「まつもと」芋洗坂

ここの店に来ると頼むものがいつも決まっててどうかなとは思うけれど、やっぱり好きなもの
食べたいものを食べよう。VSOP(very special one patern)と言われても今晩食べた
いものを自分の気持ちに忠実にオーダーしよう。にほんブログ村 グルメブログへ

狭い店の中は男率高し。男同士率高し。今日も黙々と厨房の中では美味しいもの生産工場と
化したおふくろおやじふたり(おやじなのにおふくろの味をつくりだす)が作業に勤しんでいます
フロアの「まつもとのおばちゃん」の髪が少し伸びました。ストレートパーマは健在です。
ことばでのコミニュケーションはないけれどあったかい気持ちになれるのは料理やサービス
に心がこもっているからに違いないと「まつもと信奉者」のアラジンは熱いまなざしを今日も
かみ殺しながらうつむき加減で「いっただきむぁ~~~すぅぅぅぅ☆」にほんブログ村 グルメブログへ

e0002541_11335914.jpge0002541_1134893.jpge0002541_11341621.jpg







わかめのとろり加減が丁度E   マカロニの長さ大きさ国宝級   自分で混ぜて完成させます
e0002541_11343265.jpge0002541_11344188.jpge0002541_11345435.jpg







うまい!頭から尻尾まで完食す  大根煮に七味かけすぎた?  ちょうどいい量の野菜補給可


まつもと報告書:

看板を認知しての入店率よりも「お馴染みさん」による店の占拠率が激しく
高いものと推測されます。「さっくり食べてさっくり帰る派」と「会社のぐちを吐き出し居座り派」
とにはっきり客質が分かれます。たまに「ヤクザと情婦風派」や「少し年齢の高い女子同士
派」が来店するのも見逃せません。彼らは必ずといっていいほどL字形のカウンターに着席
します。カウンターと厨房との敷居が高くその上に大皿料理が載っているので目の前にいる
「おふくろおやじ」と目線すら合わないつくりになっている。これが意図的かどうかはわかりま
せんが、カウンターは「シェルター気分」を味わえる濃密な空気の流れる特等席とも言える
でしょう。仕入れの材料がどれも新鮮なのも見逃せません。
人気blogランキングへ
by sokosoko6293 | 2006-08-02 11:34 | 和食っていいね


<< 「la fame」代官山 [泥武士]広尾駅から外苑西通り... >>