「ラ・ボエム」神宮前店(表参道ヒルズはすむかい)

都内生活で重宝する便利なグローバル・ダイニング系のお店「ラ・ボエム」です。このお店だけ
ではなく同じ系列のエスニック系「モンスーン・カフェ」なども同じなのですが、お店に勤めてる人
たちの変遷を見ていると各店舗の独立採算制の厳しさを感じることがあります。どういうことかと
いうと、営業成績がいい人はすぐにでもひとつの店舗を店長として任されたりする。だから飲食
に野望を燃やす人にとって可能性がものすごく潜んでいる。しかし営業成績が下がるとすぐに
左遷される。アラジンは日赤通り店、麻布十番店などの変遷を食べる側からそれなりに見てま
すが、せっかくかお馴染みになった店長も「実はですねえ。今度平に戻って○△店に行くことに
なったんですよね」なんてことをいきなりしみじみ聞かされたりすると、実力主体の飲食業界で
あるのでこういう流転は当然のこととはわかってはいてもどこかで「せつない」思いにかられるこ
とも事実であります。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽっちん→人気blogランキングへ

今日はそんなグローバル・ダイニングの刹那を語る回ではまったくなくって、おもしろいコンセプ
トでそれなりの立派さで正当に激戦区を勝ち抜いている表参道にある「ラ・ボエム」をレポしてみ
たいと思います。

e0002541_1513765.jpge0002541_15132991.jpge0002541_15134851.jpg







わらわのことを話すのかのう~  にゃ~ここ気持ちがいいにゃ  すごいでしょこのコンセプト!
e0002541_1514268.jpge0002541_15145049.jpge0002541_1515637.jpg







ミネストローネです 暗い!    メランツアーネです 暗い!  バーニャカウダです 暗すぎる
e0002541_15154462.jpge0002541_1516543.jpge0002541_15164944.jpg







屋根にいる設定でデザインです カラマリ定番のメニュー美味し  イカ墨 やっぱ照明は暗いっす

にほんブログ村 グルメブログへ←ぽっちん→人気blogランキングへ


アラジン  レポ:

イタリアのごちゃごちゃした路地裏を屋根という視点から見た設定で席が作られているので
トイレに行くときなんか、こちらの屋根から隣の屋根に飛び移っていくような気分になります。
ごはんはマニュアルがしっかりあるようでどの店舗へ行ってもそんなに味に格差はないので
すが、それぞれの店舗で違いが出るのは、その日の野菜を入れるミネストローネ。白いんげん
を好んで沢山入れるシェフもいれば、ほうれんそうを沢山入れる人もいる。たまに「あれ?こ
のスープ前に飲んだことある」なんて思ってお店の人に聞いたら昔よく通っていた店にいらし
たシェフだったりすることもあります。

たくさん頼んでもCP抜群なので満足度は高いです。日赤通り店や代官山店、西麻布店など
は80年代のアールデコなデザインなのですが、この店は独自の路線。三宿店に近い「異国
感」を味わうことが出来ます。さて、アラジンもまずは赤ワインのグラスを頼むことにするか。
「はい。赤ワインですね。かしこまりました。(大声で)カウンターさま。ご新規。赤グラ一丁!」
赤グラ一丁・・・ちょっと「やるき茶屋」の店員さんを連想してしまったアラジンです(笑)

by sokosoko6293 | 2006-11-22 10:14 | 後悔しないイタリアン


<< 「SEGAFREDO」広尾有栖... 六本木の洋食処「れん」 >>