「カーザ・ヴィニタリア」南麻布1-7-31 03-5439-4110

「アロマフレスカ」「アロマクラシカ」を大ヒットさせた原田慎次シェフが南麻布MタワーにOPEN
させたこの店は7皿からなるコースを試さないとその本当の際立ちは理解できないのかもしれ
ない。でも前菜とパスタとココット料理だけでもそれなりにそのバリエーションの片鱗に触れること
は出来る。アラジン一行は「東京イタリアン」の更なる構築美、更なるチャレンジの急先鋒にい
るこのレストランに向かう。基本がありながらもそれを解体しながらよりクリエイテイブな味を楽
しみたい熱にわくわく駆られながら。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ

e0002541_17381.jpge0002541_174617.jpge0002541_176596.jpg







サンフランシスコ出身の友人に 東京イタリアンを紹介する会す 今夜のセレクトはサンジョベゼ
e0002541_1765383.jpge0002541_1771098.jpge0002541_1773545.jpg







満腹になる前に美味しく食べる おこぜのフリットのズッパ仕立  ピーチというねじりパスタです
e0002541_1783086.jpge0002541_1785274.jpge0002541_179108.jpg







大蒜の効いたポモドーロです  メインはココットの人参でっせ☆ ほんで次は根セロリなんちって
e0002541_17951100.jpge0002541_1710623.jpge0002541_17102938.jpg







レモンチェロを頂いたりしながら デザートは三種の盛り合わせ  お茶菓子がまた可愛らしいす

アラジン報告書:

東京イタリアンを味わうに外国のお友達と一緒にというのは非常に興味深いものがあります。
ココットの存在には驚きの声があがりましたし、実際に食べると「人参嫌いだったけどこんな
に美味しくてあまいなんて」といい意味での絶句状態。アラジンの感じるパスタの細やかさや
アミューズのエンタ性などについてもまずまずの反応。きっとこのお店は東京NO1レストランと
いう前提での会話ですよね。おいしくてあたりまえ、サプライズあってあたりまえ、みたいな。
それはつらいところですけどこの店の使命ですね。

ホスピタリテイが素晴らしいです。百戦錬磨の客を相手にしてきたことをうかがわせる非常に経
験値の高い応対の繊細さを感じます。テーブルを分け隔てしない徹底したイクオリテイ(平等性)。そ
して各々を際立たせるスペシャリテイ(特別性)ともに併せ持って完璧です。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ


by sokosoko6293 | 2006-11-13 18:23 | 後悔しないイタリアン


<< 「トラットリア デッラ lan... 「六本木ヒルズのスタバ前のテラス」 >>