カテゴリ:西洋料理( 15 )

「HARRODS」六本木ヒルズ

イギリスの料理って何を思い浮かべますか?フィッシュ&チップス、・・・そして・・・・・あの・・・・
ほかには、えっと~・・・え?ほかに浮かばない・・・・・がーーーん。
アラジンの中のイギリス料理ってそんな曖昧なイメージなかんじなんですが、「HARRODS」の
ゆったりしたソファに座りながら、ちょっぴり「ラウンジ気分」に浸りながら、硬いことは考えず
に、メニューのページをめくります。

何を頼もうかな?
コールスロー、クスクスサラダ、トリッパ、鶏のゴルゴンゾーラ煮、あ~~~んど・・フィッシュ&
チップス!!!!!まだまだ頼みたいものがある~
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ

e0002541_11592084.jpge0002541_1202440.jpge0002541_1203559.jpg







モントークと同じ山本宇一氏が  プロデユースしている店です  カリフォルニアのジンファンデル
e0002541_1223065.jpge0002541_1224455.jpge0002541_1225599.jpg







コールスローたっぷり量きます  クスクスはオレンジの味つけす トリッパは繊細でこくのある味
e0002541_1234356.jpge0002541_1235893.jpge0002541_124999.jpg







柔らか口でとろけそうな鶏っす  もう一回接写でコールスロー そして真打はフィッシュ&チップス

アラジンのびっくり:

その①びっくり
あれこれ頼んでフィッシュ&チップスももちろん抜かりなく行っていちばんさいごにもう一皿
チキンを頼むと多いんじゃないか?と連れと話をしててお店の人に聞尋ねました。そしたら
「フィッシュ&チップスは普通舌平目を一匹なんですがそれを鱈を半分サイズでお作りし
ましたら、チキンも頼めてフィッシュ&チップスも食べれて丁度いい量なんじゃないでしょうか?」
という提案を。へ~、フィッシュ&チップスの魚って普通鱈じゃなかったの?この店は普通は
舌平目なんだ。贅沢!タルタルソースのみじん切りの玉葱鱈と絡まって美味かったっす。

その②びっくり
クスクスはオレンジジュースで茹でてあるそうです。そしてさらに野菜とオレンジビネガー
で和えてあるという徹底ぶり。「さわやかな香りですよ」ほんと!オレンジの香りぷ~ん!

その③びっくり
濃厚なチーズケーキをデザートに頂きましたが、これに蜂蜜をかけるともうトリプルびっくり。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち!→人気blogランキングへ

まとめ:

ゆったりとした気分で音楽を楽しみながらラウンジ的に食事もする、そんな気分のコンセプトに
ぴったりのお店です。貸切でパーチーなんかにもよさそうです。イギリス料理というのは結局
どういうものなのかよくわからなかったのですが、日本人にとっての洋食みたいな、ちょっとな
つかしいかんじがどの料理からも漂っていました。各国の味がミックスされてちょっとエキゾチッ
クなフレーバーもあって楽しめました。ごちそうさまでした!

by sokosoko6293 | 2006-11-15 12:41 | 西洋料理

「cicada」広尾駅から霞町交差点に向かい10分「分とく山」向かい

ちょっとまえこの地にレストランがありました。服飾メーカーがやっているイタリアンで名前は・・・・・
なんだっけな?あ~どんどん年とっていくととこうやって最近のことから忘れていっちゃうん
だね。と・・・朝からちょっと虚ろな気持ちになったところで、今日は「cicada」いってみましょう。
にほんブログ村 グルメブログへ

この店の売りは、モロッコ料理のタジンだと思うのですが、土曜日のランチはボリュームたっ
ぷりすぎる内容なためわれわれ(アラジン+友人)はひとつのコースをふたりでシェアしながら
食べることをお店の方に提案されます。乗った!
「コーヒーとデザートはおひとつつかつかないんですけど・・・」
「いや。大丈夫です。仲良くシェアします(と苦笑い)」
まずは炭酸水をもらいながら喉を潤し、テーブルを手を撫でると、随分使い込まれた木が和み
ます。オープンしたのはつい最近だと思ってたらもう3年くらいたつんですね。
にほんブログ村 グルメブログへ

そうだ。思い出した。ここにあった店は「イルピセリ」ビギがやってるお店でした。ふたつにこの
スペースを仕切ってあって、いま「cicada」の玄関がある側が小さなバーになっていて、夜中
でもそっちで酒を飲みながら「イルピセリ」から運んできてくれる「水菜とはまぐりのパスタ」なん
か食べたっけなあ。記憶って不思議!どんどん数珠繋ぎ。それでそれで・・・・
「水菜なんて食材をパスタに入れるなんてすごいね。それに夜中にこんなパスタが食べられる
なんて・・・・」
と感涙したものでした。ああ、あれからアラジンの中ではそんなに時間がたってないはずなの
に、世間では一杯の時間が流れたんですね。その間にも色んなものが生まれてはなくなった
んですね、きっと。其の頃、近所の北条坂を真っ赤なランドセル背負って「るるるるるん!」と
鼻歌歌いながら上靴振り回して上り下りしてた女の子(広尾在住)はきっと今では携帯のブライ
ンドタッチもおちゃのこさいさい、一月パケット代2万円請求なんてざら、もしかしたらそのために
チャットルームでバイトとかやってたりして・・・・ほんま世の中の移り変わりは速いのって話が
飛躍しすぎです。すまそん。
にほんブログ村 グルメブログへ



e0002541_11485318.jpge0002541_1149469.jpge0002541_11492978.jpg







このパンよ ダイスキなんすわ   あら塩もつけてどーぞだって  アラジンの娼婦風スパゲッティ
e0002541_11495388.jpge0002541_115069.jpge0002541_11502140.jpg







友人のクラブケーキジェノバ風   ミントとマンゴとバニラでおま  コーヒーはアラジンが頂き

cicada報告書:

社員教育が徹底しているのとそれぞれのスキル、経験重視の雇用制度が徹底している
のを感じます。外国の友人と行ったのですがお店のかたはみなそれぞれに英語を話しま
すし、外国人にも臆さずにきちんとした対応でメニューの内容を説明します。
曜日のせいか、女子同士飯率高し、あとは一人飯、家族飯・・・そのそれぞれのテーブルに
それぞれ気を配り、手元のグラスの水が途切れることは皆無です。なにかしてほしいときは
顔をあげれば必ず2秒以内に誰かに伝わります。気持ちよくご飯を食べるに必要な条件が
すべてそろっています。なにより覇気があります。お店のムードを作るのはそこにいる人なの
だと改めて感じさせられた次第です。
人気blogランキングへ
by sokosoko6293 | 2006-08-03 11:44 | 西洋料理

「OAK DOOR at グランドハイアット」

完璧な食事完璧なシチュエイションで楽しみたいときは「OAK DOOR」に行けば楽しめます。
友人とふたり飯!友人は「オマール海老がそっくり脱皮したような料理」をアラジンは「築地
ランチ」なるものを頼みます。おっと。トマトのガスパチョのようなものをメニューに発見です!
急遽アラジンはもう一品追加します。にほんブログ村 グルメブログへ
e0002541_19401559.jpge0002541_1940263.jpge0002541_19403813.jpg







 こんがり美味しく焼いたパン   爪の先まで肉を楽しめます   夏にぴったり甘いトマトスープ
e0002541_1941067.jpge0002541_19411280.jpge0002541_19412588.jpg







 静岡の塩トマト1/2でがぶり  めじなをかりっとグリルアボガドと 甘酸っぱいマンゴのタルト

感想:友人の頼んだ一品はまず絶妙でした。どうやってオマールの殻をここまで完璧に
割れるのか?爪の先のぎざぎざまでしっかり味と食感を楽しめました。(ちゃっかり試食)
ソースは甘酸っぱいパイナップルっぽいものだったような。そしてアラジンの頼んだトマト
づくしはスープもサラダも抜群!それぞれスイートトマトと静岡の塩トマトという別々の個
性のトマトを使用。まるで「トマトバー」にいるような気分でした。「めじな」はカリカリの表面
と身のしっかりした弾力性が口の中で静かにハーモニーを奏でます。
さらにマンゴは甘酸っぱくて食感もぱりぱりしゅわねっちりで、大満足です!

もうひとつ、ここのトイレはすごく大きくて清潔で気持ちいい!トイレの気持ちいい店って
なんか美味しくてホスピタリティがしっかりしてる店と正比例しているように思います。


にほんブログ村 グルメブログへ


人気blogランキングへ
by sokosoko6293 | 2006-07-17 19:35 | 西洋料理

[beacon] 渋谷

その昔「ランチョンレストラン」という完璧コンチネンタルブレックファーストを提供する
お店がありました。青山「こどもの城」のちょうど裏手のビルの1階です。ここが「bea
con」になりました。アメリカ料理メインで、肉がお奨めです。アラジンはここで「もち豚
のグリル」を頂きました。ブログランキング・にほんブログ村へ

最近よくあちこちで目にします、この「もち豚」その表現通り「もちもちしていて肉厚でジュー
シー」でホントに美味しいです。ふと厨房を見ると見覚えある顔が・・・前の「ランチョン」の
ときにも敏腕を振るっていたアメリカ人シェフがこのレストランでも。たくさんの若手日本人
シェフたちを教育すべく忙しく立ち動いている姿が印象的でした。しかし上半身はシェフの
あの格好で下半身はバミューダっぽい半ズボン。気合が入っているんだか抜けているん
だかわからない、その「肩に力が入ってなくて料理にシャープさが光る」かんじはこの「も
ち豚のグリル」でも味わえました。「サラダ」も頼みましたが「牛蒡のささがけのフライ」を
軽く上にあしらったり、ユーモアたっぷりの盛り付けも楽しめました。ボトルワインのセレクト
もばっちりでした。適価格で美味しいワインを選んで頂き非常に気持ちよく頂きました。

気になった点をふたつ。
力のある目配りの利くフロアの方とまだ慣れてない感のある人との差が激しくて、動きが
もたもたしている人に水をつがれたり食器を直されたりするときちょっと「はらはら」します。
これからもっとそういう人が成長して有機的に店が回り始めれば、料理自体も落ち着いて
ゆったり味わえるようになるのではと感じました。

もうひとつ。お店の照明、暗めすぎです^^;写真がどう撮っても「お化け屋敷チック」えーん。
アラジンはかねてから言ってるのですが、ゴハンを食べるときは料理がおいしく見える照明
がいいと思います。それはどんなというと、最低限のおいしく見える明かりの量と質があると
思うのです。手元さえもよく見えない明かりは料理を美味しく食べる上で不親切です。
ほんのりとグラスを傾けたときに見えるワインの色、新鮮な野菜の表情、もち豚のジューシー
さ、もっともっとこの目で楽しみながら食したかった。この点だけは非常に残念でした。

e0002541_1254655.jpge0002541_12541743.jpge0002541_1254274.jpg







外からも期待感を煽る演出     的確なワインのセレクト     焼きたての美味しいパンe0002541_1257346.jpge0002541_12571596.jpge0002541_12573064.jpg








トマトサラダも甘く美味しかった  牛蒡が乗った緑野菜サラダ    さっきのサラダもう一回e0002541_12594939.jpge0002541_130717.jpge0002541_1301785.jpg








もち豚のアップでございますが  サイドの玉葱でございますが   お塩以外暗くて見えないす

人気blogランキングへ
!!!!!

by sokosoko6293 | 2006-05-17 12:39 | 西洋料理

[シェ 松尾]広尾ガーデンヒルズ

食事というものは面白いもので、時に舌の上で美味しいものだけが美味しいとは限ら
ないのです。アラジン、最近富に思うことなのですが、美味しく感じる前後の絶妙なプロセス
というのが、食事をぐんとリフトアップしているように感じます。頂くお皿やテーブル、椅子の
座り心地、サーブするかたの笑顔、それら全てがちょっとづつ「料理」に加味されて「味」に
なる、アラジンは独断でそう断言したいです^^;ブログランキング・にほんブログ村へ

そこで「シェ 松尾」ですがガーデンヒルズ内の奥様の「憩いのスポット」として定着してもう
長い時間が過ぎていますが、この店のアラジンが思う素晴らしさは「素朴さと洗練の同居」です。
サーブするときのちょっとした「恥じらい」お店に溢れる「優しい気配」これはこの店を仕切る
女性マネージャーの「徳」のようなものが醸しだす世界だと思います。犬を連れた人を丁寧に
席に案内し、お年寄りには座りやすい席を誘導し、店を訪れた人の心に沿って優しくサーブして
くれる、このマネージャーの方の魅力が、、人を引寄せているように思えてしょうがないのです。
あるお客さんにとっては拍子抜けするくらいの「時代を意識してない感じ」が物足りなく感じると
きもあるでしょう。しかしこの時空を超越した「優しいバイブレーションの世界」アラジンには「
究極の憩い」に感じられるのです。ここに来ると、決まって食事をすることの「素朴な楽しさ」を
思い出せるのです。e0002541_025936.gif



今日は「野菜サラダ」「トマトたっぷりの野菜スープ」にしました。野菜尽くしですが美味しいで
す。美味しいものこそが身体にいちばんよい栄養となっていく、そんな気がしてきます。
ここの窓越しに並木の緑を見ながら「この景色も料理を美味しくしている大きな要素だな」と
思い、しばしアラジンは「ふ~」とため息をつきながら表を眺めるのでありました。
!!!!!人気blogランキングへ!!!!!


e0002541_0274377.jpge0002541_028096.jpge0002541_0281720.jpg







 海の幸のジュレ 濃厚です   特製マヨネーズがほんの少し    パンも安定した美味さ
e0002541_0313942.jpge0002541_032262.jpge0002541_0324919.jpg







ここで飲むとお水も美味しい^^   アラジン的メインのスープ      目から入るサラダ
by sokosoko6293 | 2006-05-15 00:02 | 西洋料理

「スペインバルでハッピバースデイ」紀尾井町

アラジンプロデユースの友人の誕生会が紀尾井町の「スペインバル」で行われました。
主賓の意向「スペイン料理のおいしいのが食べたい!」ということでアラジンの持ってる
少ないスペイン駒の中からここに決定しました。わいわい楽しく膝を突き合わせながら
おいしい料理をいただけてワインもリーゾナブルでおいしいということで気にいってもらえると
いいな。それでは開始です!


e0002541_10523787.jpge0002541_10525629.jpge0002541_10531925.jpg







紀尾井町ブルガリの斜向かい  店員さんは美しいスペインの方   店は大人気でいつも満員
e0002541_10551134.jpge0002541_1055251.jpge0002541_10553912.jpg







幹事が遅れて登場したら     グリル野菜やアーテイチョーク  白いんげんのサラダがそこに
e0002541_10581193.jpge0002541_10582446.jpge0002541_10583648.jpg







  蛸もあるでよ~          白ワインも冷えてるでよ~    トリっパぐれないようにね
e0002541_1103665.jpge0002541_1105152.jpge0002541_111673.jpg







ほぼ同時に赤も開けるでよ~   店はおしゃれなかんじだよ~     散らかす散らかす

e0002541_1134139.jpge0002541_1135310.jpge0002541_114460.jpg







出た!パエリア パエリア   隣のテーブルと仲良くシェアね   最後は恒例ハッペバスデイ

感想:「アラジン思うんだけど、あのお店の人たちがみんな出てきて歌うのってマニュアル
っぽくてどうかなと。お客さんもみんな拍手~なんてさ今さらどうかなと。だからアラジンが
今日はもっとシンプルに用意しましたのはこれです。どーぞ!」
ここでケーキとお店の人たち全員登場。~ハッピバースデイツウユ ハッピバスデイツウユ
ウ~と大合唱。お店のお客さん全員の暖かい大拍手。
「アラジン。うれしいわ。マニュアルでもなんでもいいじゃないの。暖かいもの。さんきゅう」
主賓のジェニファ(れっきとした日本人)はこう答えてくれました。いい会でした。スペインバ
ルのみなさん、お客さん、どうもありがとごじぇました。byたよりない幹事

人気blogランキングへ

ブログランキング・にほんブログ村へ
by sokosoko6293 | 2006-04-08 10:51 | 西洋料理

キュージーヌ・ナチュール「アーぺape」西麻布4-4-12  ℡3406-5406

「チャオベッラ」の姉妹店ということでどうなのかなあ?と前から興味はあったのですが
今日天気もいいし西麻布4丁目界隈をランチの店を探していてふと思いつきました。
たまたまひとつ席が空いて入れることになりました。ラッキー!人気blogランキングへ

パンと飲み物、サラダとパスタのセットで1000円です。アラジンは「セロリのアラビアータ」です。
「サラダ」のお皿には「カポナータと鰯とセロリとディリ」も乗っていて楽しめます。
味は全体的に薄めです。ここのコンセプトが「ナチュラル」ということなのでこれは当然でしょう。

e0002541_1349921.jpge0002541_1349214.jpge0002541_13493337.jpg







身体にいいものを食べている   身体にいいものを食べている    アラジンは今食べている
e0002541_1350597.jpge0002541_1351963.jpge0002541_13524840.jpg







フェデリーニくらいの細麺でぐー  食後のコーヒーも可愛らしい    これは頂いた名刺です

感想:アラジンは「チャオ・ベッラ」に関してはちょっとお店が暗いような気がしていて、余計
なお世話だと思いますが(すきな人がいっぱいいらっしゃると思うので)なぜか足が向かない
のですが、ここはこの「蜂のイラスト」に惹かれて前から一度伺いたいと思っていました。
行ってよかったです。なぜか明るいかわいらしさが店全体を包んでいます。実直で好きです。
味も「セロリ」をもうちょっと感じたかったけれど、それは贅沢というもの。麺も美味しかったし、
全体的にランチとしては大満足でした。次は黒板にあった「野菜のココット」を食べに夜に
来たいのだけどな。ブログランキング・にほんブログ村へ>←西麻布4丁目っていいな

by sokosoko6293 | 2006-03-28 13:46 | 西洋料理

加州グリル「YOSHI」麻布十番 2-7-2 ℡3470-7778

このお店のいいところを3点あげたいと思います。

①ボリュームがたっぷり
②グリルがおいしい
③オリジナルソースの充実
人気blogランキングへ

アラジンのオーダーは☆「15種類の野菜やハーブの入ったサラダ フルーツソース」
と★「グリル野菜のバーニャカウダ  八町味噌味」
どちらもかなりのおいしさでした。☆の「フルーツソース」はりんごをベースにマンゴや
パパイヤが入っているもの(うろ覚え。ヤバ。あれ?ホントにパパイヤだったかな・・・)黒胡麻も
香り付けでINしてます。★は野菜の甘さ凝縮!八兆味噌風味も美味い!かなりの満足度!


「アラジンの野菜探訪」    アラジン調査員
e0002541_10425197.jpge0002541_1043633.jpge0002541_10431967.jpg







15種類入っているらしいですよ 1,2,3,4,5・・数えます!  1,2、・・あ!バーニャカウダ

e0002541_10462830.jpge0002541_1046419.jpge0002541_10465739.jpg







こちらも驚くほどの大胆な野菜  裏側から観察してみましょう 側面からもじっくり見てみましょう



ブログランキング・にほんブログ村へ>
ばこっ(殴)!早よ 食べれ!!!

by sokosoko6293 | 2006-03-21 10:29 | 西洋料理

「アディング・ブルー」南青山    ℡5485-2266

東京を人の身体にたとえると、そこには見えないラインがあって、そのツボにあたる場所に
確実に人の集まるレストランがある!最近、ふとそんな勝手なロジックを発見して有頂天
ホテルなアラジンです。東洋医学には経絡という考え方があるらしいです。体内を走る道
というふうに考えられると思うのですが、その経路には数100のポイントがあるといいます。
普段都心の色んな場所を巡るたびに「どんなに頑張っても人が来ない場所」と「普通
にしていても人が集まる場所」というのがあるなあと漠然と感じていたのですが、今日ほど
それを感じた日はないです。本日の晩御飯はライカビルの「アディング・ブルー」です。

フード的には西麻布の「cicada」に似てなくもないです。アメリカ料理?フレンチ?もしく
はモロッコ料理??しろうとのアラジンには的確な表現ができないのが悔しいですが、
ディナータイムになるとこの店には続々と人が集まりだします。blue noteが隣にあって
同じ会社が経営しているからか、流れてきてる音楽の関係者がお客に多い店だと思いました。

アラジンが食べたのは「タジン」(ブログ仲間のみーさん

の記事から「cicadaでタジンを食べた話」を入手し、「タジン食べたいよ~!熱」がそろそろ
ピークになっていたので)あとは「タンポポのサラダ」ワインは一本「カリフォルニアnapa
valleyのもの」をいただきました。スパイシーで果実実もしっかりあるやつです。
パンもバスケットで頂けるのですが、ざっくりバターをサーブしてくれてこれが美味しいこと。
普段「野菜党」のアラジンはあまりこういった食事はしないのですが(どこがだ!)行くまでに
勝手に想像してた「ブルーノートがやっているレストランのイメージ」を遥かに裏切って
「サプライズの連続」でした。それと面白そうな人が集まる集まる。たまたまそういう日に
出くわしただけかもしれませんが。青山の経絡の中でももっともツボなスポットでの食事
かなり楽しいものでした。そのあと霞町のバー「アムリタ」でもう一杯飲みました。よい日でした!

            ☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★☆★
e0002541_223044.jpge0002541_223934.jpge0002541_224942.jpg







 たんぽぽ茎と半熟卵なり!  zenfandelの赤ワイン美味し!パンとバター濃厚でふくよかな味
e0002541_271360.jpge0002541_272224.jpge0002541_273320.jpg







鴨のスモークのサラダなり!  これがチキンのタジンです★    そして食後の散歩ののちに

雑感: ひさびさに飲んじゃいました★ 週の始まりから何してるんでしょ。でもハッピーオーラ
     を大量にプールできたので明日からまた頑張れそうです。

ブログランキング・にほんブログ村へ>←その調子!アラジン!
by sokosoko6293 | 2006-02-21 01:47 | 西洋料理

加州グリル「YOSHI」麻布十番 2-7-2 ℡3470-7778

このまえ行った「かどわき」の2Fです。笑顔の気持ちのよい「CPのよい店」でした。
「パスタランチ950円」をいただいたのですが、「カレー風味肉のスパゲッティ」と
「ツナとナスのトマトソーススパゲッティ」に更に「もりもりのサラダ」と「スープ」が
ついていました。HPによると「欲張りなパスタコンボ」ということですが「看板に偽り
なし!」です。味もカリフォルニアらしい味でイタリアンとは違う「ソースのダイナミック
さ」を感じました。なによりお店の方が「気持ちよい応対」をしてくださるので居心地のいい
時間を過ごせました。ただひとつだけ、料理の内容とはまったく関係ないのですが、
ガラス窓の「サッシの横線の部分」がちょうど着席すると「目の位置」に来るのです。
なのでせっかく窓がワイドにオープンになっていても目の部分だけが「未成年容疑者」
状態になってしまい、パスタを食べながら「ひょっこりひょっこり」頭を上げ下げしないと
外が見えないっちゅうのが超残念でした。って、何を突っ込んどんねん。忘れてください。
カジュアルな雰囲気で世界各国の素材を用いたカリフォルニア料理が楽しめる」というこ
となので夜も行ってみようかな。お酒もいっぱいありそうで23時半がLOらしいですよ。


e0002541_15191044.jpge0002541_1519205.jpge0002541_15193220.jpg







カリフォルニアっぽい!フラッグ  魚貝の出汁がほのかに・・    山盛りのサラダが嬉しいっす
e0002541_15212988.jpge0002541_15214245.jpge0002541_15215321.jpg







いやあ!贅沢なパスタコンボ   クリーミーなトマト風味・・     カレー味のパスタ癖になりそ

一言: すっかりお腹満腹寺になってしまいました☆
ブログランキング・にほんブログ村へ←容疑者にぽちっ!

by sokosoko6293 | 2006-01-30 15:14 | 西洋料理