和食「福田家」  広尾商店街

には「鮮魚 魚料理 福田家」とかいてある。で、注意深く見るとにちょろっとカウンター一組だけが座れる座敷があって、おばちゃん三人かいがいしく定食をつくってくれる。ありがたいきもちで素直に頭を下げたくなる和食界のマザーテレサのお店」アラジンは「金目鯛の煮魚定食1050円」を頂いた。金目の身の厚いこと煮汁も甘辛くアラジンのような自称肉体労働者にはばっちりだ。
ただアラジンはアンラッキーにも便所の前に座った。
金目とワカメ酢の先暖簾越しからはトイレが見える。視線を手元に戻すとカウンターには布巾が。そしてそこには長い髪の毛が何本かくっついている
有難いものにはリスクが付録でついてくる
アラジンはそれを
受け入れられるほど心が広い人間ではない

e0002541_1565564.jpg
★★★☆☆
e0002541_1571992.jpg

神様~~~~~ 心の狭い我を許したまえ~~~~~
by sokosoko6293 | 2005-08-22 01:57 | 和食っていいね


<< そば和食「川上庵」  麻布十番 イタリア「エスペリア」  西麻布 >>