和食「でですけ」  恵比寿

恵比寿駅の目の前の古いビルの2Fというロケーション上、窓に向いて座ると山手線が通過する明かりが見える。わくわくするシチュエイションである。席はボックスとカウンターがあり、アラジンたちが選んだボックスになっている席だと、ほんのりテーブルの真ん中のオレンジ色の明かりに照らされてなんだか雪国の雪ん子になって「かまくら」の中にいるような親密感がなんともいえず良い。①「牛すじの煮込み」②「パクチーのサラダ」③「出汁巻きたまご」④「季節野菜のグリル」⑤「あらのあら煮」⑥「枝豆」 ⑦「アナゴ豆腐」などを頼む。本日は4人飯。
e0002541_115425.jpge0002541_115377.jpge0002541_1155980.jpge0002541_1162741.jpgでもね、目の前に七厘があるにも関わらず、野菜がナス以外既に焼かれて出てきました。アラジンたちが「テーブルで焼けませんか?」と言うとお店の男の子はすがるような目で「これで我慢してもらえませんか?」炭火もつけてもらったけれど焼くもの「ナス以外ナス!」アラジンたちはナスすべもなくすでに焼いて塩してある「ミニトマト」をもう一回目の前で一個一個お箸で七厘の上にナスナス(泣く泣く)乗せました。この店のロケーション大好きなのにな、全く持って惜しいナス。★☆☆☆☆
by sokosoko6293 | 2005-09-05 01:11 | 和食っていいね


<< 立喰酒場 buri  恵比寿 とんかつ「和幸」 六本木ヒルズ店 >>