絶対に流行る!「グットドール アッキアーノ」にぞっこん  in 西麻布

ここんところアラジンが毎日のように通いつめている店があります。その名も「グット
ドール アッキアーノ」その昔「グットドール クラッテイーニ」があった場所に「オチアイ」
で腕を鳴らした渡辺明さん(ダルマットの平井さんなんかも同じ時期「オチアイ」だった)
がトスカーナの独特のあったか~い味をご自身の出身地でもある「茨城県」の良素材と
独自のアイデアで凛とした新路線のイタリアンを提唱してる非常に興味深いお店です。

レイアウトや調度品はほぼ「クラッテイーニ」そのものなのがまた好感が持てますね。お
いしい料理があれば前の倉谷さんの亡霊なんて一向に恐れない!みためよりも味の中
身で勝負!ただ東京は見た目のヒエラルキーで客足がつくことも現実。今のところはじ
わじわというかんじなのかもしれませんが、早晩ブレイクすることは間違いないでしょう。
自分の味を地に足つけて伝道する気迫がひしひしと伝わってきます。そこがアラジンが
好きな理由。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

もう何回行ったかなあ。ほぼ毎日のように行っているので写真もかなり溜まっていますが、
今日は最近アラジンのマイブームな渡辺明特製「トリッパのスパゲッテイーニ」です。
日によってはオリキエッテ、日によってはニョッキがスパゲッテーニ(細い麺)に混じっ
ています。それが味が単調にならずに楽しめる理由。トリッパは薄味。バランス感は
ばっちり!胡椒がたつマンマの味+イケメン明の洗練された新東京トスカーナ味です。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

尚、渡辺さんはご自身の出身地にあるジャージー牧場のミルクにもインスパイアを受
けて「とちおとめ」を見事に品のよい御菓子に変身させました。

料理は音楽や美術と同じで食うほうにも作るほうにもセンスがでますね。この渡辺明の
世界は、非常にダウントゥーアース(地面に足をつけている)でありながら都会的な洗練
された味付けともうひとつあまり今の東京では味わえない「引き算の美学」を敢えてこの
飽和状態の「東京イタリアン」で虎視眈々と実践されているのがアラジンは共感を感じる
のであります。


e0002541_15143114.jpge0002541_15144966.jpge0002541_15151648.jpg







君嶋屋のワインのセレクション 日々日々変化のまさに東京の味 このミネスト東京1と断言です
e0002541_15161244.jpge0002541_15163686.jpge0002541_15165413.jpg







もっちり感 黒胡麻フォカッチャ 一皿にレビューのようなbliss    謙虚でありながら大胆な味す
e0002541_15173227.jpge0002541_15175971.jpge0002541_15181685.jpg







「とちおとめのララバイ」(左側) エスピレッソにはTWIST添え  もう一回美味しい赤のUPっす

アラジンの感想:

なんだか最近やけに「ノッテキテル」渡辺シェフです。きっと密かな自信が漲ってるんでしょう。
確実に近々火がついてブレイクする手前の「はちきれんばかりのテンション」を感じるのです。

注)あ。TWISTとはエスプレッソにちょこっとつけるレモンピールのことです。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ



by sokosoko6293 | 2007-01-15 20:45 | 後悔しないイタリアン


<< やっとわかったここは洋食屋さん... 太陽の国メキシコ料理を堪能~!... >>