一杯のコーヒーのしあわせ

アラジン女将、今日も4月のNYCを欽ちゃん走り、基い
女将走りで駆け抜けてまっせ(笑)

今日あてが紹介したいのが、女将が毎朝通りかかる屋台のコーヒー
やさんの話どす。アラブ系のおっchangやけど、毎朝寒い日も
暑い日も風の日も雨の日もドーナツとクロワッサンとコーヒーを
忙しい早起きさんたちに提供してくれてるはるんだす。
午前中だけいつも同じ交差点の横に車で牽引してきた店を出して
「おはよう。今日は散髪したんだ?」
「今日もドーナツとアップルシナモンだね?」
「ずいぶん夏っぽくなってきたねえ」
とかお客さんとそれぞれ会話しながら、てきぱき仕事を
こなしはるんどす。

時々、女将走りで信号の反対側からやってくるあてのことを
見透かして、はあはあ息せき切って到着した女将に
「はいどうぞ!いつものコーヒー」
てさしだしてくれたりしまっしゃろ?もう疲れふっとびまっせ。
女将は1ドルのシアワセって呼んでるんやけど、
毎朝、かならずこのおっchangのコーヒーを飲むと
「1日またきばろっ」って気に自然となれるんやわあ。

一度、こんなことがありましてん。
ちょっと上から目線の一見さんが
「ちょっと濃いめのコーヒーにしてよ。薄いのだめだ
からね」
てね。もちろんおっchang言い返し
ましたがな。
「俺の入れるコーヒーは客からモンク言われたこと
一回もないんだぜ。飲んでからそういうことは言いな」
って。なんか胸がすかっとする想いやったわ〜。
自分の入れる一杯のコーヒーに自信を持ってるって素敵
や思いません? スタバもええしデリのもええけど、
女将はこのおっchangの入れるコーヒーがすっきやねん。

NYはみんなきばって生きてるからこんなささやかな瞬間の
ささやかな会話でほっこりなれてまたもうちょっと
きばれるっちゅうの、あると思います(笑)

去年のクリスマスのタクシーテレビのCMでロッテリー(宝くじ
みたいなもの)の宣伝でこういうのありましてん。ええ話やねん。
ちょっと最後に書いてもよろしおす?


寒いクリスマスの近いある日の夜、ひとりの女の人が車から
降りてきて白い息でてのひらはあはあさせながら屋台のおchang
の店で「ロッテリーを5枚とクリスマスカードと封筒」を
買いまんねん。ほんですぐに車に戻ってそのロッテリーを
封筒に入れてカードにメッセージを書いて、すぐにまた車を
出てさっきのおchangのとこに行ってそれをすっと差し出して
「メリークリスマス!」
そしたらそのおchangにかってええ笑顔で
「メリークリスマス!」
って言い返しますねん。ええ話や思いません??
タクシーのテレビって繰り返しが多いから
「ええい。しゃらくさい」って思うことも多いねんけど、
このコマーシャルだけは何回見てもあきひんかったし
心がほっこりあったまったわ〜

話、なごなってすまそん。NYもすっかり初夏っぽくなってきましてんけど
毎朝、女将訓練学校への道すがら、今日もあのおっchangの
コーヒーをひとときの楽しみに、女将ばってんきばっとりまっせ!

PS  そういえば豚インフルエンザ、結構こっちはパニックどす。
   注意書きとか学校から送られて来て、マスクしてはる人も
   ちらほら見かけまっせ。


e0002541_11522693.jpg



















このまえの土曜日に撮った写真でっせ
「咲いた 咲いた  チューリップのは〜なぐあ〜」
(アグネスチャンの「ひなげしの花」のかんじで
は〜なぐあ〜の部分を歌ってみてけろ)
by sokosoko6293 | 2009-04-28 12:04 | 一生お付き合い願いたい店


<< ゴールデンウイークスペシャル「... おめん(SOHO) >>