「水炊き さ和鳥」麻布十番スタンド左横

もともと博多の水炊きを夜は食べられる店なのですが、昼は850円の親子丼しか出してない
という店です。ここの親子がおいしいのです。無愛想にもとれるおやじさんが一軒家の一階で
作っているのですが、「がらがらがら」引き戸を開けて「ごめんください」を言ってもしばらく応
答なしです。??と思ってるとおやじさんが「なに?」え~とあの~「一名ですけど」「あそ。ど
ぞ。2階へ」やった~。こんなかんじでアラジンはつるつるに磨かれた日本家屋の急な階段を
上ります。この靴下越しの木の感触っていいな。にほんブログ村 グルメブログへ

3分経過。2階で待っているのですがお茶も出てきません。??とまた思って動物の五感を
すまして下の物音を聞いてみると「じゅわ。さささ」と卵を入れて揺する音が聞こえてきました。
よかった!もうアラジンのが出来上がろうとしています。ふと人影がして顔をあげるとおばちゃ
んのほうが立ってて「はい。お茶と鳥スープ。先にどぞ」まるで忍者のような現れ方であります。
さっそくスープ。は~。あったまる~。この季節にあったまってどうするってかんじだけど、いい
のよ。刻みねぎが口の中に入ってくる。ちょっと脂ギッシュな白いスープ。2杯は飲めないけど
食前の一杯は食欲をそそらせます。で、あの、ぽん!もう親子丼到着です!早!

e0002541_4265798.jpge0002541_427866.jpge0002541_4272011.jpg







お決まりのまずはお茶ショット  撮る前にちょっと飲んじゃた      来た来た来た親子丼
e0002541_4274228.jpge0002541_4275316.jpge0002541_428585.jpg







どんどこどんどこどんどこどん  祭だ祭だ祭だ祭だどんどこどん    はふ★ほいひーへふ     
e0002541_4282221.jpge0002541_4283249.jpge0002541_4284789.jpg







山椒をかけるとほいひーへふ  ちょっと無愛想に見えたっていい   アラジンはこの店がすき 

一言:卵やわらかくてふわふわで汁気が多くて鳥がおいしくてごはんと卵とよく混ざってて
でお米がべちゃべちゃしてなくて、箸でちゃんとつまんで最後まで食べられます。
このバランス感ってすごいな。甘みの加減もいいです。ていうかこの味がもうアラジンには
むちゃくちゃぴたっと来ているんだろうな。→人気blogランキングへ



by sokosoko6293 | 2006-07-14 04:21 | 和食っていいね


<< 番外編「グウィニス・パルトロゥ... [文流]高田馬場の駅前のビルの地下 >>