「きりたんぽ」   アラジン宅

「アラジンさん、いっぺん田舎のうまい『きりたんぽ』食べてみてください。たまらん味ですよ」
昨日の夕方に友達のお母さん(秋田在住)から「きりたんぽセット」が贈られて来ました。
それも「おかあさんがわざわざアラジンのために作ってくれたレシピつき」うれしかー。
鍋の絵が描いてあって、そこにすべて矢印で入れる順が描き加えられています。

一番下に「しらたき」「チキン」「ごぼうやにんじん」「さといも」
その上に「しいたけ」「まいたけ」そして「きりたんぽ」お母さんお手製のお汁でぐつぐつ
煮たあと「白ネギ」を加えて最後に「せり」を乗せます。火をとめてよそえば「お母さんのきり
たんぽ」の出来上がりです。

野菜が、チキンが、出汁が、さといもが、どれもは全部おいしいのですが、きりたんぽはもう格別。
ゆっくり味わうのは生まれて初めてかもしれません。ましてや「家でつくるきりたんぽ鍋」
です。お餅のようでお餅でないし、ちくわのルックスでちくわじゃない。それはなにかと聞かれ
たら・・・・・・・
「きりたんぽきりたんぽきりたんぽきりたんぽきりたんぽきりたんぽきりたんぽきりたんぽ」
やったーーーーーーーーーーーーーーーー((((((((^◎^))))))))))--------

口の中で歯応えがありながら溶けていくような食感と野菜とチキンの煮汁。せりの野の香り。
うれし泣きながらおかわりして味わった「きりたんぽ」でした。ごちそうさまでした。秋田の
お母さんにこの声届いたかな?


e0002541_495182.jpge0002541_410634.jpge0002541_4102925.jpg







   きりたんぽ群        さといもとにんじんとごぼう      しいたけ なめこだけ群
e0002541_413840.jpge0002541_4132575.jpge0002541_4133693.jpg







  順不同ですがねぎ        鍋の底に敷くしらたき       野の香りぷんぷんせり       
e0002541_4161972.jpge0002541_4163013.jpge0002541_4164551.jpg







こんなかんじで鍋でぐつぐつして  一番最後にセリを入れて 母さんのきりたんぽ!出来上がり!

習慣:「いただきます」と「ごちそうさま」が似合う料理でした。音はぐつぐつ。味も素晴らしい
    のですがそれ以上に愛情がこもった「きりたんぽ」っていうのが美味しかった理由。

ブログランキング・にほんブログ村へ>←秋田のお母さんにちゅ!

★そして明けてのお昼のランチたんぽ★
e0002541_15403248.jpge0002541_15404481.jpge0002541_15405341.jpg







より手順がお母さんのレシピに忠実でおいしくできました。大満足。ひじきも添えました。
by sokosoko6293 | 2006-02-23 03:56 | ひとりでできるもん


<< エスニック「AGARY」南麻布... イタリアン「LACOMETA」... >>