「キッチンサルヴァトーレクオモ」六本木ヒルズ

あいかわらず夜中にお邪魔することが多いのですが、夜中にちゃんとしたものが食べられ
るというのがものすごく助かるというか、ありがたい店ですね。ていうか夜中にもの食っちゃいか
んとよ~。

煉瓦を敷き詰めたエントランスのカーブはモダンさもあって非常に洗練されたムードです。スペ
ースが豊富で色んなタイプの席があるので用途によって席を選んで予約するとまた一興なり。
奥には書斎のようなスペースもあります。空間使いの美味い店です。つい最近までこの奥の席
はどこに続いているのだろう?なんて思ってたのですが、その裏側には稲庭うどんの「久徳」が
あるので、そちら側から目を凝らして見るとレースのカーテンで仕切られたガラスの向こう側に
ほんのりクオモの奥の書斎の席の気配を感じ取ることが出来ます。逆にいうとそれくらい意識
して見ないとお互いの世界が隣接していることを忘れさせるくらい「異空間異次元」にクオモの
空間をプロデユースできているというのがすごいなと思います。クオモの奥の書斎の席でご飯
しているときは「しじみの稲庭うどん」のことはきれいさっぱり忘れてて、「久徳」ではクオモの
こと全く忘れてごはんぱくぱくパクヨンヒ。なんかよう考えたらあんたがただの食いしん坊なだ
けやん。
うい、、、だす。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ

e0002541_1702169.jpge0002541_171926.jpge0002541_1712842.jpg







ポモドーロはトマトのパスタっす  友人ゴルゴンゾーラニョッキ  トマトのモッツレラサラダ定番
e0002541_1723937.jpge0002541_173094.jpge0002541_1731928.jpg







野菜グリルこの時間ならでは   明りって何よりも物語るね   煉瓦を敷き詰めたエントランス


アラジン丁稚のひとこと:

なんか最近低迷です。なんかモチベイションがあがらんちゅうか。つかれがたまり~の
ちゅうか。背骨が曲がってるっちゅうか、仕事が忙しすぎるっちゅうか、家賃がたまってる
ちゅうか・・・・・なんか要するに身の回りに起こってることをうまく把握できてないっちゅうか。
女将が出て来れないのは丁稚のあてのせいだす。すまそん。

そういえば、トンマジーノが青山で名前を変えてこのたびリオープンしたらしいんすけど。どなたか
情報あったら教えてくださいませ。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ


by sokosoko6293 | 2006-11-11 20:47 | 後悔しないイタリアン


<< 「富士そば」六本木交差点近く 「中央ぶどう酒」甲州 >>