和食「松兵衛」六本木5-9-22   ℡3478-2108

おやじがつくるおふくろの味「まつもと」に向かって歩いていたアラジンでありますが、
芋洗坂の坂上、ちょうどSTB139のはす向かいあたりにこの「松兵衛」を発見しました。

細い窓越しに中を怪訝そうに覗くアラジン。ほぼ3分経過。一旦通り過ぎます。
でもまた戻って窓から覗きます。店の前のメニューには「朝4時までうどんを出す店」
とあります。「牡蠣フライ」があります。「じゃこおろし」もあります。

「こんばんわ」
と自動ドアを押して中に入ると、一組IT関係らしきおやっさんたちが仕事話の最中でした。
他にはアラジンひとり。さっそくカウンターに座ってオーダー開始です。

ひとりのおじちゃんが切り盛りする典型的飲み屋ですが
「手打うどん」を締めに食べられるところがポイントですね。
厨房とフロアを行ったり来たりしながら温かい「うどん」や「牡蠣フライ」を作るのは
かなり大変そう。店内にはジャズが流れています。そのリズムに乗せて
おじちゃんは特に焦るふうもなく作業をこなしているかんじ。
こんな雰囲気の中だったら「しんみり話したいふたり飯」なんかにもいいな。

最初に登場したのは氷に挟まれた「冷やしトマト」 
おいしい「お塩」をちゃんとつけてくださいました。そして「ちりめんじゃこ」たっぷりのじゃこ。

続いては「牡蠣フライ」これも専用の「ソース瓶」と「レモン」「タルタル」付き。
あつあつの牡蠣は小ぶりながら味が凝縮してておひしかった!
ほどなく「卵とじ饂飩」も到着しました。ちょっと予期せぬ「うどん」のアーリーチェックインに
心準備ができてなくて驚いたけれど、ぷ~ん、かつおのだしの効いたいい香りにシアワセ気分。

「つるとんたん」が出来たことによってビジネス的には大変だろうなんて、うがった見方を
ちょっと心の中でしたけれど、まてよ。これだけ食べて2000円っす。うまかったす。
「正統派」ですがそこがいい。これからちょくちょく通おうと流れる
「星に願いを」を聞きながら饂飩をすすり、心に決めました。

e0002541_11544977.jpge0002541_1155191.jpge0002541_11551317.jpg







この短い坂の間に色々ある    個性豊かな小さな店達を今年   いっぱい発見したいです
e0002541_11564913.jpge0002541_1157059.jpge0002541_11571024.jpg







芋洗坂というくらいだから   昔はひしめき合ってたんでしょう    風情がある通りで好きです

追記:  くどいようですがCPがいいと スキップを踏みたくなります。

by sokosoko6293 | 2006-01-12 03:37 | 和食っていいね


<< イタリアン「calm」西麻布3... カレー「「サンライン」港区高輪... >>