和食「つくしんぼ」  広尾郵便局前

暖簾をくぐったときの声でわかります。「らっしゃいませ!」
なんともいえず気持ちのいいきびきびしたオーラを感じるのです。
広尾の「つくし」がどういう経緯でここに来たのかは知りませんが、
カウンターのあちこちに置かれた「自由にご飯とともに頂ける佃煮や昆布」
はそれだけでアラジンの日本人心に訴えかけてきます。
は~、焼き魚の焼ける音と匂いを感じながらカウンターでわくわく自分が頼んだ
定食を待つ幸せ。今日はそんなこといいつつも「豚キムチ定食」に「冷奴」そして
「じゃこの山椒風味」「生卵」を頼みました。黄金の組み合わせだったと思います。
ご飯をお代わりしてしまいました。てりてり!


e0002541_2324360.jpge0002541_23241627.jpge0002541_23242718.jpg







   佃煮の器                まずは一服      マカロニサラダが先陣を切って
e0002541_23263565.jpge0002541_23264663.jpge0002541_2327444.jpg







 ご飯にじゃこ山椒           生卵は二杯目のご飯に     冷奴は生姜と白ねぎで
e0002541_23285247.jpge0002541_2329221.jpge0002541_23291783.jpg







プレーンな味噌汁       ずいぶん引っ張りました「豚キムチ」    「つくしんぼ」でござい

感想: どうして今までここを見過ごしていたんでしょう?広尾駅の近くにありながら意外に
     ひっそりとした慎ましいロケーションなんですね。べたべたしないけれど、ちゃんと
    お客さんの側をしっかり見ている、店の人たちの心意気が伝わってきます。

by sokosoko6293 | 2005-11-22 23:22 | 和食っていいね


<< イタリアン「ピアット スズキ」... 鉄板焼き「森本」  星条旗通り >>