チェックしてもらったのですが、彼女は皿を悠々と
アラジンテーブルに戻してこう言いました。
「こういう味付けになっております」
これを見た友人がひとこと。
「客が白人ばっかで
fusionしてないレストランは味もだめだね、不思議と」


というわけで今日はみなさんにアラジン一押しの
レストランを紹介します。LOCANDA
VERDE トライベッカホテルの一階です。
ワインの品揃え、セコンドの充実、パスタの絶妙、
ドルチェのサプライズ、適度な乱雑感と高級感のミックス、
若干プライスは高めですが
東京で食べることを考えたら。店員はみな、知識が豊富で
知らないことをはっきり知らないといいます。
満員の満員のそのまた満員の、1日6回転もする人気店ですが、
名前を入れておけばホテルのロビーのソファで
グラスシャンペンとかいただきながら小1時間
まったりchatしてると必ずお店の人が笑顔で呼びに来てくれます。
そうです。ホスピタリテイも素晴らしい。
味とサービスは比例しますね。
そして客層はアラブ人、韓国人、ワスプ、黒人、
インド人、モロッコ人、イタリア人、フランス人、
などなどなど、とにかく層が分厚く活気に満ちている。


アラジンは前菜からチーズ、パスタ、セコンド、スイーツ
とぜんぶ網羅しました。一番記憶が近いスイーツを例にとってみると、
たとえば、ソルベ。種類はbosc pearとか apple butternutとか
blood orange proseccoとか。 ジェラートは、
rice custard, rum vanilla, pistachio。
このチョイスを聞くだけでそそられません?

写真を探したのですがずいぶん前に行ったので
見当たらず情報だけで堪忍してください。
でも、今日本からお客様がいらしたとき、アラジンは
自信を持ってこの店の名前をあげます。いまキラキラ
してる名店中の名店です。

http://locandaverdenyc.com/

e0002541_1215575.jpg






で、なぜこの写真かって?いやそのあのもじもじ、、、、、、
楽しんで頂けましたでしょうか?
# by sokosoko6293 | 2010-04-19 01:52 | 後悔しないイタリアン

アラジンの食生活!

アラジンです。
もう2年すか。早いですね。
アラジンもすっかりNYの生活に慣れました。
一度その店の味にはまったらとことん通いつめる
アラジンwayは相変わらずですが、六本木時代に
比べると、家ごはんの回数もめっきり
増えました。年齢的にも経験的にもいい時期だと
思います。しかし、ご飯日誌のモットーの
「このご飯がさいご」そう思いながら、目の前の食事
をうまいうまいと泣きながら食べるのも変わらずです。

今回はオムニバス形式でアラジンのごはん日誌を一気に
どばっとお送りしますね。更新がない放置ブログに
なっちゃってるのでたまには蔵出ししないとね!
それではごらんください!

e0002541_1421380.jpge0002541_14261928.jpge0002541_1427728.jpg








e0002541_14305657.jpge0002541_14323429.jpge0002541_1434231.jpg









e0002541_14354710.jpge0002541_14364583.jpge0002541_14372310.jpg









e0002541_14393366.jpge0002541_14554924.jpge0002541_14563861.jpg











ちなみに上から左右の順で、写真を簡単に解説すると
ほうれんそうカレー制作中、しょうがの野菜炒め、
カキフライ、親子丼(真ん中にさくらんぼが乗って
ます)、ししとうのナポリタン、ラグーソースのパスタ
、とびことアボガドとサーモン巻き、アレギュラと
りんごのサラダパルメジャーニ乗せ、大根の蕪切り
サラダたまねぎポン酢ソース、ロスに行ったときに
飲んだ白(銘柄不明)、カルボナーラ、ヨーグルト
アラジンカスタマイズ。

いかがだったでしょうか?随所に生活の工夫が慮られる
構成の食生活になってるでしょ?ああ麻布広尾での
ラグジャリーな食事が恋しいときもあります。
でもすめば都で、日一日とNYの食生活にも
慣れてきつつあります。いや、やはり家ごはんの充実しか
ないかなという「悟り」の境地に入りつつあります(笑)
これからはマイ食器も増やして
もっともっと五感をすまして家ごはんライフを充実させて
いきたいですね。またの更新を乞うご期待ください!
# by sokosoko6293 | 2009-11-21 14:49 | ひとりでできるもん

PARTY PEOPLE

みなさん  ごぶさたでおす。アラジン女将です。

今年の夏は涼しおす。日本も梅雨が戻ったっちゅう話でっしゃろ?
それやったら「鮎解禁もう一回」それはあきまへんわな。すまそん。

NYも雨が多いし涼しおす。全地球規模で気候が荒れてますのかいな。
春夏秋冬みたいな季節感がどんどん薄れて行くのは残念でなりまへん。
なんか毎日地球をぎゅって抱きしめながら
生きてな安心でけへんのだすわ。いただきます、ごちそうさま、
おおきに、日常の一瞬一瞬に心込めて、感謝の気持ち
表しながら、生きていきまひょ。みたいな、ね。

さて、今日でおすけど、「アメリカ人のPARTY好き」についてお話させて
くれやっし。アメリカ人はほんまにビジネスがらみのものから超個人的
なものまでなにかとPARTY開きまんな。これの根底には「おもてなし心」
の文化がしっかり根付いてんねんなあってつくづく女将感じますえ。
ほとんどPARTY会場でドリンクやフードにいちいちお金とるなんてとこ
はおへんし、会費も「お布施」みたいな「寄付感覚」で払いたい人は、どす。
ま、それぞれに応じてやろけど、ただのとこも多おまっせ。
出席者はみんな一様にほんまにPARTY慣れしてて、自分の名前をレセプション
で確認して、どんどん中へ入って行きます。お酒が入れば「ひさしぶりどす」
「どうしてはりましたん?」「新幹線なんか待たしといたらよろしいやん」
またたくまに嬌声と笑い声とハグと誰かの名前を呼ぶ声で場はあふれます。
人が人紹介してつながりが広がる場所としてほんまにワーク
してまんな。

ところで〜最近ちょこちょこ女将も超個人的な小さな
PARTYをオーガナイズさせてもろたり
する機会増えてきたんどすえ。超ド緊張〜蚊取り線香〜!
人様の喜ぶ顔想像しながら一品一品アペタイザーを女将台所でクックしすんのは
なかなか楽しいしストレス解消にもなる事請け合いでっせ。できたものはどんどん
タッパーやジッパーに入れていけば、あとはお酒類の調達で完了だす。
人数が多い場合は安くておいしいマグナムボトルのワインやシャンパンを
購入しまっせ。ほんでいざPARTY会場にはナプキンやお皿やグラスなんかを
準備してくれる誰かがいてくれるとそれだけで何倍も女将も楽やし楽しくなります。
あくまできっと準備するほうも楽しんで、かかえこみすぎない、っていうのがよろし
んでっしゃろな?と思て、ぼっちぼっち、い〜じ〜い〜じ〜い〜じ〜ご〜いんぐ〜!


つい最近のPARTYで「ささみとえびと野菜のしゃぶしゃぶ」をやりまして
んけど、アメリカ、野菜や魚介類、肉類、ぜんぶ安おますんで量があまらんように
それぞれの材料を組み合わせてさっきも言ってましたアペタイザーを先に作るん
ですわ。お酒や会話がスムースに進むくんになるように。あとの材料はなるだけ
行った先で広げて並べていれればじゃじゃじゃじゃ〜んっですむようにカットして
着いてからの手間ひまを省いておくんだす。前菜は「にんじんの短冊切りの酢の物
とろろこんぶ和え」とか「いんげんとえのきのオイスターソース」とか「しょうが
をすりおろしてズッキーニを一晩漬けとく」とか、、、なんか日本の食べ物推しすぎ
やろか??なんかこころなしか最近女将のまわりで「きんぷ〜いら〜ごぼ〜」とか
「スのも〜の」とか「ひじ〜〜き」とか平気で口にする人増えてきたみたいどす。
せっせと和食の民間友好〜なんちゃって。


あ、つらつら話とったらもうこんな時間どす。また順次報告させてくれやっし。ほなら、
みなさん、女将から最後に、、、、2009夏、
暑中お見舞い申し上げます。 このあともいい夏をお過ごしくださいませ。 かしこ。
# by sokosoko6293 | 2009-07-28 07:11 | 鍋奉行

野菜スープって偉大だY!

アラジンの女将の慌てていきなりきまぐれクッキング〜〜!

ごぶさたどす。ついさっき、奇跡的に具沢山のおいしい野菜スープに成功しました。
忘れないうちに備忘rock you〜ってことで、簡単ですが、メモらせてくれやっし。

用意する材料:
ブロッコリー一束、じゃがいも一個、たまねぎ一個、にんじん一本、
キャベツ4分の一束、剥きにんにく10個、大きなししとう3本、
ミニスモークウインナー10個、干しエビ6個、

調味料:
みりん、オリーブオイル、塩、黒胡椒、ローズマリー、バジル、
レモングラス、

1)ミネラルウオーターをでかめの鍋の半分まで入れて沸騰させる。
2)にんじんぶつ切り、じゃがいも6等分、にんにく、を入れる。
3)時間差でブロッコリーの茎、キャベツぶつ切り、ししとうぶつ切り
  を入れる。大胆でよろしおす。
4)簡単にみりん、塩、黒胡椒で味を整える。
5)更に時間差でブロッコリーの花部分、たまねぎぶつ切り、ウインナー
  を入れる。更に塩と黒胡椒で味を整える。
6)10分くらいしたらオリーブオイルを入れ、味見をして
  足りなければ、塩、胡椒を足す。
7)干しエビを入れて、バジル、ローズマリー、レモンバジルを
  入れる。あくまでお好みで。
8)時々味を観察しながら1時間、ぐつぐつ煮る。

出来上がり:
洋風ポトフみたいなんやけど、レモングラスやみりん、干しエビなんかで
深みがでてます。ブロッコリーはほろほろにカタチのなくなるかんじが
よろしおす。とろとろになった野菜をスープとして頂く。久々に手前味噌や
けど、感動しましたY。みなさん、いっぱいの野菜がとれるスープ、
じめった季節にどないでっしゃろ?

e0002541_12404226.jpg























食後はこんなふうに
のんびり
くつろぎながら

ブルーベリーでも
つまんで
おくれやっし


女将
# by sokosoko6293 | 2009-06-19 12:59 | ひとりでできるもん

ゴールデンウイークスペシャル「アラジン旅館」

アラジン旅館へようこそおこしやす。ゴールデンウイークで混んでましたやろ?
あてが女将やらしてもろてます、あ、ら、じ、ん でおすえ。
「女将!」でもええし「アラジン!」でもよろしおす。
なんでもあてに申し付けておくれやすえ。ま、ま、おぶさんでも飲んで
これ、人様からのもらいもんやけど、カステラでもつまでくれやっし。

え?さっそくでなんだけど?旅館でなつかし〜喫茶のナポリタンが食べたい?
女将わかりますかって?ええ、ええ、あの小さな喫茶のショウーウインドーに
よくあるくるくる巻いたナポリタンとフォーク、あの宙に浮いてあるやつでっ
しゃろ?懐かしいどすなあ。え?あとトマトサラダ?ああ、よろしおすなあ。
あくまでコンセプトはナポリタンもトマトサラダもイタリアン風でいきたい?
もういややわ〜。考えとったっちゅうねん。セビーチェとか旬の食材で作りたか
ったっちゅうねん。ほんで、え?なに?なんです?まぜごはんも?ほし?い?
お客さん、失礼やけど  おたく、炭水化物星人?セイムセイム〜あてとセイム〜
こほ。失礼どすラジャーどすえ〜。もう喉まででかかってたっちゅうねん。
山椒にちりめん、混ぜて、善光寺の一味、隠し味〜やけど言って
もうたっちゅうねん。
お客さん、スポーツ報知でも読んでちょっと待っててくれやっし。
ほな、あてここで消えますな。心こめてつくりまっせ。

(エコー希望)アラジン女将の、そう思とったっちゅうねんクッキング〜

e0002541_339288.jpg





















まずはナポリタンでっせ。ししとう、辛みのソーセージ、ガーリック、クロ胡椒、
トマトケッチャップふんだんに使って、麺はアルデンテでっしゃろ?そう思とっ
ったっちゅうねん。な!

e0002541_3412844.jpg























セビーチェ セビーチェ  セビーチェ こんなとき女の子は〜って百恵はん
の「恐いわ 恐いわ  恐いわ〜〜〜」の節で歌っておくれやす。バルサミコ
とバジルきかして、ふんだんに、みりん、オーリーブオイル、米酢でっしゃろ?
そうや思って今日まで生きて来たっちゅうねん。な!
e0002541_3431583.jpg























もう「味の博覧会や〜〜〜」って彦摩呂なんかまぜたろかいなもう。
山椒とちりめんじゃこと善光寺の一味でごはん炊き込んだところに
青じそつまんでぴゅっぴゅって乗っけたりしましたっちゅうねん。

このほかにも。しじみのみそ汁、新とーもろこしとアリギュラの
サラダなんかもだしますよって、懐かしい喫茶気分でくるくるフォークで
巻いて食べとくれやす。お客さん、
ごゆるりと!  あてはこのへんで。
# by sokosoko6293 | 2009-05-01 04:15 | 旅・夢・総括

一杯のコーヒーのしあわせ

アラジン女将、今日も4月のNYCを欽ちゃん走り、基い
女将走りで駆け抜けてまっせ(笑)

今日あてが紹介したいのが、女将が毎朝通りかかる屋台のコーヒー
やさんの話どす。アラブ系のおっchangやけど、毎朝寒い日も
暑い日も風の日も雨の日もドーナツとクロワッサンとコーヒーを
忙しい早起きさんたちに提供してくれてるはるんだす。
午前中だけいつも同じ交差点の横に車で牽引してきた店を出して
「おはよう。今日は散髪したんだ?」
「今日もドーナツとアップルシナモンだね?」
「ずいぶん夏っぽくなってきたねえ」
とかお客さんとそれぞれ会話しながら、てきぱき仕事を
こなしはるんどす。

時々、女将走りで信号の反対側からやってくるあてのことを
見透かして、はあはあ息せき切って到着した女将に
「はいどうぞ!いつものコーヒー」
てさしだしてくれたりしまっしゃろ?もう疲れふっとびまっせ。
女将は1ドルのシアワセって呼んでるんやけど、
毎朝、かならずこのおっchangのコーヒーを飲むと
「1日またきばろっ」って気に自然となれるんやわあ。

一度、こんなことがありましてん。
ちょっと上から目線の一見さんが
「ちょっと濃いめのコーヒーにしてよ。薄いのだめだ
からね」
てね。もちろんおっchang言い返し
ましたがな。
「俺の入れるコーヒーは客からモンク言われたこと
一回もないんだぜ。飲んでからそういうことは言いな」
って。なんか胸がすかっとする想いやったわ〜。
自分の入れる一杯のコーヒーに自信を持ってるって素敵
や思いません? スタバもええしデリのもええけど、
女将はこのおっchangの入れるコーヒーがすっきやねん。

NYはみんなきばって生きてるからこんなささやかな瞬間の
ささやかな会話でほっこりなれてまたもうちょっと
きばれるっちゅうの、あると思います(笑)

去年のクリスマスのタクシーテレビのCMでロッテリー(宝くじ
みたいなもの)の宣伝でこういうのありましてん。ええ話やねん。
ちょっと最後に書いてもよろしおす?


寒いクリスマスの近いある日の夜、ひとりの女の人が車から
降りてきて白い息でてのひらはあはあさせながら屋台のおchang
の店で「ロッテリーを5枚とクリスマスカードと封筒」を
買いまんねん。ほんですぐに車に戻ってそのロッテリーを
封筒に入れてカードにメッセージを書いて、すぐにまた車を
出てさっきのおchangのとこに行ってそれをすっと差し出して
「メリークリスマス!」
そしたらそのおchangにかってええ笑顔で
「メリークリスマス!」
って言い返しますねん。ええ話や思いません??
タクシーのテレビって繰り返しが多いから
「ええい。しゃらくさい」って思うことも多いねんけど、
このコマーシャルだけは何回見てもあきひんかったし
心がほっこりあったまったわ〜

話、なごなってすまそん。NYもすっかり初夏っぽくなってきましてんけど
毎朝、女将訓練学校への道すがら、今日もあのおっchangの
コーヒーをひとときの楽しみに、女将ばってんきばっとりまっせ!

PS  そういえば豚インフルエンザ、結構こっちはパニックどす。
   注意書きとか学校から送られて来て、マスクしてはる人も
   ちらほら見かけまっせ。


e0002541_11522693.jpg



















このまえの土曜日に撮った写真でっせ
「咲いた 咲いた  チューリップのは〜なぐあ〜」
(アグネスチャンの「ひなげしの花」のかんじで
は〜なぐあ〜の部分を歌ってみてけろ)
# by sokosoko6293 | 2009-04-28 12:04 | 一生お付き合い願いたい店

おめん(SOHO)

アラジン女将だす。
日本は桜の季節がぼちぼちなんちゃいまっしゃろか?
さ〜くら〜  さ〜くら〜  やよ〜いの〜、、こほっ
すんまそん、つい「さくら」いうたらこれが口からでてもうたY
しやけど、この季節、、
ほんま風情あって、よろしおまんな〜、女将大好き!(きっぱり)
日本の美学は「はかなさ」でおすもんなあ。さくらを愛でてるうちにあっというまの
ちるちるみちるやもんなあ、それがまた、よろしおす。
そんなわけで、NYで20年
くらい続いてるこの「おめん」京都の銀閣寺が本店ですねんけんど、
アラジン女将が大好きなお店のひとつだったんどすえ。

だったんどすえ?
そうだす。過去形だす。
ここはコースメニューとアラカルトがあって、〆に「おめんうどん」と
名打つ釜揚げうどんを白ごまや具沢山のきんぴらや刻み生姜なんかと
一緒にお好みで頂くんどすけど、ほんま風情満点でしてんけど。

いま、大きな問題点がありますねん。
それは店員さんの態度でんねん。全員ちゃいまっせ。でもくさったみかん
は移るっちゅうから店中にその使い物にならへんかんじが充満してまんねん。
もともとこの店は、白人やら黒人やらアメリカのアート系の
オーガニックな客層に絶大な支持をされてるから長く続いてる思うやねんけど、
最近いるバイトの店員の何人かがほんまに仕事できへんねん。
外人の客には「ちょっとぶきっちょな不思議ちゃんオノヨーコ」
って善意に解釈してもらってるんかもしれまへんけど、日本人には
そうはいきまへん。あての目はごまかせまへんで。
それに加えて、なんか異国まで来て日本人が日本人を馬鹿にするような
むっちゃ挑戦的で、カチン!とくるようなこといいまんねん、
この店員。そんではいってみよ〜女将のカチンときたでシリーズ!

カチンその1
女将「このゆば揚げってどんなかんじのゆば揚げでっしゃろ?」
店員「ゆばです」
女将「いや、あの、だからどんなゆばでっしゃろ?」
店員「ゆばはゆばです」


カチンその2
女将「サッポロありまっかいなあ」
店員「ないです」
女将「え?じゃあなにがありますう?」
店員「アサヒです」
女将「じゃそれ頂けますす?」
店員「それでいいんですか」

カチンその3
店員「これがゆば揚げでこれがなんやったかな、れんこんの(とあんちょこの
紙を見る)、あ、これが、、、」
女将「あの、、説明くらいちゃんとできるようにしてほしいのと、あと
説明するときに指が食べ物に近すぎるっちゅうねん。味が落ちるY」

カチンその4
女将「つるつるつる(うどんをうまそうにすする音)」
店員「もうおさげしてもいいですか?」

カチンその5
店員「どぼどぼどぼどぼ(ビールをグラスに注ぐ音)
結果的にグラスのほぼ半分が泡。しかも上まで注がない」

カチンその6
女将「ちょっとすんまそーん、。すんま、すんま、(と至近距離に
来てる店員を呼ぼうと必死にアピール女将)」
店員「いっさい無視(ちゅうか気づかない)」
ほかの店員「(それに気づきながら)はんなりと無視」

カチンその7
帰るとき
女将「ごちそうさんどす」
店員「(腕を組みながら別の方向見て気のない感じで)ありやとざいした〜」


今回の「ごはん日誌」は具体例で攻めてみましたけどどうやったらやろ?まだまだ
ありますねんで。ほんまにサービスがひどい店や。
好き店やったのに、こればっかりはもう耐えられへんわ。もう行きまへん。

たぶん店主、もしくはマネージャーの社員教育やろなあ、ぜんぜん
できてへん。カリスマ日本人パテイシェ、ちかさんスイーツの店「チカリシャス」
のちかさんもそうやねんけど、フードはおいしいんねんけど、
水商売のいろはっちゅうもんがぜんぜんでけてへん。日本人の客を平然と
無視したり、外人の客と対応を分けたり、いやそうな顔したり、(これはチカリシャス
のちかはんの話だす。ほんまいまNYで大人気やけど、ひどいでっせ)
これアメリカやからなんとか形になってるけど、日本やったら
3ヶ月でつぶれてるわ。

アラジン女将の考える水商売、客商売の3か条(日米共通)
1 お客さんの目を見て「ありがとうございます」を心を込めて伝える
2 お客さんは神様です、という感謝と謙虚の気持ちを忘れない
3 お客さんを差別しない

異論もありますやろけど、お客はんを迎える立場ちゅうのは
頭をいかにきれいに垂れる稲穂changかな、でっせ。
「おめん」のぐだぐだ店員は全員集めてアラジン女将が今日からワークショップ!
「あら、おめんちゃんたち、みんな集まった〜〜???
ゆばはゆばですって?ま、っそんなこと言って〜、おこちゃまね〜。
アラジン女将のおっっぱいっ飲〜〜みたい〜の???」
# by sokosoko6293 | 2009-03-23 00:59 | やってはいけないセレナーデ

湖ラブ

アラジン女将、NY郊外に旅行中でっせ。
郊外ちゅうても車で5時間以上やから
もうとんでもなく田舎でおす。

女将訓練学校が休みですねんわ。
もうアメリカの学校って勉強勉強で遊ぶ暇なんか皆無でっしゃろ?
ここぞとばかりマンハッタン抜け出しましたえ。
女将仲間と。

ほんまに一旦出かけたらナビなしに
借りてるコテージに辿るつくの至難の業でおす。
それくらいの田舎モードでっせ、ここは。携帯も通じまへんし。
森、森、また森、街灯もあらしまへんし、標識もおへん。
隣の家まで30分以上歩いてかかりますわいな。

出かけるときは
まるで「おかしの家」状態でおすわ。
パンの屑でも落としておかな、元来た道が
わからんようになってまうっちゅう。
どこもかしこも緑と枯れ枝とで、目印なる文明の利器
な〜んもおへんねん。
これで何回、いざ帰宅しよう思て、コテージの前を通り過ぎて、U-turnして
また通り過ぎて、またU-turnして、また通り過ぎて、またまた通り過ぎて、
い〜、もう、いつに
なったらコテージに戻れるんやっちゅうねん??になったことか。

写真最初のは出かけた先の湖の上に、
描いた女将の落書きだす。it does not have any specific meaning.だす。
写真2個目はコテージでのクッキングで
コンチネンタルブレックファーストつくったときのでおす。
ヒックリ返しに失敗して汚うてごめんやっし。
あとはグレープフルーツのジュースとポテチとペストリーだす。
写真3つめはコテージの前のリバーだす。は〜、人間、
完全にturn offせなあかんときってありまんな。
癒されてまっせ。

明日にはマンハッタンに
戻ります。ほな、よろしゅう。

e0002541_12342770.jpg


e0002541_12574029.jpg


e0002541_1355361.jpg

# by sokosoko6293 | 2009-03-18 12:42 | 旅・夢・総括

ローザのチョコレートやん

田園調布にROZAっちゅうスイーツの店ありますねんけど、
このまえ日本からの来客がありまして、おみやに頂き物しましてん。
言い遅れました。あてがNY在住、アラジン女将どすえ。

このローザ、洋酒入りのボンボンやら、ヌガーやら、プラムやら、
もうやりたい放題の夢の中身をチョコにくるみ、しかもその上を
シルバーで包み、色とりどりの包装紙で縛り上げればはい、できあがり、
みたいな。もう、甘いものすきにはタマランチ会長なプロセスが
ぎっしり詰まってるこのチョコ、アラジン女将の東京時代からの
大好物だったんどすえ。

ひさびさに封をほどく手がふるえましてん。ぶるぶるって。中風ちがいまんで。
心がそのまま手のふるえに出たんやって。もう10代のときのバレンタイン
みたいにそっと差し出す手がぶるぶるってふるえちゃいまひたの、女将、きゃ。
それだけ期待大だっただけに、中身開いてびっくらこきまろでしおしたえ。

時代の、不況の波、ちゅうやつでっかいなあ。ひとつひとつの粒が
えらいちっちゃなってましてん。前はブル中野くらいあったブルーンが
今期は松野明美くらい?マグナムブーブクリコくらいだったヌガーが
落花生?こういうスイーツはいっこいっこ剥くときのどきどきが半分以上の
味を占めてる思うねんけど、もう剥く段階から、なんでなんでこんなに
使い古した消しゴムちっくな大きさなん?って女将ぶつぶついいながら
おもわず自分の爪がシルバーの包み剥ききれずに中身のチョコにぶすって
刺さったちゅうねんもう。いややわ〜。焦りやからね〜ほっといてんか。

そんなわけで、御託並べましたけど、味は変わりまへん。
なつかしいチョコとヌガーのハーモニー、リキュールの急襲に舌も驚く
ボンボン作戦、ほんまに、この手のおやつ食べとるときっちゅうのは、
歯の詰め物とれてもかまわへん、もう、全身噛んでる奥歯だけに
なりたい!なんてね。ちょっとオーバーどした?許しておくれやす。

じゃあ、きのうのぜんざいに加えて、緊急upどすえ。せ〜の〜

e0002541_683967.jpg

ロシアの文字?が見えまんな。その昔の外国いうたらソビエトでしてんで。
ほんで、その時代はもっと前のロシアの頃に夢抱いてましてんって。
おかしはそんな異国の香りの詰まった想像の産物。
子供の頃のいつくしむように食べた記憶が蘇りまんねんな〜。
# by sokosoko6293 | 2009-03-16 06:08 | おやつ

とらやのぜんざい

ごきげんよろしゅうでございます。おひさしぶりの、アラジン女将どす。
手前ごとですけど、
このまえ日本から大きなボックス(葛=つづら)が届きましてん。
その中にはいっぱいいろんな日本の食材が入っとりまして、
うれし涙ちょちょぎれながらアラジン女将、さっそくもって、讃岐うどんやら、
稲庭うどんやら、乾燥ワケギやら、よもぎ餅やら、むさぼり食いましたどす。
ほんでやね、冷静になったとこで、そや、送ってくれはった
女将仲間の”アリババ”におおきに言わな思て。
「アリババ!おおきに!!今度はせんねんきゅうもよろちくび」←すまそん

それで〜、そのなかにこんなん見つけましてん「とらやのぜんざいレトルト」!
これ、ほんまの話、ほっぺた落ちるんちゃうっ?て思うほどおいしかった
どすえ。アメリカの食材で荒れた喉にうっすら奇跡の粘膜貼りましたえ。
なにはともあれ、つべこべ言わずの緊急upどすえ。
アメリカ(異国)で食べてるっちゅうのもあるやろけど、なんやろ〜この、
ほわ〜んとした粒だたないしあわせ感。ん〜もう、女将をどうにでもして!みたいな。
おもわず帯を自らほどき、あれ〜〜殿〜〜言うてひとりでぐるぐる狭いアパート内
回りましたがな。じょ、じょ、ジョークどす(汗)
ぜんざいいうても薄味で、餅はちっこいのが中にふたつだけちゅるってちんまり
おるだけどす。でもそれでええねん。その薄味が女将の妄想を掻き立てまんねん〜!
もうちょっと食べたいわ〜思たら、ふっとサウダージの風が吹きまんねん。
ああ、日本はええYってかんじどす。そしたら反対に体の中は
ほんのり女将ほてりましたでえ。ま、ま、さっそくのそのぜんざいでおます、冷めん
うちに、写真でみとくれやす。ふ〜ふ〜して鑑賞しておくれやす。

え?もういかなあかん?出張の帰りにホームでごはん日誌ちょろっと覗いただけ?
も〜〜〜、すかんわ〜、新幹線なんか待たしとったら
よろしいやん。昆布茶のおぶさんでも飲んでっ、目でおぜんざいちょっとだけ
味わっておくれやっし。

e0002541_058426.jpg
一句。
「ぬきえもん ひんやり春がなでまんねん
頬が赤らむ 女将がひとり」
# by sokosoko6293 | 2009-03-15 00:58 | おやつ

アラジン女将のごっしっぷNEWS

おっひさしぶりぶりだす。アラジン女将だっせ〜  サバイブしてますっちゅに異国の地で。
ほんま、光陰矢の如し(なんかこうやって改めて文字で書くとなんや淫らどすけど。え?だって光陰の陰が、、、)
あっというまに一年とかってたちまんなあ。もうあの頃の女将はどこへいったん?って
くらいアメリカでおもいきりアメリカ~ンな生活しまくってまっせ〜 ま、これも人生、あれも人生って、KEIKO MTUZAKA風に言わせれば、なんちゃって(きゃ)。


ほんでひさびさ更新したっちゅうのも、NYハドソン川でチェルシー機長率いる飛行機
が不時着したっちゅうむっちゃ奇跡なニュース、聞きましてん、もうその話
こっちじゃあ持ち切りだっせ。
なんかこんな元気のでるときに更新せなもう一生ブログなんかせ〜へんかもしれまへんし、ほんで、忘れかけたPCのキーパンチ、うち始めたっちゅうわけだっせ。あ〜しんど。

みなさん、こんな放置女将の日誌をわざわざあけてくれやしておくれやして
ごめんやっし〜〜〜。

それにしても、あの飛行機操縦してはったパイロットはんのファンクラブがネットで
できまくってるみたいで、いかにもアメリカっぽい話題だすけど、この話を
知り合いにしたら「あれだけナイスガイだもの、当然よ」てこともなげに言い返され
ちゃいまひた。(その相手は黒人の女の子)興味のあるかた、英語で直接観てみたいかた、ぜひyahoo USA nEWSをチェックしてみてください。あれよあれよと現場の
様子がでてきまんで〜〜〜。でもほんまえがった〜  なんかひさびさ信じられる
元気のでる話に触れた、そんな気がします。

さらにさっきyahoo japan見てたら、エリカ様明治神宮で結婚!なんちゅうニュースも。ほんま一月からええニュースとびこんできまんな〜。びっくらこきまろやわ〜。
エリカ様っちゅうたらあの試写会で「別に〜」ってぶ〜たれたかたでっしゃろう。

ひさびさおおものアーテイストでてきたんちゃうん?ってアラジン女将もご飯食べる
手をふと止めましたっちゅうねん。なんかはちゃめちゃでむっちゃ頼もしかった
ちゅうねん。そやのに、事務所のあほが謝り会見みたいなしょうもないこと
させるもんやからなんか消化不良のまま予定調和で終わってもうたっちゅうねん。


それがこのたび事務所のハンドリングまったくなしでジミ婚のニュースでっしゃろ?しかもあの明治神宮!外国体験がある人ならあの場所が磁場だってことは一目瞭然でおまっしゃろ?!さすがです。女将も唸りましたえ〜
ほんま、女優のキャリアにしてもふたつもみっつも駒を前へ進めはったな〜っちゅう印
象しましたえ。これを機会にインデイーのとがった作品とか外国作品とかにちょろ
とだけしかでない、竹内まりや方式で、だしおしみしまくらどこ吹く風方式で、やっていってほしいわ〜って女将の好み押し付けてどないなん?

でもしかも相手のかたがまた最高に才能あるかたでっしゃろ??実は女将わりに知ってるかたどすゆえ、おもわず応援しとうなるっちゅうねん。これを機会に規定サイ
ズを超えた活躍をしてくれはるんをアラジン女将は遠い空の下からお祈り申し上げます。あらあらかしこ、川喜田かしこ。←間違ってるし〜

まあ、そんなわけで女将の新春早々の四方山話につきあってくれはっておおきにどす。
で、とうの女将はどうなん?でっしゃろ?そうなんです、そうですなあ、やはりたかが
一年、されど一年、ってかんじかもしれまへんなあ。英語の喋り過ぎであごの骨格
変わりましたし、アメリカフードで体重も増えましたえ〜  でもこっちに来てから
いっさい持病がなくなりましてん。なんちゅうのかなあ、人と比べるとか、なにか
を気にして行動するっちゅうのがなくなりましたやろ?言いたいことは言うし、主張
せえへんと透明人間みたいに扱われるから、そりゃずいぶん言うようになりましたえ〜
ほんで、喋り方も、婉曲表現はNG,つまりまず結末を言ってから、その理由をあげて
比較表現を交えて、最後にconclusion(結末)に再び持って行く、みたいな話し方に
なってきましたYのYの90分!ま、ええわるいは別にして、これも選択肢、あれも
選択肢ってかんじどすやろか←keiko matuzaka part2

ごはんの日誌やから飲食にも触れなあきまへんな。飲食は東京のレベルが高すぎてNY
はかなしきかな比べもんになりまへんけれど、魚介類の新鮮さ
がどぎゃんすっっごいのと、野菜がオーガニックでむっちゃ安いのと、なにしろ
街全体がアナログで愛に満ちてるのとで、nYならではの安くておいしい世界の
郷土料理が星を集めてますな〜  ポーランドのロールキャベツとかスイスの
チーズフォンデユー、とか?

こっちで食事しててもよく「女将、最初うちの店来たとき、ぜったい業者だと思って
ましてん!」みたいなことあとで言われます。なぜかって?
「ごはんを残さず食べて、笑顔で丁寧にありがとうをいう」っていう
当たり前のことに驚くんやて?涙でそうやったわ〜女将にしたらあたりまえだのクラッカーやから、
全然無意識やってんけど、店側にしてみたら、女将みたいな腰が低すぎてひざくらいの位置についてるような客のこと観てちょっと逆に「びびでばびでぶ〜」やったみたいどすな。ふふ、おもろ〜☆

そんな女将もいつかNYでの旅館開店をめざして、日々精進しとりまっせ。飲食だけ
やなしに、ほんまようさんのお得意さんと面通しなりましてん。いつか女将の理想の
桃源郷、こっちでもほっこら暖めたいわ〜なんて妄想抱きながら、今日もごはん道を
突き進んでますう。みなさんもくれぐれもからだに気つけておいしいもんいつも
毎回「これが最後」思て、全身で喜び組しながらにこにこ動画で食べまくってくれやっし〜〜!応援してまっせ〜〜〜!!!!!アラジン女将より



e0002541_1555361.jpg






写真のサイズ変わりましてん
これは「赤いもとたまねぎと乾燥納豆の塩炒め」
うますぎて死にそうやったわ〜
女将の作品だす(きゃっ)
# by sokosoko6293 | 2009-01-20 15:32 | ミーハー追っ掛け隊!

ウクライナ料理に初挑戦!

アラジンです。

NY生活も半年以上を過ぎまして、すっかりアメリカのごはん
にも慣れて来たアラジン卿でありますが、なんだか最近新規
開拓をしてなかったので今回は、ダウンタウンにある前から
気になってたウクライナ料理の店に初挑戦したのをお読み下
さい。

この日はお昼でしたが、客はアラジンのほか一組だけ。それは
常連のレズらしきカップル。でかい箱なのに彼女達の立石に水
の話し声以外はし〜んと静まり返っていてなんだかひるみまし
た。ぶんぶん。ここであきらめちゃ「食いしん坊」の名がすた
る。アラジン厨房まですたすた歩いて入って行き言いました。
「あの。ランチ〜。一人ですけど。大丈夫ですか?」
くるっと皿洗いしてるおばちゃんが首だけでこっちを振り返り、
一瞬眼光鋭くアラジンをにらみ返して「こくり」とうなずきま
した。あ〜なんとか入れた。


e0002541_5104143.jpge0002541_5111551.jpg








夏の日差しが心地よい街路樹  おお ウクライナレストラン!
e0002541_5114915.jpge0002541_5122158.jpg








ごっめんくださ〜〜〜〜〜っ  あ、じゃ座りますね はい
e0002541_5125863.jpge0002541_5135153.jpg








ほんのり甘いパン 極ウマ!  ウクライナビア プリーズす
e0002541_5144856.jpge0002541_5152299.jpg








赤キャベツノーマルキャベツ  BIGOSっていうシチューです
e0002541_5163452.jpge0002541_5165911.jpg








ほほお 寒い国の食べ物です  一瞬どこかへタイムスリップ

会計のときに間違ってマスターカードとメトロカードを出した
アラジンに「メトロじゃうちは食べられないのよ」ってにこっ
ってはじめて笑ったおばちゃん。アラジンがあまりにおいしく
頂いたので「よかったでしょ?よく食べたわねぜんぶ」ってい
いながら皿をかたづけはじめます。ある意味作った人と食べた
人の直接のコール&レスポンス。BIGOSにはマトンのソーセー
ジとキャベツが煮込んであり、付け合わせはおじゃがさん。
素朴です。二人以上で行ってシェアしながらがおすすめです。


アラジンのおまけ:
e0002541_540163.jpg








けっこう食べられちゃうもんですな


ちなみにウクライナセンターの中のここです↓
http://e-food.jp/highlights/ethnictown/ukraine.html
# by sokosoko6293 | 2008-07-21 05:46 | 2008年新規開拓

マンハッタンのイタリアン情報

はっきり言ってイタリアンに関して言えば
東京のほうが10段階以上?もっともっともっとレベルが高いです。
さらに誤解を恐れずに言うと、日本人の舌の感覚は一般アメリカ人
の数倍上を行っていると思います。だからここでは古式然とした店が
いまだに時が止まったように重宝がられ、それ以外を知らない舌がここ
ではおいしいおいしいとそれをありがたく頂いているのだと思います。

しかしやはり侮れないのがやはり1800年代に開店して今も続いている
リストランテなんかは、4代も続いて店の顧客であるとか、からす貝
のトマト煮に関しては右に出るものがいないくらいうまいとか、押し並べて
じゃない特筆が必ずあるのがすごいです、日本だと平均的にどこ行っても
「イタリアに数年留学してシェフ修行してたイケメンシェフが作る日本の
素材を大事にしたイタリアン」っていうコンテキストっつうのがあるじゃ
ないですか。これ押さえとけばとりあえず大丈夫みたいな。そういう平均値じゃ
ないんですよ。もうバラバラ。
マンハッタンでは「一風堂」を始め、日本大ブームなので、、、
韓国人のオーナーのアレンジした和風パスタの店とか、シェフがみな日本人という
ワインとイタリアンのおいしい店とか、あのBASTAPASTA(昔原宿にあった)の
NY店とか、日本の舌を意識した伊もあることにはあるのですが、やはり「主流」は、
大味のイタリアンアメリカンや、イタリア人が集うこういった店でしょう。

アラジンがお気に入りのこの店も創業120年近い老舗で、ここに通うと
プチイタリアン村に入ったような感覚に陥ります。店中みんなイタリア系アメリカ人。
いつもリザーブしてある奥の○テーブルには、必ず毎日やってくるチコーネ
おばあちゃんがいる。ひとりで食事をしながらグラッパを飲みながらカンツオーネを歌う。
アラジンがワインを空ける前にもう踊りながら鼻歌を歌って大サービスでついでくれる
サミュエルおじさんもいる!マンハッタンで食事をすると一回ひとりで40ドルくらいは軽く
するので、やはりこれは学生にとって尋常じゃない金額で痛いのですが、この雰囲気は
アラジンが忘れかけいた大事な人とのふれあいを喚起させてくれるものがあります。
それにしてもみんなほんとよく食います。年取っても食欲はいっこうに衰えないんです
ね。アラジンは毎回半分ぐらいテイクアウトっちゅうスタイルをとらざるをえないかんじです(涙)

e0002541_8593236.jpge0002541_901422.jpge0002541_9034100.jpg








チコーネおばあちゃん楽しそう  トイレの絵も100年前のもの アラジンの好きなパスタ
e0002541_911168.jpge0002541_915833.jpge0002541_925443.jpg








窓から空を見るとほら飛行機!  コーヒー飲みながらほっと一息 そろそろ暮れてきました


アラジンの追記:

今日のパスタはモツアレラとトマトのフィデリーニです。味は少しぼけてて、チーズの
切り方がパスタの細さと合ってない。でもこれに慣れるとこの無骨さが恋しくなるの
です。人間って不思議な生き物です。
# by sokosoko6293 | 2008-05-08 09:36 | 後悔しないイタリアン

魔法のじゅうたんに乗って

最近アラジン卿が好きなのは「路上の店」カバブなどをチキンかマトンかミックスか
選んでサラダとライスをチョイスして目の前で作ってもらうのです。これは観てる間
にもテンションあがります。
「ソースは何がいい?バーベキュー?チリソース?それともホワイトマイルド?」
おもわず「ぜんぶ」と言うとマジでそうなって味がぐちゃぐちゃになってでてくるの
でくれぐれも発言には責任を持って!

店の前をそそくさ通り過ぎようとすると、店のおやじ(中近東系)がにたにた笑いな
がらへらでぱたぱたいい匂いを路上に送りこむのですY
「ほら、ほら、ほら、カバブが食べたくなる。カバブ、カバブ、カバブカバブカバブ」
気がつくと「ミックスで!あとダイエットコークもね」と言いながら鉄板の前にうきう
きしながら並んでる自分がいます。まるで「魔法のじゅうたん」に乗った気分です。

また機会を作って述べますが、みなさんもご存知のように、アメリカのごはんの量っ
ってばちょっと半端じゃないです。多すぎる。20歳くらいの子がお腹ぷっくり出て
るってのはこれは食生活から来るものだとアラジンはふんでます。
だから、、何が言いたいかと言いますと、この路上でのカバブランチボックスは楽しい
しおいしいし、ほんでもって量もいい、っちゅうことでやんす。でこれを食べると体調
も不思議と整ったりするから、やはりバランスがいいんでしょうね。
「トマトはどうする?オニオンは?グリーンペッパーは入れていい??」
お決まりのように聞いてくる質問に
「う〜ん。今日はどうしよっかなあ。じゃあぜんぶ」
こっちも会話を楽しみながら、マイランチボックスが完成していきます。これには
コークが合う!お腹空いてる時はアラジンはスープを追加するよ。
e0002541_21505495.jpge0002541_21514672.jpge0002541_2152376.jpg








おっなんか匂ってきましたYッ こんなんでましたけどお〜〜〜 見た目はそんなでもないですが
e0002541_21522215.jpge0002541_21525827.jpge0002541_2153155.jpg








キャロットなんて特大でほらっ NYにいらしたらぜひ路上の店で ランチボックスを一度はね!!
# by sokosoko6293 | 2008-05-03 22:35 | ランチボックス

SUSHI YASUDA

NYきっての有名日本食の店にいらした寿司職人安田氏の満を持しての
フラッグ店です。日本人には比較的行きやすいロケーションにあります。
近くには日本人御用達の語学学校や不動産屋があったり、有名なインド料理
の店もあり、決して偶然見つけられる場所ではないのですが「NYでまだあまり
知られてない高価なねたでうまい寿司が食べられる」というお題だとアラジン
はココを山岡します。もとい、レコメンしますです^^;;;すまそ
しかし値段はひとりさくさく食べても100ドルは軽く超えますんで、特別な
記念日用に利用するか、会社の接待とかのときのほうがよいかと思われます。
この日は「安田さんにおまかせ!」コースだったのですが、そりゃあもう
両手を合わせて祈りたくなるような味そしてそれに見合う値段でした。

e0002541_12203786.jpge0002541_1222441.jpge0002541_1223829.jpg








前菜には菜の花やこごみの天ぷら そのあとにはなめこの赤出し もうおやじ酔わせてどうするの


アラジンのとっておき情報:
「おかげさまで予約でいっぱいでございまして」勢いのある店がいちばん憧れる
このひとことが、さらっと言えちゃう「安田」ですが、その日の夕方にだめ元で
電話してみるのも手かと思われます。アラジンはこの手で7時〜9時の2時間とか
寿司を満喫するには充分な時間ではないのですが、どうしてもうまい寿司を食べたい
モードのときには限定で安田ってます(笑)

もちろん一人では行きません。アメリカ人の娘(アラジンがゴッドファーザーをして
る)の中間試験のお祝いとかで、行きます。彼女もジュビナイルながら寿司のおいし
さをアラジンとシェアできる末おそろしいビッチです(笑)
「ダデイ、どれもおいしいけど、ひとつだけって言われるとやっぱげそかな」だって。

クリエイテイブ系の黒人、あとほとんどは白人が客筋のメインです。そういった意味で
もNYにありがちな「和食レストラン」とは完全にスタンスが違う店です。白木の床や
テーブルがとてもここちいい、コンテンポラリーでオーガニックな流行を押さえつつ
も、寿司に頓着してそこからぶれないアルテイザン姿勢は安田氏の凄みを一段と増幅させます。
今度行けるのはいつだろな?指折り数えて日々を無心で頑張るアラジン卿です。


SUSHI YASUDA

204 EAST 43ED STREET NY NY 10017

(212)-972-1001

OTHERWISE U CAN COME BY SUSHIYASUDA,COM
# by sokosoko6293 | 2008-04-26 12:47 | sushi てんぷら うなぎ

元祖タマランチ会長もびっくり「韓国料理 う〜ちょんレストラン」10w 36th street

NYといえばまず35th streetあたり、broadwayと6th streetのあいだに
軒並み続く韓国料理のお店。どこへ入ってもはずれなし!と言いたいとこ
ろですが、やっぱり一軒レコメンドするならば「WOO CHON」だと思いま
す。
前住んでたときに韓国人のタクシーの運転手さんから聞き出したお店で1981
創業以来変わらぬ人気をほこっている韓国料理のお店です。

ここのおすすめというかアラジンは90年代初頭からこればっか頼んでいるので
すがその名も「カルビ」27ドルくらいだったと思います。数えきれないほどの
キムチの小鉢とレタスそれにごはんが出てきます。肉を食うなら野菜をね!そん
なヘルシーな韓国料理が大好きなアラジン大王です。

e0002541_7125252.jpge0002541_7135660.jpge0002541_7145455.jpg








上品でやさしいママさんがいて 野菜が足りないとすぐ補充完了! もう至れり尽くせりのお店です


e0002541_7152139.jpge0002541_7154015.jpge0002541_7155892.jpg








それが変わらぬ人気の秘密です メインの韓国街からは少し  はずれたところにありますです

アラジンの知っておくと役に立つWOO CHON情報:
ママさんの教育が行き届いているので、次々に勤勉な店員さんがお肉を焼きに来て
くれるので、そのスピードがあまりに早すぎる時は「I wann take time」と笑顔で
はっきりいいましょう。「If I need u to help me ,I m gonna give u a Q、OK?」
じゃないと早食い大会のスピードになります。決して悪気があるわけじゃなくホスピ
タリテイが徹底してるのです。だから「あの〜」って申し訳なくごろにゃんお願いして
キムチのおかわりとかしてももちろん「sure」ってニコニコ持って来てくれます。

「アラジンはWOO CHONをみなさんに紹介できてとってもしあわせです!」

ヒラリーの熱弁の画面のボリュームをオフにしてこうアフレコしたくなる今日この頃
、みなさん、くれぐれも焼き肉焼いても家焼かないで、ね!


WOOCHON RESTAURANT

10W 36TH STREET NY NY 10018

(212)695-0676
(212)695-1342
# by sokosoko6293 | 2008-04-25 07:31 | 焼肉焼いても家焼くな