草食「なかひがし」京都市左京区銀閣寺道  ℡075-752-3500

突然ですが春の野菜をふんだんに食したくて京都の銀閣寺道にやってきました。
はじめて訪れる地ですが[美山荘]にいらした中東さんのお店です。毎日中東さんが大原に
摘みに行く野菜がその日のご膳に並びます。おくどさんで焼かれる野菜や川魚は
ミニマムで贅沢な世界。一品ごとに語られる女将の味のある薀蓄。京ならではの
はんなりした物言いに相槌を打たせてもらいながら、楽しいひととき過ごします。
人気blogランキングへ
e0002541_23402771.jpge0002541_23404744.jpge0002541_23405946.jpg







うっかり見落としそうな玄関    白和えの頭につくしんぼ   酢漬けの蕪やこごり うどの桜びら
e0002541_23471938.jpge0002541_23473499.jpge0002541_23474892.jpg







白味噌に大原の田ぜりと栃餅  岩魚のお腹にはからすみが  清流にいるため臭味のない鯉
e0002541_23503526.jpge0002541_23504880.jpge0002541_2351245.jpg







季節の幕開けをイメージした椀  開けると桜鱒とさといもの麩  鯖のなれ寿司とにんじんの葉
e0002541_23532818.jpge0002541_23535497.jpge0002541_2354428.jpg







おくどさんで焼いた筍などの椀 結界を越えたメインがこれ「めざし」 苺とぼんかん酒かすアイス

感想:たまたま奇跡のように空いた2席にわざわざ東京から駆けつけてホントに涙ものでした。
素材を摘むところからお膳に届けるところまでいっさい手抜きなしの最高の京の草料理です。
ブロッコリーに氷餅をまぶしてあったり、からすみを酒かすとはちみつで焼いてあったり、サプ
ライズが次々に登場します。葱の細いのを「のぼる」っていうなんて、風流だなあとついうっとり。
恐いくらい完璧な力の抜きよう。力を入れているところをいっさい見せない中東さんの懐の深さ
に頭が下がります。アラジンの今求めていたものがここにありました。ごはんのおこげの部分
は荒塩つけて食べておくれやす。これ出したいから随分前菜に時間費やしてもうてごめんやす。

にほんブログ村 グルメブログへ>←アラジン女将 完敗だす!
by sokosoko6293 | 2006-03-24 23:16 | NO1


<< 「★京都のアラジン御用達ホテル... 四川   六本木3-14-9 ... >>