和食「まつもと」芋洗坂

いつも座る席からだとよく厨房の中が見えなかったのですが、今日はじめて
「おふくろおやじたち」の仕事配分がよくわかりました。ふたりの「おふくろの味」を
醸し出す「おやじたち」による「まつもと」の味。
やはり厨房の中にはふたりの間の微妙な緊張感、役割分担があることを知り、
またさらにこの店のファンになった次第であります。
としうえのおやじのほうは黙々と魚を焼いています。年下のほうは洗い場近辺を
牛耳っています。ほとんど会話を交わさないふたりですが絶妙なコンビネーション
です。カウンターのアラジンの目の高さのところがちょうどお客さんから見えない
死角になっていて「おやじたち」のプライベートなものが積まれています。
その中に明らかに何時間か前にふたりがかっこんだらしき「赤いきつね」と「緑のたぬき」
の残骸を発見して、またさらにさらにこの店のファンになったゆくアラジンでした。


e0002541_1211585.jpge0002541_12111787.jpge0002541_12113039.jpg







まつもとに来たなら伝えてよ      マカロニサラダだと    わりと元気なら大根煮だって
e0002541_12142043.jpge0002541_12143727.jpge0002541_12144788.jpg







鯖西京焼きだって食べられる    そこんところあいつが来たら      うまく伝えて(笑)

まとめ: 道歩いている知らない誰かに「ここ落ち着くよ」って余計な伝言したくなるお店、そ
      れが「まつもと」です。「おふくろおやじ」の店です。
      てくてくヒルズの方向に歩くと、おやじ雑誌「レオン」
      の看板がで~~んとボードになってました。その宣伝文句はなんと
      「ちょい、おふくろおやじになるための50のヒント」(嘘)←コラーーーーーーッツ

by sokosoko6293 | 2005-12-27 12:09 | 和食っていいね


<< 和食「もち玉」麻布十番 和食「久徳」ヒルズ >>