trattoria「IL PACIOCCONE」南青山6-15-8  ℡5468-0555

「旅先で訪れたイタリアのレストランを想わせるエンターティメントの演出」で「イタリア
食文化に忠実なメニューと雰囲気」を紹介し、お客様に「楽しく気持ちよく過ごしていた
だけるサービス」を心がけているというこのお店。店の名は「食通で愛らしく太ったイタリア
男」をイメージしているそうです。

e0002541_14585936.jpge0002541_14591365.jpge0002541_14592661.jpg







ちょうど12時すぎに行くと満員で15分待ち。ちょっと考えた後「待ちます」と伝えると「あり
がとうございます」と笑顔で言われ、普段なら堪え性の無いアラジンですが、1Fのキッチン
の活気を見ながらのほほん2Fに案内されるのを待つことにします。この間にも何十回も若手
の料理人が↑出来立てパスタの皿を持って階段を「たったった」と何度も上がったり降りたり。
e0002541_1532189.jpge0002541_1533348.jpge0002541_1534651.jpg







このスープ↑オリーブオイルが入っているので濃厚ですが、豆具沢山でものすごく身体に馴染み
ました。このスープだけを食べにここに帰って来たいくらい思える味でした。
つい最近散髪したアラジンが続いて頼んだのは「マルガリータ」(すんまそん)↑さ、頂きますよ。

e0002541_15111184.jpge0002541_1511224.jpge0002541_1511312.jpg







↑手に取ると「とろ~りとろけるチーズ」↑辛味がほしいときはこれを入れたりしながら↑
一枚一枚を味わいます。隣の席では「キャベツとアンチョビのアリオーリオパスタ」が取り分けら
れます。う。それも美味そう。量はたっぷりです。看板に偽りなし。ただし「マルガリータ」と「スー
プ」の相性がちょっと悪かったかな。これはアラジンのミス。濃すぎました。今度はもっと考えて
オーダーしよう。そうしよう。

e0002541_15181681.jpge0002541_1518276.jpge0002541_15183565.jpg







デザートに↑「ティラミス」がつきました。レーズンが下部に内包されてありリキュール度
かなり高し。うま。外に出たらひさびさの青空にこの店の看板が映えてました。ごちそうさま☆

ブログランキング・にほんブログ村へ>←グラッチェ!
by sokosoko6293 | 2006-02-02 14:58 | 後悔しないイタリアン


<< トラットリア「ダ・トンマジーノ... cafe restaurant... >>