「la bettola per tutti」日本橋室町2-1-1  ℡3272-1201

念願の日本橋のベットラに行ってきました。満員でしばらく店の前で待っている間
「ここはベットラ直営じゃなくて暖簾を分けている店で実は銀座店とは違う経営らしいよ」
よく落合さんの店に通い詰めている友人の話の受け売りをしていたアラジンを
「きっ」と鋭い目で隣に待っていたおしゃれカップルが見つめます。
やべ!また「知ったか」しちゃったよ。ついテンション上がっっちゃって・・・失礼!

白髪のご高齢の品のあるおばあさんが「ごちそうさま」とご友人と店を後にされます。
もう一組カップルもニコニコ顔で会計を済ませました。いよいよアラジン達の番。
ここは日本橋三井ビルの地下にあります。タイルのカワイイちっちゃな食堂です。

プリフィックス3900円のコース。
前菜、プリモ、メイン、デザートをそれぞれのカテゴリーから選びます。アラジンは
「鯵の浅漬けピクルス和え」「なすとズッキーニのトマトソーススパゲッティ」
「チキンのスパイシーグリル」「苺のデザート」「エスプレッソ」にしました。
あまりにおいしそうな響きに釣られて今夜はデザート解禁です。大丈夫かな?


e0002541_13151675.jpge0002541_13152935.jpge0002541_13154017.jpg







 シシリアの白をボトルで    浅漬け甘みと酸っぱさのコンビ    トスカーナの赤もボトルで

濃紺のタイルとこげ茶色の木の壁のコンビネーションがおしゃれなお店です。女の子率が
高いです。日本橋でわいわい食事って粋でいいっすね。アラジン達は「居酒屋のり」にな
ってきました。「ぎゃはははは」「ぐはははは」「でへへへ←これはないか」音量がすごいので
たまに「素面」になって周りを見るとさっきアラジンを「きっ」と鋭く睨んだカップルが何気に
「うるさい。ばっかじゃないの」というような顔でこちらを見ているのを発見しました。やば!
抑えて抑えて!体裁は一応整えつつもうここらへんまで盛り上がるとアラジンもストップ
が効きません。「ぐわっはっはっはっはっは」「おっかし~~~」「ばかいってんじゃね~~」
我を忘れて率先して大声「パーチー状態」で炸裂してしまったのはこのアラジンです^^;
気がつけば「ぷん」ってかんじでさっきのカップルが店を出ていってしまいました。もうしわけ
ないことしました。ここにもう遅いですが謝っておきます。ちょっとうるさすぎでした!


e0002541_13313212.jpge0002541_13314458.jpge0002541_13315419.jpg







  辛くしてもらいました☆    チキンのスパイシーグリルです   この苺のデザート旬でぐー

☆★ここで本日のワインのメモだす★☆
白:  葡萄はverdiccio 「il bacco 2004」シシリア  太陽を燦燦と浴びた葡萄らしくほん
のり甘みがあり、しゃきっとした感じもあり、前半の「浅漬け」にはばっちぐー☆でした。
赤:  葡萄はメルロー、カベルネ、サンジョベーゼ33・3%づつ。 「sandivolo」2001 
スーパートスカーナ  しっかりとした重いボディでアロマが口に含んだとたん広がります。
ゆっくりひとりで今度一本開けたい!そんなワインです。

          ☆☆☆☆☆☆☆☆

全体の感想:若い活気がフロアにも厨房にもあふれている店です。昼にもまた来たいな
という気持ちになりました。料理の繊細さはアラジンには発展途上に感じましたが、
美味しい!という声があちこちで飛んでました。この値段でこれだけのものを食べて
この雰囲気でこれだけ気持ちよくなれて、何を文句を言うことがある?ですね。
お店の人はみなかんじがよくて、居酒屋風団体客のアラジンたちにも親切にして頂きました。


人気blogランキングへ←でも 場所はわきまえて!





ブログランキング・にほんブログ村へ>>←ポチ袋!
by sokosoko6293 | 2006-03-19 13:04 | 後悔しないイタリアン


<< 「ダイエット ア  GOGO!... 中国料理「北海園」 西麻布2-... >>