イタリアン「リストランテ ムゼオ」西麻布3-20-3 ℡5410-6886

「西麻布ってヒルズ界隈にはない魅力がありますよね。志が高いっていうのかな。
金さえあればぱっと食いついてぱっと散ってもいい、ってのとはちょっと違う。
たとえ軌道に乗らなくても、じっくり肝を据えて商売をする気合を感じますね」
本日後輩との会食だったのだけれど、うーむ、後輩の奴なかなかいいことを言うな。
ヒルズが出来るまでとは違い明らかに人の流れはヒルズに流れて行っちゃってるけど、
西麻布に通う人は必ずいて、むしろ本当の西麻布のよさを知ってる人たちが集まって
いるように思いますね、アラジンは。

今夜会食をしたのは「ムゼオ」というイタリアンです。旧テレ朝通りを少し降りて
路地を入ったところにある隠れ家っぽい店です。今日昼間にハンガリーレストランを
探してて偶然見つけたのです。お店は若干照明が暗めで大人な雰囲気でした。
接待っぽいお客さんがちらほらいらしたのでちょっと味は心配だったのですが、
なんのなんの美味しかったです。
ふたりともコースの一番小さなものを選びましたので、まずは「前菜」には「鴨のスモーク、
寒ぶりのカルパッチョ、など」がアソートされます。どれも少量でそれぞれにアクセント
があって飽きないです。そして「トマト味のチキンのスパゲッティ」これは意外な組み合わせ
でしたが、チーズなどの入ったソースの濃厚さがチキンの淡白さによっていい具合に
歯止めがかかってバランスのとれた味でした。チキンが淡白ってちょっと変な表現かな?
ま、それくらいソースはこってりしっかりしてました。ラグーまではいかないけれど・・・。
そしてメインは「子牛のイチジクを混ぜた赤ワインソース」だったっけな?やわらかくて
この流れにぴったりで後輩ともども大満足でした。

これに合わせて2杯の赤を頂きました。マルケ州のアマローネ「MASI」そしてもう一杯は
これが今日の戦利品だったわけですが、モンタルチーノの「KURNI」
濃厚でフルボディで重心が下にあるかんじのぽってり感と、そうは言っても脇が引き締ま
った洗練されたかんじも持ち合わせていて、オーパスワンやオルネライア、サシカイア
なんかも凌駕するようなパンチを受けました。ボトルを開けてからの「管理の仕方」にすごく
こだわりを感じられてそれも「味の安定」につながっているように思いました。

「うまいっすねー。写真撮っちゃおう!」「アラジンも・・・」パシャパシャ!!
男ふたりでこれは異様なシーンだったっちゅうか、お店の人かなり迷惑だったと思います(笑)
すみませんでした。これから通いますから勘弁してやってくだしゃい(((^まいう^)))

e0002541_3293435.jpge0002541_3294770.jpge0002541_33001.jpg







フォカッチャはオリーブオイルで    サンペリグリノ1000ℓ       前菜の盛り合わせ
e0002541_3333918.jpge0002541_3335035.jpge0002541_334332.jpg







  チキントマトスパゲッティ      今日の戦利品KURNI       子牛の赤ワインソース 

まとめ: イタリアンと和食はどっか共通点があるね☆

by sokosoko6293 | 2006-01-14 03:14 | 後悔しないイタリアン


<< そば「本むら庵」六本木 ハンガリー「ZSOLNAY(ジ... >>