イタリアン「クッッチーナ カッパス」  表参道

夜遅い時間の食事でした。表参道の交差点から歩いて1分というロケーション。
お店の窓からは、東京の「素晴らしい夜景」が存分に楽しめます。
e0002541_11452829.jpge0002541_11454157.jpge0002541_11455529.jpg








①三島の無農薬野菜         ②ポルチーニスパゲティ       ③もち豚ロースト

①小さくカットされた野菜のひとつひとつがとても「新鮮」でうれしくなる。「何も足さない」
「何も引かない」野菜の圧倒的な「甘み」が口いっぱいに広がる。これだと自ら「よく噛み噛み」して
食べたくなるから不思議。ほんのり後味に「六角」の香りがする。
②とうとう季節。ダイス状にポルチーニをカットしてくれているので「肉厚感」がすごい!噛んだときの
「香りと歯ざわり」が充分楽しめる。スパゲッティとの絡みもぐー!おもわず拝みたくなる味!
③おもちのような「ぎゅっ」という噛み応え。粒マスタードのソースでオーソドックスに頂く。
付け合せの「蕪やニンニク」もほっぺた落ちそうな美味しさでやばかった。幸せ~じゃ!

e0002541_1281456.jpge0002541_129358.jpg←←←←←
ワインは
まず...
左の赤をグラスで頂き
「とろんっとした果実実」に
ガツーーーンやられ
←←←←←

右の赤(同じワイナリーで作るオルタナ系)を一本ドーーーーーーンと頼む流れに。
隣の席にいたご近所さんと一緒にシェアしながら大切に飲みました。トスカーナ州のもので、
左が「キャンティクラシコL’aura」サンジョベーゼ100%、右が「Podalirio」サンジョベーゼ
90%メルロー10%。ワインのことはよくわからないが100%もののプライドからか左のほう
が「格が上」なのに値段は「右が高い」。うーーーむ。「格」ってなんざましょ?このふたつを飲み比べると
ワインの不思議に自分がどんどんはまっていきそうな予感がした。それも、ま、流れでいっか?
~よーーく考えようー お金が大事だよー~アラジン(AFLACのパクリ)

by sokosoko6293 | 2005-09-23 11:44 | 後悔しないイタリアン


<< とんかつ「和幸」   六本木ヒルズ店 そば「くろさわ」  旧テレ朝通り >>