SUSHI YASUDA

NYきっての有名日本食の店にいらした寿司職人安田氏の満を持しての
フラッグ店です。日本人には比較的行きやすいロケーションにあります。
近くには日本人御用達の語学学校や不動産屋があったり、有名なインド料理
の店もあり、決して偶然見つけられる場所ではないのですが「NYでまだあまり
知られてない高価なねたでうまい寿司が食べられる」というお題だとアラジン
はココを山岡します。もとい、レコメンしますです^^;;;すまそ
しかし値段はひとりさくさく食べても100ドルは軽く超えますんで、特別な
記念日用に利用するか、会社の接待とかのときのほうがよいかと思われます。
この日は「安田さんにおまかせ!」コースだったのですが、そりゃあもう
両手を合わせて祈りたくなるような味そしてそれに見合う値段でした。

e0002541_12203786.jpge0002541_1222441.jpge0002541_1223829.jpg








前菜には菜の花やこごみの天ぷら そのあとにはなめこの赤出し もうおやじ酔わせてどうするの


アラジンのとっておき情報:
「おかげさまで予約でいっぱいでございまして」勢いのある店がいちばん憧れる
このひとことが、さらっと言えちゃう「安田」ですが、その日の夕方にだめ元で
電話してみるのも手かと思われます。アラジンはこの手で7時〜9時の2時間とか
寿司を満喫するには充分な時間ではないのですが、どうしてもうまい寿司を食べたい
モードのときには限定で安田ってます(笑)

もちろん一人では行きません。アメリカ人の娘(アラジンがゴッドファーザーをして
る)の中間試験のお祝いとかで、行きます。彼女もジュビナイルながら寿司のおいし
さをアラジンとシェアできる末おそろしいビッチです(笑)
「ダデイ、どれもおいしいけど、ひとつだけって言われるとやっぱげそかな」だって。

クリエイテイブ系の黒人、あとほとんどは白人が客筋のメインです。そういった意味で
もNYにありがちな「和食レストラン」とは完全にスタンスが違う店です。白木の床や
テーブルがとてもここちいい、コンテンポラリーでオーガニックな流行を押さえつつ
も、寿司に頓着してそこからぶれないアルテイザン姿勢は安田氏の凄みを一段と増幅させます。
今度行けるのはいつだろな?指折り数えて日々を無心で頑張るアラジン卿です。


SUSHI YASUDA

204 EAST 43ED STREET NY NY 10017

(212)-972-1001

OTHERWISE U CAN COME BY SUSHIYASUDA,COM
by sokosoko6293 | 2008-04-26 12:47 | sushi てんぷら うなぎ


<< 魔法のじゅうたんに乗って 元祖タマランチ会長もびっくり「... >>