和食「久徳」   ヒルズ

秋がいちだんと深まった感じのする東京ですねー。
ひさしぶりに(とはいっても2泊しただけだけど)東京を離れると
むちゃくちゃ都心は寒くなったように感じます。そろそろアウター必需な季節かな?
アラジン東京復帰第一弾はあれこれ迷った挙句の果てに
胃にやさしい「久徳」にしました。しとしと雨の降るヒルズ、風情ー!

「しじみの稲庭、できますよー!!!」と目をきらきらさせてお店のかたが。
「やったーーーー!」待った甲斐あった。アラジンよだれが出てたのバレてたよ。
夏の間お休みしてた「大きな天然しじみ」がついに入ったというのです!勿論
「しじみの稲庭うどん」をメインに頂くことにまず決めて、あとはまず「ビール」を、
「なまこ酢」「トマトサラダ」「野菜の筑前煮」「蛍烏賊沖漬」と順番に
決定します!ひさしぶりの「久徳」なんだか「わが家に帰ってきたような安堵感」で
味わわせてもらいました。「なまこ」や「トマト」の素材の新鮮なこと。野菜のの煮かた
も少し硬めで歯応えがあって出汁が利いています。「うどん」は刻み生姜や白胡麻や
ねぎが入って、しじみの出汁も良く出てて美味しい。麺はつるつる細くもなく太くもない
この麺、スープの滋味を一層際立てています。おわんごとお汁を頂こうともちあげたところ
ゆずのいい香りが立ち上がってきた。繊細なうどんだなあ。キメ細やかで香りたってて。
e0002541_14211784.jpge0002541_14213013.jpge0002541_14201348.jpg








まずは生ビを「ぐびっ」↑     次に なまこを「こりっ」↑    トマトはこの時期なのに甘い↑e0002541_14222617.jpge0002541_14223712.jpge0002541_14241419.jpg








も、もみじの形してまっせ↑     薬味がキターーーー↑    真打「しじみうどん」登場↑

まとめ:胃に優しくて力持ち! これから寒くなるに連れて「しじみうどん」を食べる回数は
     増えそうです。ちょっとメランコリックになると「しじみ」せつない映画のあと「しじみ」
    「しじみ」はお口の恋人です。

by sokosoko6293 | 2005-10-27 14:19 | 和食っていいね


<< イタリアン「ラボエム」  日赤通り うなぎ「いば昇」  名古屋市中... >>