洋食「こづち」 恵比寿

「アラジンのごはん道」の習性その1としましては、、、、
前の晩にはじけた場所に、翌日にはまたランチを
とりに必ずと言っていいほど舞い戻るということです。昨日の恵比寿がそうです。
今日も行きました。やっと酒も抜けました。本日は「めし処」の様相でもありますが、メニュー的
には「洋食」の「こづち」です。「あじフライ定食」「目玉焼き」「ほうれんそうのお浸し」を
頂きました。ここすごいです。これだけ頼んで「1030円」です。この食いしん坊のアラジンが
全部食べられずに残してしまいました。面目ない><男ひとり率が高い店ですが、どのかた
も「はい1030円です」「はーい1080円ね」みたいな具合。ぺろっとたいらげてでていっちゃい
ます。常連さんも多いみたいです。カウンターだけの狭い店ですが、厨房が舞台のように
広くて、そこには料理人のおじちゃんやおばちゃんたちがわんさか(7人くらい)いました。
とにかく安くてびっくりしました。アラジンンの大好物の「千切りキャベツ」もたっぷり。
かえすがえす、残してしまったのが心残りです。駅からも近いのでお奨めです!


e0002541_15214574.jpge0002541_15215674.jpge0002541_15221097.jpg







目のいいかたは黒板を        じっくり見てくださいね          CPよさげでしょ?
e0002541_15232142.jpge0002541_15233553.jpge0002541_15234455.jpg







熱いお茶を飲んだあとに       あつあつのアジフライと    あつあつの目玉焼き
e0002541_1525885.jpge0002541_15252196.jpge0002541_15253062.jpg







お浸しもたっぷりの量     味噌汁も薄味ながらもたっぷり    外では初雪が降りました

感想: 西麻布に「あいざわ」という古くからやっている飯処がありますが、味的には
    近い感じです。でもここのメニューはすべて洋食。「牡蠣フライ」も次回トライした
    いなと思いました。満腹のお腹抱えながらそんなことを考えてしまいました^^;

by sokosoko6293 | 2005-12-13 15:06 | 洋食


<< 沖縄料理「ランビキヤ」旧テレビ... バール「名前が思い出せません」恵比寿 >>