割烹「かどわき」麻布十番2-7-2-1F ℡5772-2553

1月の11日に麻布十番の割烹の名店「かどわき」が同じ十番エリアにお引っ越し。
新しい場所はできたてのモダンなコンクリート打ちっぱなしのビルの一階です。
「AZABU HAUS」や「宮下」なんかもあるエリア。商店街から一歩入った静かな
場所で、都心の喧騒が嘘のようです。がらがらがらがらがら。胡蝶蘭のいっぱいな玄関を
花を避けながら引き戸を開けると「たった今、ふたりだけ席が空きましたよ」という声。
こんなうれしいタイミングで美味しい御飯を頂けるなんて。個室でまったり寛ぎながら
「かどわき」の極上の料理をよばれました。「ホタテの貝柱と胡麻豆腐の柚子和え」
「そらまめ」「あんきも」「あかむつ(のどぐろ)」「ふぐの刺身 肝と塩のポン酢につけて」
「ふぐの白子の柚子味噌焼き」「さわらのなべ」「ふぐの雑炊 黒トリュフをのせて」など。
この日アラジン「ひれ酒」を2杯飲みました。ひれにライターで「ぼっ!」と火をつけるやつも
やりました。ぷ~んと香りのいい「ひれ酒」で温まる冬の夜長。いいもんです。お腹は勿論
かなりの「満腹寺」です。季節のものをおいしく調理して独特のこだわりを見せる「かどわき」

実は告白すると・・・
アラジンこの店のこと・・・
「そういえばあったなあ」くらいしか知らず・・・
一見さんノリでふらっと行って、たまたま食べて
見事にこの店にはまってしまいました。
あまりにおいしくて写真撮るの途中からあきらめました。
味わうだけで必死!
この冬初めての「ふぐの刺身」は身が引き締まって「か、快感!」


e0002541_8563373.jpge0002541_8564518.jpge0002541_8565716.jpg







10日に一回くらいで季節の   素材が変わるそうですよ   「あん梅」とかがある通りに前は
e0002541_8591046.jpge0002541_8592257.jpge0002541_8594362.jpg







あったそうですよ キタキター    もう感動の連続でした      だって何の前知識もないから
e0002541_91558.jpge0002541_92599.jpge0002541_921547.jpg







何これ?うめーって あ、またキター  純粋な気持ちのまま   ただただ感動の夜を過ごしました

翌朝:  なんと寝覚めのいいこと。朝起きたら~左目がくっきり二重になっていた~
        (あの・・・まったく・・・えっと・・・オチはなしです・・・)

by sokosoko6293 | 2006-01-28 08:54 | 和食っていいね


<< カフェ「SOUP  STOCK... てんぷら「川奈」西麻布3-1-... >>