「中央ぶどう酒」甲州

ぶどう園を訪ねました。日本のぶどうも捨てたものじゃない、そう友人のソムリエに言われて
前前から気にはなってたんですが、機会がなかったのです。文明開化の鐘が鳴るとはこの
ことですね。新しい今までにない経験。「キュベ三澤」で有名な甲府の老舗のワイナリーです。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ

e0002541_064958.jpge0002541_07457.jpge0002541_071873.jpg







1923年 勝沼で創業だそう   日本のワインって繊細なんだ  和食に合うのは日本のワイン
e0002541_074210.jpge0002541_08173.jpge0002541_08196.jpg







風土の薫りってあるんですね  いじらしいくらいわかるっつうか  秋のとれたて味覚にあうね
e0002541_091846.jpge0002541_1112464.jpge0002541_1115195.jpg







ヨーロッパで火がついたみたい  しかし眺めのいい場所ですね  ちなみにこれカベルネですよ

感想:日本の伝統品種も欧州品種もやっていて、開拓精神溢れるワイナリーです。
いろいろ種類に
よって微妙な味と薫りが楽しめますが、土と気象と育て方によってワインってこんなにバリエ
ーションがあるんだって、今更ながらに驚きました。ワイナリー探訪、楽しかったです!
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ
by sokosoko6293 | 2006-11-10 11:29 | 旅・夢・総括


<< 「キッチンサルヴァトーレクオモ... 「さけすし」上越新幹線 >>