「寺内」 星条旗通り

鉄板焼きを得意とするリストランテであります。
この日は誕生会でした。あらかじめ仕込んでおいてもらった「豚の丸焼き」が登場します。
季節の「白アスパラ」と混ざって「ピンクアスパラ」なるものもグリルで焼いてもらいました。
初めて食べるピンク色のアスパラに「甘い、コレ!」という声があちこちから飛んでました。
アスパラの持っている苦味が大好きなアラジンハ白も捨てがたいのですが今日はピンクが
混じっているというのが誕生会を華やかにしてくれていてとってもGOODでした。
「シンプルなポモドーロ」も裏切りのない基本に忠実な味でしたが平坦や凡庸な味ではない。
「たらの芽や魚貝のフリット」はレモンをかけて大胆にかじります。やはり素材選びに時間
がかかっています。だからシンプルな調理法で頂くだけでこんなにおいしい。だけどもしや
この「シンプルな調理法」ってやつはホントは一番むつかしいんだろうなー。
あらゆる経験の引き出しを開けたり閉めたりしながら、ありったけの情熱を調理に注いでも
尚シンプルな料理って奥が深いのではないだろうか?「寺内」で食べるのは2年ぶりくらいだ
けれど、前よりもその前よりもよりシンプルでおいしくなっているような、サプライズが増えている
ような、気がしました。これからもっと通おう!
寺内さんの料理は一見大胆なようでいて、実はすごく繊細なんですね。

誕生日だから、
デザートは「昔なつかしいショートケーキ」こんがり焼けたカステラの部分がパン屋さんで買う
「カステラ」みたいに見えて、その中に挟んだぎゅうぎゅうに旬のいちごと生クリームっていうのが、
泣かせます。ひさびさの「寺内」でしたが、いい「気」に触れて大成功の誕生会でした。


e0002541_17591841.jpge0002541_17593234.jpge0002541_17595011.jpg







 わお! 豚の丸焼き       クラテッロ 口で溶けていく     豆がたっぷりのトリッパ
e0002541_18125251.jpge0002541_18131034.jpge0002541_181418.jpg







奥の細いのがピンクアスパラ    野菜のグリルっすねこれ     一本目の赤ワインです
e0002541_18163737.jpge0002541_18165019.jpge0002541_1817330.jpg







2本目赤はタンクレディ      ポモドーロは甘くて美味し!    そして誕生日ケーキ

今東京のイタリアンはホントに活気があって元気です。かつての何度かのブームを超えて
生き残っている名シェフたちと、更に若手もどんどん店を持ってきてますし、切磋琢磨してる
から面白い!和より和してる店も多くて、選択肢もあって、ホント楽しいです。

人気blogランキングへ>
↑ぽち グラッチェ!

ブログランキング・にほんブログ村へ>←こちらも  参加中!よろしくおねがいしまちゅ!
by sokosoko6293 | 2006-03-10 17:46 | 後悔しないイタリアン


<< 「ラ・ボエム」麻布十番 朝ごはん   奈良の旅館にて >>