和食「薔薇屋」麻布十番   ℡ 3401-8071

「あら、まあ、なんか~、ずいぶんひさしぶりじゃないの」
ランチ終了の2分前に飛び込んだアラジンに女将さんが声をかけてくれます。
「薔薇屋」は「てんぷら」「すき焼き」「刺身」を中心とした和食全般を提供する店、
十番住民に愛され続けている店です。おやじさんと息子さんが牛耳る
2世代厨房。そこでふたりは黙々とそれぞれの手を止めずにおいしい和食を作って
います。この日(きのうです)、アラジンは
「てんぷら、刺身定食」と「野菜の煮物」「生かき2個」を頼みました。アラジンの定番。
テレビを観ながら今日のランチ最後の客のてんぷらが揚がる音がします。いい音。
このシズルなサウンド!目を瞑って聞いているだけでも心地よい。そしてこれが
至福の時です、この料理が運ばれてくるまでのわずかな時間が。
「すみません。ティッシュもらえますか?」
ガムを噛んだまま店に入ったことに気づいたのです。おかみさんは自分のポケット
からマイテッシュを出してその中から2枚アラジンにくれました。
その間も、厨房のポーカーフェイスのおやじさん、だんだんそのおやじさんに似てくる
息子さんは、静かに作業を進めます。そういえばこの店に来るお客さんは「ひとり飯」
のお客さんが多いです。顔見知り同士が挨拶します。あったかいお店です。


e0002541_1452452.jpge0002541_14525820.jpge0002541_14531278.jpg







 到着順番に紹介しましょう      まずは生牡蠣二個    大根の鶏のそぼろ煮インゲンつき
e0002541_1515885.jpge0002541_1521093.jpge0002541_1522022.jpg







 赤だしはワカメ豆腐たっぷり      ごはんも山盛り     天婦羅はかりかりがここの特徴
e0002541_154527.jpge0002541_1541974.jpge0002541_154354.jpg







 ミニ冷奴は一口サイズ       薄味の品のいいお漬物     切干大根と佃煮2ショット  
e0002541_1564892.jpg
あ、そうだ!
一番最初に到着してた「刺身盛り合わせ」をUPするの忘れて
いました。アラジンは紫蘇の葉っぱまで醤油につけて「むしゃ
むしゃ」食べます。これがご飯を美味しく完食させてもらうコツ。

追記: 意図してぎりぎりに行ったわけじゃないけど「貸切」で
     「殿様気分!」

by sokosoko6293 | 2006-01-11 14:53 | 和食っていいね


<< 上海・北京「富麗華」 港区東麻... 旅「タイ バンコク」④ >>