夢「アラジンのやってはいけない店」  

初夢の話をしましょう。今回は「アラジンのごはん日誌っ2」番外編です。

シーン①
会社の偉い人からビジネスランチをしようということでアラジンはいそいそと青山に
出かけていった。といっても自宅から近いのでてくてく歩いて現場に行った。
歩くうちになにやら嫌~な予感が。

シーン②
お店に行って「あ、ここは以前「やってはいけないこと」のカテゴリーに入れた店だ」
ということに気づく。遅いっちゅうに。もう引き返せない。上司のお酌を笑顔でやりながら
なんとか顔ばれしないように下を向く。

シーン③
「あんただろ!うちの店のこと悪く書いたのは。おかげで客足がさっぱりなくなっちゃった。
どうしてくれるんだよ。あんたが書いたおかげで店は閉店間じかなんだよ。ほら。
なんとか言えよ」
店主に責められているアラジン。横で上司たちはきょとん顔。「きみどういうことだね?」
いや、なんでもないっす。あの、・・・・
「なんでもないわけないだろ。店の前に『アラジンのやってはいけない店』なんてフラッグ
立てられちゃもうたまったもんじゃないんだつうの。おい!なんとか言ってみな!!」
あの、ち、違うんです。アラジンはただ、ただ、ありのままを書いただけで、
「ありのまま~?それで店の前にフラッグ立てて営業妨害していいと思ってんのか?」
そんなことしてませんよ。なにかの間違いですよ。違いますって。
違います、違う、違う、ち、ち、ち、ち(軽い針飛びのようなスクラッチ音に・・・)

その「ち、ち、ち、ち」という必死に否定したいのに声にならない
自分の声で目が覚めました。汗びっしょり。
ゆ、夢かー。妙に生生しかったぞ^^;
加えて・・・後味の悪い・・・
ブログでネガティブなことなんて書くからこんなことになったのかもしれないな・・・
枕もとの「爽健美茶」のペットボトルをぐいっと飲み干してアラジンは布団を被りました。

ちなみにその店は和食の店でした((^◎^))あ~リアルなおそろしか~夢だった~^^;;
笑ってゆるしてっ~アッコッー☆っいやいや、笑えない、笑えないっ、つーの;;;;;



e0002541_0295667.jpge0002541_0301111.jpge0002541_0321129.jpg







 「もう情けないよ~」      「やってはいけない店なんて」  「ば~んってかかれちゃってさ」
e0002541_0305763.jpge0002541_0311124.jpge0002541_0312115.jpg







 さゆり サビリミナル効果  「人の気にもなってみろってんだよ」 「おまえ!#きいてんのか!」

ぽつり一句:  プロならば けなされなんぼと思わねば 生き馬の目を抜く世にはばからんぞよ
                            by デビルアラジン

by sokosoko6293 | 2006-01-13 00:24 | 旅・夢・総括


<< 和食「つくしんぼ」広尾 イタリアン「calm」西麻布3... >>