PIZZERIA「BAGGIO」六本木7-15-24  ℡5775-7599


前回お邪魔したときに「おいしそーだなー」と横目で見ながらも食べられなかったパスタを
今回はいただきますよ~~。

食事を頂く場所っていわゆる「相性」が大事だと思うんですけど、この店に初めて予約入れた時
なんとな~くうまくコトが運びそうな予感があったわけです。逆にいくら食事が美味しく頂けても
「相性」が微妙に悪くてかみ合わないときってありますからね。「おいしいんだけど・・」
「あの・・・なんていうか。もう少し・・・・」みたいに思うときありますからね。
この「もう少し・・・」みたいな「後味の悪い微妙さ」って意外にこの「相性」によるところも大きい
のではと最近思うようになったアラジンなのであります。たかが「食」されど「食」っつうのかな。
人間関係と似てますね、そういうところ。とても複雑で微妙ででももしやとてもシンプルな肌感!

今日もアラジンが突然にドアを開けて「あの~食べられますかね?」って店に入ってきたときに、
にっこり「勿論です!」と言って頂かなければ、こんなにしあわせなきもちで
ニコニコここには座ってなかったわけで。じんわりそんなことを思いながらメニューをめくります。
う。おいしそうなものが。アラジン今日は「ダイエッター」だということをつい忘れそうで恐いです。

e0002541_1155813.jpge0002541_11552363.jpge0002541_11553223.jpg







そぼろ雨フル夜の早い時刻  男はハウスワインを頂きます   ダイエッターなんで水も追加で
e0002541_11572047.jpge0002541_11572938.jpge0002541_115844100.jpg







実に新鮮な野菜のサラダです スモーク鯵とツナ、クラムのバベッテ 〆はシンプルにサンペリで

空言: いつもより量が少なめでしょ?ふふん。←なんだ、この得意げな鼻息は~? 

追記: 野菜は「赤カブ、にんじん、セロリ、緑野菜たち、トマト」がたっぷり。
    マリネの仕方が丁寧で作り手が「食いしん坊」だってのが一口でわかります。
    美味しい!よく噛んで脳に刺激を与えつつ頂きます。バベッテは「シシリア風ペペロン
    チーニ」です。そんなに辛くはありません。シシリア風ツナがからっと揚がって上に
    かかっています。いや、かかっているのは鯵だったかな?ここらへんのミックス感、
    複雑な鯵、いや味。スモークした鯵とシシリア風ツナ(これがからっと揚がっていた
    ような・・・)が合わさって、それを細いきしめんのようなパスタがうまく絡めてハーモニー
    を出していました。ブログランキング・にほんブログ村へ>←「見事な攻撃だ!」←ブラックデビル風

by sokosoko6293 | 2006-03-01 11:27 | 後悔しないイタリアン


<< 「ブラッセリー  FIGARO... 「もち玉」 麻布十番 >>