和食「つくしんぼ」広尾

アラジン(以下ア)「生ホウレン草のサラダとカワハギのお造り、ください」
店員さん(以下店)「わかりました。」
ア「あ、あと、備長炭で焼くししゃももね」
店「わかりました」
ア「まだ行けるかな??どうでしょうね?」
店「・・・・どうでしょうね・・・・・・」
ア「じゃね、大根サラダともういっこ、出汁巻き卵、大丈夫かな?」
店「わかりました」
ア「で、最後に、葱と生姜の雑炊」
店「以上ですか?」
ア「は、はい」

頼みすぎかな?まあいい。今日は久しぶりの「つくしんぼ」温ったまるで!
「カワハギの肝」が売り切れなのはちーと寂しかったけど、じっくり時間をかけて
目の前のカウンターの料理人の作る料理の香りを嗅ぎながらの食事、楽しむぞ。

マイ七厘で自分の箸が育てるししゃも。焦がさずに丁度いいきつね色に腹が焼けたら
丁寧にひっくり返す。その時間もずっと火がぱちぱち音をたて、、あ、ひっくり返そう
思ったらししゃもに網がくっついて一緒に持ち上がってもうた☆~((・●・))~☆
ま、そんなハプニングもたのしゅうてよかですたい☆

雑炊は土鍋から一杯ずつ丁寧にすくうと、ふわ~生姜の香りがキャスパーのように
浮かび上がります。くんくんくん。ごちそうさま。おいおいおい、もう香り嗅ぐだけで完了
した気分になるくらい幸せです。ふーふーして蓮華で一口。じわ~~~~%$#&
土鍋に七厘、冬の神様、っすね。あーもうただただひれ伏してしまいそうだす。


e0002541_1135743.jpge0002541_1141128.jpge0002541_1142696.jpg







扇のようなカワハギのお造り     お品書きは迷います     鯛の塩からはサービスです
e0002541_1162015.jpge0002541_1163292.jpge0002541_1165436.jpg







新鮮さ命!しゃきしゃき法蓮草  ジアスターゼジアスターゼ      ししゃも700円也
e0002541_119312.jpge0002541_1192520.jpge0002541_1193746.jpg







備長炭が目の前にどん!     まずはペア演技からご覧頂き   ソロへと移ってまいります
e0002541_11121187.jpge0002541_11122927.jpge0002541_11124116.jpg







お口を少し休めまして     ここらで雑炊が厨房でかかりました  後半戦へ上り詰めます 
e0002541_11144827.jpge0002541_1115889.jpge0002541_1115543.jpg







ついに葱と生姜の雑炊到着!  ほらほらほらこんなつやつや    チチカカ湖←壊れてます

雑感: 自分で育てる「ししゃも」、これがことのほか楽しゅうございました。
    みんなどの子もいい子に育ったと思います。

by sokosoko6293 | 2006-01-13 10:33 | 和食っていいね


<< ハンガリー「ZSOLNAY(ジ... 夢「アラジンのやってはいけない... >>