懐石「楽々荘 」 京都祇園

京情緒あふれる花見小路に板前割烹のこの店がある。「京のはんなりと本店亀岡のざんぐり」がモットー。季節を料理に映しこみ、一品がいとうしく感じる店である。カウンターと一間の座敷だけの1Fto2Fには座敷があると聞く。8月の最後に駆け込んだ。「鱧づくし」のメニューがさわやかで、最後に「食べれるかな?」と思って躊躇していた「生姜ご飯」もまったく問題なく胃袋へ。でも、食べられなかった人にはちゃんと「おむすびにしてお持ち帰りしはりますか?」と優しく板前さんが聞いてくれる。夜のお任せコース8500円、1万円、1万2千円。アラジン8500円を選んだなり。これでももう大満足でした。板前はんの、料理、全く文句なしの「手ぶれはなしどすえ!」★★★★★どす!e0002541_10503841.jpge0002541_10511415.jpge0002541_10515310.jpg
by sokosoko6293 | 2005-09-04 10:48 | 旅・夢・総括


<< 手抜き版「ひとりでできるもん」... そば「更科本店」  一の橋 >>