<   2006年 11月 ( 36 )   > この月の画像一覧

関西人アラジンも唸る蕎麦屋「竹やぶ」六本木ヒルズ

昼間に鴨一匹フランス男ふたりで食べたアラジンは(下の記事参照↓)さすがに夜はちょ
っと抑えて行きましょうということで、六本木ヒルズの「竹やぶ」で「にしんそば」をひとりで食べる
ことにしま
した。
この店のコーデイネイトなんですが「ガウデイ建築と土曜ワイド劇場に出てくる洋館の洋間と清
里の手作りビードロ教室」とかが一緒くたになったようなはっちゃけたレイアウトですが(わかりに
くいとたとえですまそん)味は素晴らしいです。

蕎麦のつゆは濃いですがなぜか関西人のアラジンも「せいろ」おいしく食べられちゃいます。蕎
麦がとにかく薫り高くて美味しいのです。アラジンの食べ方としてはまずは「野沢菜の酢漬け
」「ごぼうのてんぷら」で「えびすビール小瓶」を頂きながら、ゆるりと時間を過ごし、それから
件の「せいろ」に進みます。それから〆が「にしんそば2100円」これは店の前のお品書きだけ
見ると「2100円、うえ、高え~!」と一瞬思うのですが、実際にこれを味わってみるとそれが高
くないということに気づきます。にしん大きいし、蕎麦と別々に出てくるので、自分でカスタムしな
がら食べる美味しさは最高です。

今日始めて頼んだ「野沢菜の酢漬け」が癖になる味で、ちょっとしょっぱいし酢漬けだけあって
酸っぱいのですが、食べ進むにつれてだんだん「これなしでは生きていけない体」になってしま
うので要注意(笑)
「ごぼうのてんぷら」は皮そのままでさっくり揚げたてんぷらごぼうです。マクロビオテイック料
理!これ用の塩が一応一緒に出てきますがそのままでも充分にごぼうから旨味甘みでてます。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

「せいろ」の前のこの二品で既に幸せな気分に浸れます。そこに「せいろ」でしょ?そのあとに
「にしん」でしょ?「にしん」は一匹がほぼそのまま。自分の箸でつつきながら好きなふうに酒の
つまみ風に頂き、温かい蕎麦はプレーンでまず一杯頂き、そのあとに徐々ににしんを投入する。
最後は結局にしん一匹INな状態になるのですが「そろそろ」味わうと味わいも格別にふくらみ
ます。器にしっかりついたにしんのエキス、それとせいろのつゆとにそば湯を注ぎながら交互
に楽しむというフィナーレもそのあとに待ってます。

e0002541_2141796.jpge0002541_21412346.jpge0002541_21414391.jpg







野沢菜の酢漬けでございます  ごぼうのてんぷらでございます  お酒は小瓶の生がいい~~e0002541_2142153.jpge0002541_21421610.jpge0002541_21423577.jpg








せいろのつゆ薬味準備入ります  せいろお待たせ致しました  次はにしん一匹まるごとです
e0002541_21432425.jpge0002541_21433962.jpge0002541_21435540.jpg







こんなにしん見たことないすよ! 温かい蕎麦最初こんなかんじ 徐々ににしんや昆布入れると
e0002541_21443617.jpge0002541_21445541.jpge0002541_2145177.jpg







そば湯も待っとるでよぉぉ~~  2タイプ堪能してくださいませ   こりゃ大満足お腹も一杯だY

アラジンのひとこと:

蕎麦屋にはここでしか味わえない幸せがある。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

by sokosoko6293 | 2006-11-30 12:46 | そば・うどん

鉄砲で撃った鴨一匹食べちゃった!「カーエム」恵比寿

今日は昼間からフランスレストランマネージャーのピエール(仮名 れっきとした日本人)と
アラジン(仮名  これまたれっきとした日本人)のふたりの仮名フランス人男子がふたり飯
です。一ヶ月以上も前から「いこうね~」「ね~」と約束をしていた仲良しランチなのです。え
?気持ち悪い?はい(笑)たしかに。これだけ聞くとそうかもしれませんが、実はアラジンが
まえからたまに伺うフレンチに彼が勤めていて、美味しいもの談義をするようになってから、
毎回テーマを決めて美味しいもの、気になるもの、なかなか普段は行けないレストランを探
検しようということになったのです。一回目が白金のフレンチ「カンテサンス」探検は大成功
でした!そして2回目の今日のランチがこのKIYOSHI MIYASHIROシェフのお店「KM」
なのでありました。ジンジャーケーキでも有名なのでご存知のかたは結構いらっしゃるかも。

案の定全然こっち系の知識に疎いアラジンはピエールから「KM」の話を聞いたときに「何そ
れ?京都のタクシー会社?」自分でも情けない。それは「MK」だろっつうの(自分に失笑)
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

せっかくなので鉄砲で撃った野生の鴨を一匹丸ごとふたりで頂くことにしました。血とワインを煮詰
めた濃厚なソースで。ジビエですね。ネビエじゃないっすよ(笑)そしてアラジンは前菜に「葡萄
の葉で包んだやまうずらのロティ」を頂くことにしました。ワインはピエールのお見立てで「暑い
夏だった1998年のSAVIGNY-LES-BEAUNE”LES PLANCHOTS”がいいのでは。
重くてしっかりしているのとかって夜のほうがいいでしょ。だから今日は味わいをじっくり楽しみ
ましょう!」は、はい、ピエール(汗)そんでもってアラジンちょこっとトイレに行く為席を立ってい
るあいだになにやらシェフのKIYOSHI MIYAHIRO氏がピエールに何か布で包んだ怪しいも
のを見せているではあ~りませんか?帰ってきたアラジンすかさず「なになに?」と覗いたら
ぬあんとそれは「鴨の死骸だった~~~~~~っっっっ」ぎょえ~~~ひぇ~~~一羽丸々。
あたかもさっきまでパタパタやっとったみたいな羽が静かになって、かかかかか、か、鴨、か、も??
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

あ。失礼しました。あまりに静かにお亡くなりになっていた羽の部分が見えましたもので、こほ
ん、ついアラジン取り乱してしまいました。ピエールそんなアラジンをちら見してこう言いました。
「羽ついた単なる死骸ですよね。あれがシェフの手にかかるととんでもない美味しい一皿に変身
するんですよ(うっとり)あっ。死骸の写真も撮っといたほうがよかったですか?戻しましょ・・」
いえいえいえいえ、ノンノンノン、い~りませんい~りませんですyyyyy(うろたえて小文字になっ
てしもたy)
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

e0002541_187502.jpge0002541_1882737.jpge0002541_189332.jpg







ひとくちリエットみたいなの出た 温かいシャンピニオンスープ  出た!あ、足、うずら、ぎゃえ!
e0002541_18102247.jpge0002541_18103917.jpge0002541_1811491.jpg







血でねっとり鴨でございまする  それだけやおへんで砂肝だす  あっもう結構です 珈琲で一服
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

アラジンの食後の感動:

むちゃくちゃあっさりしててどれも美味しかったです。うずらはさばさばしてて葡萄の葉が少し
塩が効いているので時々はさみながら食べました。鴨はとにかく油なし!赤身赤身赤身!&
皮!素晴らしい!そしてソースのねっちり感、美味し!
「これは一日煮詰めてますね。赤ワイン。そして血。そして鴨の煮汁でしょうね」とピエール。
そ、そっすか。やっぱり養殖ものだと脂がたっぷりなんですね。これは野生のホンモノの鴨
つうことで、ほんとにヘルシーで味わい深いし、ワインにむちゃくちゃ合う。
「今東京のレストランはどこも美味しいですよ。でも鴨をちゃんとさばいて美味しく料理できる
シェフっていうと限られますね。これはかなり美味いですよ」とピエール。

今度は広尾のフレンチ「アラジン」?それともイタリアン「acca」?ふたり食いしん坊飯第二回
目は無事に幕を閉じました。玄関まで丁寧に送ってくださったmiyashiroさんにピエール質問。
「お正月の御節って今からでも頼めるんですか?」
「ええ。やってますよ。桐の箱にお入れしてます」
「デパートで販売してるものとこちらで購入するものとでは違うんですか?」
「え?ええ。違います(笑)」
「今からでも遅くないですか?」
「遅くないです(笑)」
アラジンはただただふたりの会話を目をぱちくりしながら口をぽかんと開けて聞いているだけ
でございました。玄関には雑誌が開いてあって「松任谷由美さん、本庄まなみさん、はなさん
などがおすすめのKMのジンジャークッキー」という記事が特集されてました。
ショーウインドウのケースにおいしそうなそのイチモツが展示してありました。おもわず購入し
そうになったアラジンはなんとか自分を抑えました。今日はうずらと鴨で充分!こんな経験
できただけでもすごいことなのにジンジャーケーキなんて滅相もない。ピエールありがとう!
そしてMIYASHIROさん、ごちそうさまでした。直接オーダーを取りに来てくださるそのお姿、
格好よかったです。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ


渋谷区恵比寿西1-30-14-102

℡03-5784-5883

KM(要予約)


lunch  12~15時
dinner  18~23時

定休日 月曜日

by sokosoko6293 | 2006-11-29 16:41 | フレンチだって食べるもん

あんみつアラジン参上「舟和」六本木ヒルズ

最近のアラジンは甘いものにはぁっはぁっな日々が続いてます。何日か前にタリーズの
やっている和のスィーツの店でわらびもちを食したのですが今日は羊羹でお馴染みの「舟和
」であんみつにチャレンジしてみたいと思います。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

e0002541_142738.jpge0002541_144422.jpge0002541_1113553.jpg







はぁっはぁっはぁっはぁっはぁっ  甘いもんくで~~~~~~    チョコレート羊羹サービス
e0002541_112647.jpge0002541_1121924.jpge0002541_1123333.jpg







やっぱりここに来たら芋ようかん  あんみつセット頼みました   キウイ一日2個食べる体にe
e0002541_1131714.jpge0002541_1132818.jpge0002541_1134025.jpg







結構思ったより噛み応えあるY 黒蜜かけて甘い~けど美味い  目の前にこんなスタンドグラス

率直な感想:

あんみつの存在、羊羹の存在をついつい普段の生活で忘れていました。美味しいものですね。
でもさすがに完食はできなかったです。ひとり舟和。ひとりあんみつ。ひとりキウイジュース。
ひとり芋羊羹。アラジンのまわりには異様なひとり汁が充満していたに違いありません。ふん。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ


by sokosoko6293 | 2006-11-29 11:13 | cafe飯

アラジン的殿堂入りのカジュアルオステリア「ナカムラ」六本木

いや、ここんところ食に対するテンションがちょっと落ちてたなって認めざるを得ないくらい「bingo」
のご飯を食べて、ひっさしぶりに食の闘志にめらめら火がついたかんじがします。
当たり前のことなんですけど、今日食べる食事は最後の晩餐になるかもしれないわけですよね?
ま、こういう言い方って究極すぎるけれど、今日食べるものに慈しみと感動を持って食べ
るという「アラジンのごはん日誌っ2」のスローガンを最近の忙しさでなんとなく忘れそうになって
いました。いけんよ。アラジン!めっ!食の戦士、食いしん坊党の党首としてあるまじき行為だ
よ!頑張れアラジン!

よ~し。そんなわけで「まあ、いっぱいだろうな」とか「どうせ入れないよ」とか先入観で決め付けずに
「オステリア  ナカムラ」に「ういっす。ひさしぶりぶり!」みたいな軽~~いノリで℡をしてみまし
た。するとどうでしょう!「いいですよ。おまちしてま~す」とのこと。ほら。アラジン!℡してみな
きゃ始まらないでしょう?!はい、ホントだね。今夜はウキウキ、「オステリア ナカムラ」でカウ
ンターデイナーです。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

e0002541_1856452.jpge0002541_1857243.jpge0002541_1857193.jpg







いいなこのいかにもなかんじ   スプマンテで一息してからね     炭酸のお水も頂きます
e0002541_1858637.jpge0002541_18582039.jpge0002541_18583523.jpg







白ワインのグラスはあっさりのを 冷製牡蠣に温かい青菜乗せ   パンも幾つでも食べられます
e0002541_18592838.jpge0002541_18595457.jpge0002541_190695.jpg







牡蠣のこの肉厚 うんま~い  蟹とポロ葱のイカ墨タリオリーニ 温かい海の幸口でダンスする
e0002541_1904784.jpge0002541_191457.jpge0002541_1911994.jpg







モンテプルチアーノに切り替え   牛ほほ肉の焼きテリーヌ    中にレンズ豆もはいっとるでよ
e0002541_191598.jpge0002541_1921077.jpge0002541_192255.jpg







デザートは旬の西洋梨でおま   シンプルで素材を殺してない  スープの最後の一滴までね
e0002541_1931710.jpge0002541_1933553.jpge0002541_1935973.jpg







さ、ミントテイーで一服してミント あれ、余所見してたらサプライズ このケーキ持ち帰りしまひた

にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

食後の感想:

シェフの数だけ王道がある、ってホントっすね。このナカムラさんの作る料理にはここでしか
味わえない魅力がある。「牛ほほ肉&レンズ豆の焼きテリーヌ」なんて「フレンチ食べに
行った時にどうしても忘れられない味があったので、それを自分でイタリア風に創作して
みたんです」ということらしい。外側は焼いてあるので香ばしくぱりっとしているので、きん
つばみたいな食感。かじると中からたっぷりのほほ肉の赤身とレンズ豆が出てきます。
豆スキであり肉スキである人にはたまらない一品でしょうこれは。パスタも「和」の食材を
うまく使っていいかんじのやわらかいハーモニーを醸し出しています。そして順番は逆に
なっちゃたけど牡蠣。あらかじめ茹でてそれをオイルに漬けて冷やす(だったと思う。違っ
てたらすまそん)そして温かい青菜を上に乗せてバルサミコ酢で味付け。温かいのと冷た
いもののブレンドもイヤミがなく牡蠣のおいしさがひきたって◎!
デザートの西洋梨はシーズンです。食感をうまく残してコンポートにされています。この店
やっぱりスキです。立地も店の大きさもナカムラさんご夫妻のかんじもなんかとても自然
体でいるだけですごく安らげるのです。でも「確かな裏切られない味」というところの説得力
が一番の魅力だと思います。彼は一匹狼な印象を受けます。アラジンは「ナカムラ」を自信
を持って「殿堂入り」にカテゴライズしたいと思います。
にほんブログ村 グルメブログへ←殿堂ぽち→人気blogランキングへ

by sokosoko6293 | 2006-11-28 19:31 | アラジン的殿堂入り

おばあちゃんの原宿「巣鴨」でブレイク「古奈屋」六本木ヒルズ

昨晩の美味しいごはんの余韻がまだ残っているアラジンです。ごはんって食べたあとにず
っとその印象が舌と脳に残るもんですね。美味しいごはんは特にずっと長く。
ランチを食べに車で自宅を出たものの麻布十番を一周して広尾から西麻布を一周して青山を
旋回してから又ヒルズへ。結局お腹はぺこりんこ大王なのだけれど、どれを食べても昨日の
余韻が消えそうで、次に食べるものが思い浮かばなかったのです。最初パスタにしよう思ったの
ですが、きのうとかぶるし、和食かなあ~、とんかつ?違うな。そば?違う。そうこうしているうち
このまえある筋から聞いて気になっていた「古奈屋」というスープカレーのうどんの店に行って
みることにしました。

1983年、古奈屋は巣鴨のとげぬき地蔵尊脇で生まれました。仕込みと研究に4年もの歳月
をかけて出来上がったルゥ大柴は現在でも多くのお客様にご好評頂いております。(レトルト
パックの宣伝文句から抜粋。一部アラジンの脚色あり^^;)
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

アラジンは「カレーもちうどん」に挑戦。ちょっぴり喉が渇いていたので「生ビール」も注文です。
e0002541_19101479.jpge0002541_19103578.jpge0002541_19104759.jpg







日比谷線六本木駅に近い側   まずは生小ビール注文です    カレーがとぶのでエプロン
e0002541_191189.jpge0002541_19112145.jpge0002541_19113468.jpg







さあ来たよ「カレーもちうどん」   へ~シンプルなルックスです   どれどれ 麺はつるつるす
e0002541_19184978.jpge0002541_191917.jpge0002541_19205269.jpg







スープは最初マイルド後から辛! もちはサトウの切り餅かな?  スープの残り さてどうする?
e0002541_19211369.jpge0002541_19212443.jpge0002541_19213575.jpg







じゃこご飯250円を追加したよ で、じゃこ食べたあとのご飯を スープカレーとともに「にゃ~☆」

アラジンの感想:

ここのルゥ大柴は「本鰹、ぶり」などの削り節が入ってるので「和」な味がするので、白いご飯
と混ぜ合わせた最後の食べ方が一番相性がよかったです。麺は「中卯」とかで食べるうどんの
麺に似ています。つるつる。もちは切り餅ですね(笑)肝心のスープは時間がたてば口が慣れ
てきて「悪くない!」と感じましたが、わざわざ「うどん」と合わせることもなかったかな?

にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

by sokosoko6293 | 2006-11-27 20:48 | そば・うどん

出た~!ひさびさの殿堂入り!「bingo」日赤通り

風邪引きアラジン。あいかわらず一人ぺこりん腹を抱えながら街を歩いておりました。あ~~あ、
マッチは売れないね~。マッチはいらんかえ~マッチ一本火事の元~by明菜ってな~~んの
こっちゃ~~。ありゃ、おまけに雨が降ってきた~。濡れちゃうよ。もう。とほほほほだよ。

ごほんごほん。泣きたいような気分で西麻布4丁目あたりの通りにさしかかったときでした。香港
ガーデンあたりの路地からいいかんじの香りが。香ばしいなんともいえないこの、くんくんくん、
どっかでよく似た匂い嗅いだことがあるけんど、アラジン空腹と寒さのために頭にすぐ浮かびませ
ん。この香り・・・そ、そ、そうだ、カレー粉の香りです、かりっとあがった「あなごのフリット~~
~!!!」ピンポンピンポン!!!!日赤通りのイタリアン「bingo」で昔頂いたことがあるフリット
に似てるんだY。雨に~濡れなが~ら、佇むアラジンがいる~てなわけで(どんなわけだ)bingo
にいてもたってもいられずその場から℡してみました。そうすると、ぬあんとっっっ℡の向うから
「あ。いいですよ。おひとりですか?もちろん大歓迎です。じゃ、お待ちしてますね」
だと。うっ~うれじ~たのじ~だいすき~はドリカム~ボケが中途半端~ほっとげ~でもよかったぁ!
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ
e0002541_124536.jpge0002541_1241947.jpge0002541_1243053.jpg







biは~~bingoのbi~~~       nは~~bingoのn~~~     goは~~bingoのgo~~~
e0002541_1294322.jpge0002541_129549.jpge0002541_1210725.jpg







スはスプマンテの もうええY  イサキとアオリイカカルパッチョ   サンペリグリ~~~~ノ
e0002541_12104392.jpge0002541_12105644.jpge0002541_1211884.jpg







 フォカッチャ~~~~~    旬の蒸し野菜 軽いチーズソース  肉のミストまず牛と豚から
e0002541_12113964.jpge0002541_12115248.jpge0002541_121251.jpg







名古屋コーチん!涙がでちゃう      農家のサラダ      蝦夷鹿にベリーのジャムのせ
e0002541_12124143.jpge0002541_12125743.jpge0002541_12131071.jpg







イノシシは刻みりんごソースで   空豆ピュレとくたくた野菜    牡蠣のパクチージェノベーゼ
e0002541_12134396.jpge0002541_12135847.jpge0002541_1214105.jpg







何層にもなったりんごのパフェ   レモングラス&ペパーミント    金平糖&黒糖&ナッツ


アラジン報告書:

今回カテゴリーひさびさの「アラジン的殿堂入り」にしました。なぜなら最初から最後まで
まったくぶれなくサプライズの「おいしー!」が途切れなかったから。もともとアラジンこん
なに食べない人です。でもここだと食べたくなる。今夜頼んだのはセット(7piatti 6500
yen税込み)

まずこの店のコースのシステムのおさらいをしましょう。ここのコースはお客様の入店時
にシェフの作っていたものから始まります。お店にいるお客さん全員がほぼ同じお皿を同じ
時間に頂くというシステム。まさに何から出てくるのかビンゴ感覚!この日アラジンはカル
パッチョ→旬の蒸し野菜→肉のミスト群→農家のサラダ→くたくた野菜→牡蠣のパスタ→
デザート→お茶 という流れでした。

正直に書きます。店、てんぱってます。厨房は小林シェフ(だったかな?)ともうひとり弟子
の修行中の女の子。真剣なもの創りゆえか強面のシェフ。弟子がまだチョットトロイ。完全
にシェフの前で盛り付けるとき萎縮して震えてます。
フロアはひとり。元HIROにいらしたかた。(小林シェフもHIROにいらっしゃいました)ビンゴ
なシステムを客全員にちゃんと緩急をつけながら配膳しなければいけないので、かなりてん
ぱってます。カウンターでひとり飯するアラジンの前で一瞬小声で自分に言い聞かせるよう
に「あ~いよいよこんがらがってきた」と独白されてました。頑張れ。おもわず自分の食べた
皿を取りやすい場所にかたします、アラジンも。なんだか一緒に店をやってるかんじ。小林
シェフの奥様が内助の功、というか半分フロアも手伝ってるので外助の功なんだけど、彼女
の機転の効いた応対がそんなてんぱった店のわずかな「潤滑油」になってます。

しかし許す!水が出てくるのが遅れても、多少フードのリズムが狂っても、許す!なぜなら
おいしいから!←単純明快(((((^ニコニコ^)))))
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

カルパッチョはコリコリ食感。蒸し野菜はよくぞここまでというセレクト。肉は牛よし、豚のサルシ
ッチャよし、鹿もよし!コーチンよし、イノシシもさっぱりしててよし!一口ずつ肉ミスト(網焼き)
をこんなに食べられるしあわせ。空豆のピュレはちょっとしょっぱかった。でも牡蠣のパスタ。
これ強力。ジェノベーゼな味付けなんですが、パクチーでやってるんです。まいった!牡蠣も
小ぶりのもので「これ、しじみ?」くらいなんだけどその特性をうまくいかしてぱくぱくいけちゃう。
ぱくちーだけに(笑)ももええちゅうねん。デザートのりんごは、上がクリーミーなメレンゲ、でそ
の下がやわらかくしたシナモンのアイス、そしてその下がりんごを焼いたもの!苦いくらい香ば
しい!かき混ぜると、その下のグレープフルーツムース?やタピオカが混じって苦いし甘いし
爽快だし遊びあるし!格別!ふわふわなメレンゲも涙チョチョリ~ナ←ちょっと興奮でコワレギミ

お客のスタンスとしては「なにをしてくれるの?なにをたべさせてくれるの?」な受け身でマグロ
的アテイチュードで行くと、細かいチェックポイントはあるのかもしれないけれど、純粋ポジテイ
ブ系食いしん坊のかたにわいわい行っていただくと盛り上がること請け合いです。なんせ、むっ
ちゃうまい!それだけっすから。このシェフ、すごいっす!なぜ「殿堂入り」かわかっていただけまし
たか?長くなってすまそんでした。笑って(((((^許して^))))))



訂正:「りんごのパフェ」の一番下は、アルギン酸で粒状にしたりんごであって、グレープ
フルーツではありませんでした。

by sokosoko6293 | 2006-11-27 13:20 | アラジン的殿堂入り

「イル・バンビナッチョ」日赤通り

おばこんばんわ。「プラダを着た小悪魔」ことメリル・アラジン・ストリープです。生足だけは勘弁
なの~って、な~~んのこっちゃ! すまそん。なんだか最近寒いっすね~雨なんか降ってきちゃ
た日にはもう心までツンドラしちゃってさ。あ、どっこいさ。こほん。支離滅裂ですが、冬が近いと
いうことだけは確かなようです。あ、さてさて、今日はひさしぶりに「イル・バンビナッチョ」でのピ
ースフルランチのご紹介です。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

e0002541_22411086.jpge0002541_22413025.jpge0002541_22414811.jpg







時空を超えた静寂が支配する  洗練された光の射し込む店内  一歩中に入れば来てよかった
e0002541_22575997.jpge0002541_22582553.jpge0002541_22584989.jpg







心の奥からそう思える場所です ツナときのこのトマトソースす  あまりの心地よさにおもわず白
e0002541_22594094.jpge0002541_22595430.jpge0002541_2312156.jpg







くるくるまるめてふ~ふ~して  あっというまに紅茶のケーキだ これ幸せと呼ばずして何と呼ぶ

アラジンの述懐:

あ~、トマトとツナときのこのなんという絶妙なハーモニー。口の中にほわんと幸せの種が舞い
降りたような気さえします。麺の湯がき汁とトマトソースが入り混じった汁気たっぷりのソース!
純製日本人アラジン・ストリープの心をぎゅっと掴みました。
紅茶のケーキも香ばしさ、爽やかさ、重みが渾然一体となって、シンプルな一品ながら・・・唸り
ます。王道です。はずしなし。というわけで「イル・バンビナッチョ」でのピースフルランチ終了!
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

by sokosoko6293 | 2006-11-27 11:04 | 後悔しないイタリアン

出た!タリーズの抹茶カフェ「KOOTS」麻布十番商店街

食後に茶~でもしよっかなと。浪花家のタイヤキでもひさしぶりに食べようかなと。でも15分待ち
とかだったのでてくてく商店街をお散歩と相成りました。急に寒くなったでしょう?ってアラジン
誰に話しかけてるんでしょう。上着の選択がむつかしくて、ちょっとブ厚めのダウンジャケ着て外に
出ると汗かきまくりで風邪ひくし、ちょっと薄めコートにした日に限って心筋梗塞になりそなくらい寒
いし、どないせ~っちゅうねん!不安定な季節の変わり目です。こんな日には甘い「和もの」で
血糖値を上げたいと思いながらしばらくうろうろしていたのですが、この店新しいのかな?見つけ
ましたとも。お店の人に聞くと国内でも店舗はまだ少なくて海外ではシアトルに一店舗だけあると
いうことでした。シアトルっと聞くとおや?と思うのはアラジンだけはないはず。すかさず
「スターバックスとはなにか関係があるんですか?」
と聞いてみると「いえ、」と否定した上で「タリーズってご存知ですか?あそこの兄弟会社なんで
すよ」ということでありました。あのフレーバーコーヒーの発祥の地に抹茶パフェとかわらびもち
とかが並んでるテイクアウト式の店を作るなんてさすがアラジンご贔屓筋のタリーズ。目の付け所
がシャープ→だね!
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

さっそくアラジン一行は2Fで抹茶することにしました。(茶するじゃなくて抹茶する、ね!)店は2
F3Fとも大流行で超満員です。女の子ふたり連れや女の人ひとりで本を読みながらや女の人
女の人女の人女の人、女、女、女、女、たまにおばちゃんも、いや失敬、いずれにせよ女女女湯状
態。こういうのをキャッチする感覚って完璧女性ほのうが早いよね。もしかして男って食には鈍
感????なわけないと思うんだけど、おいしいものとか今までにない新しいものとかに対して
偏見なく進んでいけるのって、女の人のほうが貪欲な気がする。今日もアラジンは女性と一緒じ
ゃなきゃ「なんだよこの店~聞いたことないよ~はずすの嫌だしさ~~」とかさんざんダダこねた
挙句の果ていつも行くよな安全パイ店にきっと入っていたと思います(笑)食の冒険て意外にむつ
かしいんですよね、男にとって(笑)そんなわけで女湯をかきわけながらアラジン探検隊は席を
なんとか確保。いざいざ味見と相成ったわけであります。いっただきま~~す!
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ
う、うまいっす。ちょっとだんごは固かったけれど、パフェやわらびもち、なかなか悪くないっす。
タリーズの感覚で「和」を楽しめるっていうのもっと早く誰かが気づいていてもおかしくなかった
のに今までなかったですね。純粋に「和」を楽しむというよりはスタバ、タリーズ感覚で味わうっ
ていうのがポイントですな。ゆず茶は薄かった、と思ったら底に蜂蜜がたまっとった。あわてず
にゆっくりじっくりかき混ぜてからふ~ふ~してくださいね。ふと周りを見回したらみなさん静か
にまったり「和」をたしなみながら「ほっと一息」されてました。

e0002541_17584433.jpge0002541_17585886.jpge0002541_17591284.jpg







入りやすい入り口のかんじです  これはプレーンのだんごです   ゆず茶をアラジン頂きます
e0002541_17595295.jpge0002541_180452.jpge0002541_1801926.jpg







これは抹茶ラテだったと思う。  じゃじゃじゃじゃん 抹茶パフェ わらびもちのあで姿でござい

アラジン情報:

ほかにも煎茶、黒蜜ラテ、おはぎ、ANどら(どらやきのこと)、おにぎり、稲荷、野菜と豆乳の
ヘルシースープなどがあります。西洋と東洋、今と昔、WABISABIとVIVID。お茶を通じて
食文化を彩るがこのお店のテーマです。こりゃありがたいY これからちょこちょこ立ち寄って
みよっと。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

by sokosoko6293 | 2006-11-26 22:03 | cafe飯

黒澤明監督の息子さんの店「くろさわ」麻布十番商店街

つまり黒澤久雄さんのお店ですね^^;「黒澤家の漬物」なんていうメニューがあったりして
なかなか楽しいラインナップだったりしますけど、アラジンの一番のお気に入りはいつも
ワンパターンながら「黒豚のカレーうどん」です。だいたい黒豚とカレーを入れた時点で
うどんの美味しさは捨てたと思っていい!そういううがった見方で食べると、これがなんと意外や意
外、麺のコシミハルもしっかりあって「きまぐれハイウエイ」つうかもうなんつうか「もう!こんな
に美味いんなら美味いって早く言えよ。ほんとに意地が悪いんだからっ!」と隣の知らない人誰かの
肩をつねりそうになります。美味しいと思った人がみなそうして頂けると世界は平和に0,000
0001歩近づけるんではないでしょうか?近づかんっちゅうに^^;
一方「黒澤家の漬物」は程よいつかり具合の白菜ですが、その上に乗っているのはねぎに見え
ますがねぎではなくて、万願寺系唐辛子でした。一緒に行った友人たちは「げっ」とか言って口
からだしてたけんど、おいしさのわからんやっちゃ。アラジンは「これがあの、黒澤家のね〜」っ
とかつぶやきながらしっかり味わいカルピスしながら美味しく食べれました。
アラジンみたいなタイプの人間って結構、訪問販売とかされるとすぐ買っちゃうタイプなのかし
らね。んちゃ!
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

e0002541_0524365.jpge0002541_0531456.jpge0002541_0532583.jpg







ほうじ茶でまず気を鎮めますね   黒澤家の白菜の漬物です  黒豚の甘味噌 タイトル失念
e0002541_0541391.jpge0002541_0543663.jpge0002541_0562243.jpg







ざるうどんの薬味とタレがきます 冷たくて腰のあるざるうどんす そんなことしている内にいよいよ
e0002541_0573852.jpge0002541_0575043.jpge0002541_0581411.jpg







ま 一服飲んで落ち着きましょ  黒豚カレーうどんキタ==== 黒澤だけに黒豚 あのもしもし

感想:
ざるうどん(550円)も是非、食べてやっっしおくれやっっしごめんやっっし。麺のコシミハルが
しっかりあってこちらもおもわず「きまぐれハイウエイ〜明日は明日で、ははんはん〜」と歌っちゃう
美味しさです。若干固茹でっちゃ!それがうまいっちゃ!麺のおいしさをDNAにしっかりぶっこ
んでからメイン扱いの「黒豚のカレーうどん」を食べるとうどんの食感が口に残っているので
より「黒豚カレーうどん」が味わい深いものになります。まさに「うどん革命」です。
「あ。カレーの中にパプリカがはいってる」と突然に素っ頓狂な友人の声。
そうじゃよ!今頃気づきおったY。ふふ。おいしいものを食べているときは人間は仏様になりま
すね。アラジンも友人たちも、にこにこ顔!とても楽しい時間でした。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

by sokosoko6293 | 2006-11-26 10:35 | そば・うどん

スパゲッテイと洋食の組み合わせでぐ~「大越」一の橋

動機:
スパゲッテイをごはんの代わりにしてメインのどれか、たとえばアジフライだとか蟹クリー
ムコロッケとかだとかを選んで自分流の組み合わせプレートをつくる「大越流」のメニューを
思い出しては無性に食べたくなり~それが最近ちょっとづつ自分の中で積もり積もってがまん
の限界に達していました。本日満を持して夢を果たしに「大越」に。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

e0002541_0201947.jpge0002541_0204931.jpge0002541_0212053.jpg







風格すら感じる洋食界の王様  さてとどれにしようかな?迷う 牡蠣フライ&イタリアン(アカ)に
e0002541_022981.jpge0002541_024068.jpge0002541_02416100.jpg







コールスロー250円追加注文  壁に牡蠣の模型がくっついて へへ蟹クリームコロッケ一個追加
e0002541_0245420.jpge0002541_025791.jpge0002541_0251957.jpg







中のクリーミーさといったらもう やっぱ半ライスいっちゃいます  しじみの味噌汁もついてきます

顛末:
「牡蠣フライとプレーンのスパゲッテイ」というのが店のレコメンドだったのですが、ついナポリ
タン好きなアラジンとしましてはアカ(ナポリタンをこの店じゃそう呼ぶ)に変えてしまいました。
それ自体はもちろん美味いのですが、やっぱりアラジンは日本人。牡蠣フライといえば白いご
はんです。牡蠣を2個食べて降参、そして「すみません、半ライスください!」と言ってしまいま
した。こぶりの牡蠣フライと白いご飯、「黄金のタッグ」でした。牡蠣汁じゅる。ご飯ほく。
あと、ここのコールスローはキャベツを大切りで歯ごたえがあります。個人的にはいかにもなか
んじのコールスローが好きなアラジンですが、これはこれで食べ応えがあります。
自分でカスタムしてたっぷり食べれて安い。美味い。首都高が近くを通っているとはとても思
えないほど店の中は静かです。相変わらずお客にタクシーの運転手さん多いです。だからどう
したって?別に意味はなしです。とにかく懐かしい洋食が美味くて適価格ないいお店です。
にほんブログ村 グルメブログへ←ぽち→人気blogランキングへ

注意:
おなかすきすぎで行くとむちゃくちゃ頼んでいざ食べ物が到着するとビジュアルに圧倒され
「ぼくちゃん、こんなに頼んだっけ?頼んだよね。ごめんの〜〜わるかったの〜〜」
と目に涙を食べながらがっつかなきゃいけない羽目に陥るので、ちょっと気持ちに余裕をも
って訪れることをおすすめします。あと時間を少しラッシュタイムからずらすと気持ちにさらに
余裕が生まれます。カスタムするときのイマジネーションを大切に、あなたも「大越」の洋食
をあなた流に味わってみてはいかが?


by sokosoko6293 | 2006-11-25 18:51 | 洋食