和食「魚可津」  麻布十番

「たき下さえ知らなければー、まつもととさえであってなければー」
アラジンはこの店をこよなく愛せたと思うのだけれど、、、、、、、
ああ、神様ーーーーーー!!!!!!!和食の道を突き進むアラジンに
慈悲をーーー!!!

「魚可津」はほんとに普通においしいし、
親切だし、便利な場所だし、ごはん食べ放題だし、お茶も飲みたいときに
セルフだし。でもでも、もう「たき下」や「まつもと」を知ってしまった体と心は
そんじょそこらの和食では我慢できない体とと心にアラジンをしてしまったー!
てか、単純に「さんまの塩焼き」頼んだんですが、 「たき下」のほうが脂や身の
ノリノリ感が10倍くらいありました。漬物も味噌汁もどこかサプライズが足りないんです。
一品一品の「小さな驚きと喜び」それがぜんぶを食べ終わったときに「ほ~」と
ため息に変わるじゃないっすかー。「福茶」を「ごち」したときのあの幸せ感、
「まつもと」での「ふ~」、「たき下」での「にっこにこ」それがこの店では少ないのです。
ちなみに「さんま」には「だいこんおろし」はついてませんでした。「おろし」はマストだろう??
これが「ぶー」だったのかな?ほしい人は200円です〔涙)
「たき下」なんて山盛り、「まつもと」もちゃんと秋刀魚の横にくっついて出てくるよ。

前行ったとき(随分前)よりも店員さんの愛想はよくなってた。麻布十番も「和食」決戦の
火蓋が切られたってかんじ?でも「秋刀魚におろし」はつけなきゃダメ!←ひつこい

e0002541_9104823.jpge0002541_994333.jpge0002541_910090.jpg







選択肢はいっぱいだよ↑    ごはんもどっちゃりお食べ↑      お茶もセルフでどうじゃ↑
e0002541_911359.jpge0002541_9115475.jpge0002541_9121043.jpg







でもーなあーー↑             美味いんじゃよ↑          でもなんつーか↑
e0002541_9162962.jpge0002541_916538.jpg
e0002541_917258.jpg







なにかが↑                 足りないような↑   トータルワークアウトしすぎなような↑



注意:ま、「高雄飯店」をあれだけ身びいきするアラジンなのでコメントはあてになりません。あしからず。
by sokosoko6293 | 2005-10-15 09:05 | 和食っていいね


<< 弁当「ナチュラルローソン」  ... エスニック「agary」   広尾 >>