和食「さ和鳥」 十番2-1-10  ℡3457-9968

「さ和鳥」は水炊きのお店です。夜は水炊き、昼のランチは親子丼だけというお店です。
毎日博多から空輸されてくる鶏肉はふんわりおいしくて納得の味です。
アラジンは11時半にお店に着きました。外の敷居を跨ぎ、細い路地を入っていくと
更にお店の引き戸があり、そこを開けました。がらがらがら。
「まだ。暖簾がでてなかったでしょう。あと30分は準備にかかるから」
と厨房のおやじさんにやんわりあしらわれました。しょんぼり。
しばらく散歩した後にまた舞い戻ると、ちょうどおやじさんが暖簾をかけている途中
だったのですかさずそのあとを追って店に入りました。
「まだごはんが蒸れてないんだよ。あと15分はかかるね」
じゃあ、その頃来ます、と言って店の外に出て時間を潰していくと、なんと常連さんと
思しき人たちがどんどん入っていくではあーりませんか??あ、あの、まだごはんが
蒸れてないからダメなんですよ、しかし店から追い返される気配はまるでなし。
アラジンもこうしてはいられない。ということで中に三度入ります。今度は
「ひとり?上がって」
と階上をちらっと見るおやじさん。靴箱に靴を入れてアラジンは急な階段を上がります。
するとどうでしょう。さっきのひとたちはにこやかにおしゃべりしながらそれぞれの席で
親子丼を待っているではありませんか?アラジンはひとりなので空いている席が3階しか
なかったので更に上へ上がります。テンションもぐんぐん上がります。さあ、初「さ和鳥」
アラジンの挑戦が始まります。


e0002541_1539559.jpge0002541_15391438.jpge0002541_15392999.jpg







こんな地味な看板に        手書きのこんなメニュー        中はこんなかんじ
e0002541_1541714.jpge0002541_15411852.jpge0002541_15413718.jpg







レトロ風ではなくて         ホンモノのレトロなのです       まずは一服落ち着いて
e0002541_15433341.jpge0002541_15434397.jpge0002541_15435757.jpg







これはなんだろう          鶏ガラスープですね         さあ、いよいよですね
e0002541_15452957.jpge0002541_15454184.jpge0002541_15455084.jpg







来たーーーー親子丼850円    わあー、いい香り☆        香のものも繊細な切り方
e0002541_15472038.jpge0002541_15473335.jpge0002541_15474580.jpg







   はごはごはご            はごはごはご             はごはごはご
e0002541_1548517.jpge0002541_1549211.jpge0002541_15492066.jpg







完食です★★★★★          待った甲斐がありました      ごちそーさまでちた

感想:この怒涛のアップを見ていただければわかると思います。素晴らしいです。
    ふわふわ、出汁も利いてて、ほんのり甘く、薄味で、山椒が良く合う。
    アラジンの「ありがとうございました」に「どうもありがとう」と顔も見ずにぶっきらぼうに
    におっしゃったおやじさん。アラジン次回は夜に来ますから。

by sokosoko6293 | 2005-11-28 15:35 | 和食っていいね


<< 和食「あん梅」十番3-3-7 ... おやつ「マカロン」スタバ >>