喫茶「きゃんどる」  神保町

お店の中の内装が「懐かしの喫茶店」の雰囲気をぷんぷん醸しだしている。小ぶりの椅子は岐阜県高山のオークヴィレッジのもの。シャンデリアも小ぶりでこれまた可愛い。トイレにかかった絵は「いわさきちひろ」だろうか?窓から入るゆるい午後お日差し、綺麗だったなあ。
「クラシックブレンド」という看板メニューを飲むと、酸味が効いてて、「は~」と深いため息を
ついてしまう。ここまで来てよかった!編集者や学生がひっそりひとりでやってきてはこの「は~」をアラジンと同じようについているんだろうな。つい小心者のアラジンはトイレで写真を撮ったときの「ぱしゃっ!」って音に冷や汗が滲みましたとさ。それくらいストイックで静謐な店。★★★☆☆
e0002541_8405145.jpge0002541_841526.jpge0002541_8412345.jpge0002541_8403781.jpg
by sokosoko6293 | 2005-09-15 08:41 | 旅・夢・総括


<< メキシコ料理「con moco... パン屋さん「Burdigala」 >>