イタリアン「ヤン クック」 西麻布

西麻布のken Corporationの左隣の細い道を入ると突き当たりに10月の頭に
出来たばかりのこのお店があります。夜中の2時までやってます。バーもあります。
ワゴンで前菜が選べます。西麻布のキャンティのホールをやっていた方やシェフが
こちらに移られて、限りなくキャンテイスタイルで新しい店を始められてました。
昔、飯倉のキャンテイから独立した人たちが「アピア」を作ったような流れと似ていま
すね。店の中に入るとモダンな新しいビルなのですがどこからどこまでもがもうキャンテイ
そのものです。今のキャンテイがちょっと落ち着いた雰囲気になってきたのとは別に、
こうやって「よきキャンテイの時代」のにおいを嗅いだ人たちが新しい店を作って
革命するというのは、非常に興味深いなあと思いました。
正直、まだお店の空気はいきいきと回っているかんじはしませんでしたが、もしかしたら
ここはロケーションがいいので、ヒルズに飽きた人たちがこちらに流れてきて繁盛する
可能性は大です。味は安定しています。いい意味でも悪い意味でも「キャンテイ」です。
「アピア」はそこにひと味もふた味も加えたり引いたりして独自の路線を作って大成功
しました。こっちもこれからどんなふうに変化していくのか楽しみです。お金の続く限り
来たいと思いますが、予算のほうも2人で20000円を軽く越えて(メインは食べてなくて
、ワインもグラスで頂いてこの値段)いわゆるキャンテイ値段ではあります。
ここらへんがネックになるでしょう。あと六本木通り沿いに「雑誌にでました」みたいな広告を
出している下世話さと、実際店に行って感じる上品さとかがまだちぐはぐで、アラジンは
個人的にはこういういい店は「口コミ」で広めたほうが長続きするのに!とちょっと
残念ではあります。ほんとに味や雰囲気はきちんとしているわけですから。

e0002541_23583729.jpge0002541_002697.jpge0002541_003658.jpg







打ちっぱなしに暖かい家具    カンパリソーダ    れんこんアンチョビと緑マンゴとプロシュート
e0002541_035596.jpge0002541_053812.jpge0002541_042316.jpg







なすと白身魚のトマト味         ミネストローネ            ボルドーをグラスで
e0002541_08105.jpge0002541_082093.jpge0002541_083184.jpg







緑野菜のスパゲッティ       ピンクグレープフルーツのゼリー    いちごのショートケーキ

まとめ:連れと「おいしいけどちょっとやっぱ高いね」「アピアと一緒くらいかね」
    「いやキャンテイくらい高いんじゃない」などと話して帰るうちに
    今日の値段が果たしてプロパーかどうか自分で判断できなくなってしまい
    ました。なんだかんだ言って青山麻布六本木、金がかかるエリアですね。。
    「ほんとにうまいものを安くて気持ちいサービスで」そんな場所にめぐり会う為
    アラジンはまだまだ先へすすみます。

by sokosoko6293 | 2005-11-02 23:55 | 後悔しないイタリアン


<< スイーツ「ヨハンのチーズケーキ... イタリアン「パルテノペ」  広尾 >>