<   2007年 12月 ( 7 )   > この月の画像一覧

久徳  稲庭うどん   六本木ヒルズ

e0002541_885149.jpge0002541_810217.jpge0002541_8105929.jpg








明るい照明モダンな和風の店内です ここのしじみうどんは名作だと思う  なまこの酢の物もそれに続く

帰国して日夜日本で残った仕事に励むアラジン卿です。おばこんわ。
それにしてもやはり日本は日本食の選択肢がべらぼうにあるY あたりまえだけど。
このまえNYでアパートハンテイング中アッパーイーストサイドで食べたラーメンの麺
はなんとサッポロラーメン(あの縮れてるやつです)だったなあ。店員さんマジ顔で
「ラーメンのトッピングは豆腐にしますか?チキンにしますか?魚にしま、、」
だったもんなあ。まさか店でサッポロラーメン食べるとは思わなかったし、上に豆腐
だなんていくらなんでも考えつかないよなあ。やられた!っていうか
なにごともなかったかのように5分後、チキンの入ったラーメンをサイドのカリフォル
ニア巻きとともに笑顔で啄んでいたアラジン卿。郷に入ればHIROMI GO!で対応するし
かないじゃないっすか。そして、、、
不思議と違和感もそれほどなく「さんきゅ〜」なんて食事を終えちゃうことの不思議を
思いつつ、いざまた日本へ帰って和食を口にした瞬間、
「ていうか。ちゃうやんちゃうやん。これが本物日本食やん。今までだまされてたやん」
長いアメリカンコメデイのわかりにくいオチがやっとのこさここで落ちるわけです(笑)

人間って考えるよりずっとずっとサバイバーなのかもしれませんね。適応力もあるの
かもしれません。でもやはり舌は正直です。東京へ帰って来てからアラジンは狂った
ように和食ばかり食べております。あの障子紙のようなしゃぶしゃぶを、小池さんの
頭のようなラーメンを、取り返さんがために、「アラジンのごはん日誌っ2」誌上の
ヒット作をかたっぱしから、行きまくってます。

というわけでやっと本題です。ここ「久徳」のしじみうどん。このスペシャルテイは
しじみの新鮮で大きいことに尽きると思います。それをスライスしたしょうがと白ごま
とネギ、軽くゆずなどで頂くごくごくシンプルな食事なのですが、これがうまい!
しじみはみなさんもご存知のように微妙な食材です。いい悪いがはっきり末代までたた
られます。ぷりぷりでコクミのあるあさりチックなしじみの出汁の効いたスープはそれ
はそれは最高のアンサンブルをお鉢の中で作り上げるのであります。

もうひとつ。
この日も食べた後で「あ。写真撮らなきゃ」って気がついたくらい夢中になれるのが
「なまこの酢の物」です。こりこりぬるぬる、これも微妙な食材ですが、見事なポ
ン酢作戦によってこれも食材の新鮮さを引き立たせております。

ヒルズに勤めているらしき若きOL戦士がランチタイムに3種選べるうどんセットなど
を食べずにこの「しじみうどん」をアラカルトで頼んで髪の毛をかき分けながらふ〜ふ
〜しているのを見ると、アラジンは心から魂を揺さぶられるのであります。

次々単なる和食と間違えて入ってきそうになる観光のお客さんにとどめを刺すように
「麻布久徳、稲庭うどんのお店でございます」
とアナウンスする店員さんももうすっかり店の独特のドライなムードに一役買ってま
す。これでほとんどのお客さんがひるむという^^;
なんか不思議な商売っけのなさなんだよなあ。








by sokosoko6293 | 2007-12-19 08:38 | そば・うどん

shion  麻布十番ヒルズ寄り

アラジンのNY便りのコーナー〜!

やた〜まん。みなさん!!!NYCの家が決まったのココロ。
これから週末にも関わらず学校を下見に行ってきますのココロ。
家は学生に戻ってあくまでstudioにこだわりました。ついついいつものくせで
「いいじゃん、もう大人なんだし。今まで稼いで来たんだし。多少自分に投資
投資!ってどんどんstudio→1bedroom→door man在中→elevaterがほしい、、
と贅沢ほざく自分に「おいおい、おい鰹!おまえは学生だろう?何をやりたくて
仕事をやめたのかわかってる?」って自問自答しました。
マンハッタンはアパートの家賃が非常に高いですが、納得のいく当初の予算内で
第一希望のロケーションにこの2日間で見つけられたというのはほぼ「奇跡」に
近いとニューヨーカーの友達に言われました。そうか〜。なんかいろんなことが
すこしずついい方向に進んでいくといいな。

さてマンハッタンでアラジンのお気に入りの「ウーチョンレストラン(コリアン
bbq」でご飯しながらこのまえの麻布十番「shion」での食事を思い出しました。
ここにもずいぶんお世話になったものです。このまえ犬を連れて店の前のスペイス
でご飯したときも相変わらずのあったかくココロのこもった味に気持ちが芯からあ
ったまりました。ここのファンは密かに足しげくこの店に通っている模様です。
一見その存在は麻布十番において地味目ですが、こういうレストランって息が長い
とアラジンは踏んでます。うん、きっとそう。
「しばらくは会えないけどずっとshionはアラジンの故郷だかんね」
「ぜひお元気で。また帰って来た時はぜひ立ち寄って下さい」
何年もかけてshyなこのふたりはやっとこのひとことに辿り着けた気がします。ご飯
道ってなんだかちょっぴり深いなあ、なんて。これからもまだまだ続くけれど、命
の限りNYCでも食べ続けたいと思います、ってこれから一旦東京に戻るんでしたっけ。
アラジン?
e0002541_0585677.jpge0002541_059304.jpge0002541_104967.jpg







外の席だとダウンジャケット着たまま 手作りナムル類が素晴らしい★★ 野菜もいいっぱいキムチで摂取なり
e0002541_1137100.jpge0002541_12059.jpge0002541_121810.jpg









みそ汁のようなこのスープ最高です! 白ごはんが当たり前にうまいって なんかすごくしあわせなことなんだなって!

アラジン報告書:
ほんとうに麻布十番はいいところです。こういうさりげない、いつ行っても満杯なときは
そんなにないけれど必ずコアファンの人がいてずっと支え続いているお店って素敵です
ね。麻布十番にはそういう店を認める度量があります。そこがアラジンがこのエリアが
好きな理由のひとつです。
by sokosoko6293 | 2007-12-16 01:03 | 焼肉焼いても家焼くな

エスペリア 西麻布

e0002541_19403364.jpge0002541_194157.jpg









NYC滞在中のアラジンです。AWAY時はMAC BOOKなので写真のかんじがちゃんと
3つそろってアップできないのが、ん、もう〜、芳賀ゆい〜〜〜〜〜★★★

この日のエスペリアは友人とランチパスタコース。まず前菜の盛り合わせ。友人の
島とうがらしのアリオーリオ。かなり辛くしてもらいました^^;友人曰く、
「アラジンへのはな向けだからね。はい。半分あなたにあげる(西川峰子調で)」
もうええっちゅうに^^;

そして↓これがアラジンの大好きなロッソの野菜のリゾットっす。うまい、かずがい
、芳賀ゆい の三拍子。
↑だからもおええちゅうに^^;;;

ほんのり漂い感が上品で、量もちょうどいいです。

エスペリアはなんといってもこの盛りつけでしょうか。絵画のように今日もお皿の
キャンバスに一枚一枚丁寧に絵を描く森シェフの料理、心から楽しめるひとときです。
ニューヨークから帰ったらまっさきに食べたいです。本格渡米の前にもう一回いやもう
二回いやいやもっともっと通いたい心のオアシス、エスペリアです。

e0002541_19412126.jpg








東京でも昼夜ともにビジネスやプライベートでの会食が立て続けで、目が回る忙しさ
ですが、ありがたいことですね。やはり人との関係の中で、食は大事な要素。
それを通して更にその人との関係を改めて確認するチャンスを迎えている、そういう
時期なんでしょうけれど。毎回思うところあって、食も今までとはちょっと違う舌で
味わえているように思います。人間ってほんと不思議な生き物ですね(笑)


by sokosoko6293 | 2007-12-13 19:55 | 後悔しないイタリアン

ハレルヤ

『コラーゲンたっぷりの鍋の店が出来たんだけど一緒に行かない?」
友達からのお誘い。もっちもっちもちもちっと!(西川峰子でおねがい)

西麻布。交差点からすぐそば。前アメリカンホームダイレクトだかなんだか不動産屋が
あった場所。(そんなかんじの名前だったような)で、そこをうまくリノしてる。仰々しくなくて
おしゃれ。開放感がある。その名も「ハレルヤ」

鍋には「ビューテイー鍋」と「ビースト鍋」がある。ビューテイーのほうはおもにコラーゲン
のスープで食べる鍋でして肉や野菜のオプションが選べるしかけになっとります。ビーストの
ほうはもつ鍋ですな。どちらも写真を見る限りはおいしそうっす。

でも、なぜかやはり、ビューテイービューテイービューテイーペア~

われわれはビューテイー鍋頼みましたとも。ええ、もちろんですとも。さ、それではさっそく
そのすばらしい美の祭典の鍋っちを紹介していきましょうね。
e0002541_9382520.jpge0002541_9385636.jpge0002541_9391830.jpg








中目黒のほうから進出らしっす  基本はすだちと塩コショウで   きゅうりの梅なんとか(うま)
e0002541_9401692.jpge0002541_9403210.jpge0002541_9405923.jpg







白熊のサラダ(えっと、白菜っす) チャンジャも甘みがタマランチ   ほらでた!ビューテイー鍋e0002541_9413963.jpge0002541_94234.jpge0002541_9423377.jpg








鶏のつくねと豚 鶏の胸肉を   豆苗と空芯采などの追加野菜  西麻布にコダマする汁の音

鍋はコラーゲンの薄味で食べてもそれだけで素材が堪能できるおいしさ。サイドオーダーのきめ
細やかな味付け&歯ごたえにもおもわず顔がほころぶ。最後は硬めのうどんでみんな仲良し!

夜中までやってるので、イチョウの調子悪いときには一人鍋でふらっと訪れてもいいかなっと
思えるお店、雰囲気もばっちりでコストパフォーマンスもぐ~なお店でした。

ビューテイビューテイ~  ビューテイビューテイ~  ビューテイな~べえ~~~~


by sokosoko6293 | 2007-12-05 09:45 | 鍋奉行

並木橋「市勘」

アラジン女将どす。そうだ、市勘へ行こうだす。
このお店はアラジンが生まれて初めて、目ねぎを握っていただいてそのおいしさに昇天した
記憶のある店でおす。健在だんな。なつかしおすわぁ。

e0002541_1594371.jpge0002541_202781.jpge0002541_204354.jpg







輝いてたネタだった頃の自分を 思い出してひっそり涙しまんねん いかとげそのコンビどないだ
e0002541_211286.jpge0002541_213181.jpge0002541_214831.jpg







わ~れはか~ずのこ白~波の   子もちこんぷシルブプレ    ミルガイあなたにもあげたい
e0002541_23381.jpge0002541_241596.jpge0002541_253726.jpg







アジもうほっぺたオチまひたえ   たれのげそでっしゃろうぅ?   途中から嬉涙でましたわぁ


女将も寿司に涙やて、もう歳やわ。でもその生きてきた年月がうれしおす。いとおしおす。そんな
女将の涙だす。
「へいらっしゃい。おっ。このまえのおみこしはかつげなかったんだよね」
ご近所のかたがきはったらもう顔をほころばせてしゃべってはる職人はん見て、またうれしゅう
て涙でましたがな。女将の寿司道の思い出桜、やっぱりあれでっしゃろう。いきまっせ。
「すみません。目ねぎってあったりしますかいな」
すると大将、
「め、なに?めね?めねぎ?ないね(ときっぱりあっさり、ありがとう」

思い出小箱は開けすぎ禁物だっせ。世の中も己も変わっていきまっからなあ。目ねぎは
食べられへんかったけんど、充分寿司のきっぷのよさと、美しさ、おいしさ、堪能させて
もろたんで、これはこれで感謝せなやわ。
また来たいわ。

by sokosoko6293 | 2007-12-04 02:26 | sushi てんぷら うなぎ

みなさんありがとう

e0002541_4124956.jpge0002541_415412.jpge0002541_4153218.jpg








なんかすごくうれしっすね。普通に気にかけてもらうってのぐぁ、ものすごくしみます。
しみます。(とびます。とびます。なかんじでよんでくださいね)
本日は恵比寿でクラブイベントがあったので朝帰りです。ひさしぶりにシャンパンを4
杯飲んで上機嫌です。歌謡曲ナイトって内容でピンクレデイ、アンルイス、などなどのりのり
のイベントでした。
ちなみに本日の写真はアメリカの友人のみやげのクッキー、仕事で新幹線に乗ったとき
のアラジン御用達の「チキン弁当」です。なつかしい味がします。

イベントが始まるまえに「ちゅるり」(恵比寿)で「塩ラーメン」を頂きましたが、
脂っぽくてまいったっす。これが10代の若者アラジンなら「じゅるじゅる」って
かっこむところですが、さすがに脂の浮いたスープはむちゃくちゃ美味かったけど
残してしまいました。食べ物をあまり残したくないアラジンとしては「ちっ」

明日は大学のあれこれをやらなきゃけなくて結構これが大変。でも気分転換にうまい
もの食べるぞい。そうそう、いつもこれが最後の晩餐。アラジンにとって食とはそう
いうものなのですから。
by sokosoko6293 | 2007-12-02 04:20 | 最後の晩餐

アラジンのごはん日誌っ2

e0002541_1493836.jpge0002541_14152093.jpge0002541_14155791.jpg








ほんにのう ごぶさたどえした 元気でやっとりますゆえ〜〜

なんか書き方も忘れてるし〜〜〜いかほど^〜^〜〜〜〜〜〜
みなさん、更新さぼっててほんますまそんすまそんすまそん
むちゃくちゃ元気なんすけど、アラジンこのたびアメリカにひっこ
すことになりまして〜〜その準備でひ〜こら言っとるわけだす。

東京健啖日誌はあとすこし。ほんでもってNY学食日誌(そうなのよ
。学生に逆戻りなの〜)を来年からは始めようかななんちゃって。
しかしおっchangの分際で学生になるなんて身の程知らず大変なこと
よ〜わかりました。なんちゅうの。集中力とか。根性とか。徹夜と
か。ぶんぶんぶん、蜂が飛ぶ〜。ぜんぜん無理でっしゃろ?身体が思
うように答えてくれまへんねん。だから行きたい大学に合格!できた
ときは涙ちょちょぎれまひたぜ。さあ、次は入学準備&東京金満生活
のダウンサイズ。&倉庫の確保。税関係の処理。スポーツクラブやら
保険やら車やら広げるだけ広げてた生活を畳むのってむっちゃ大変。
ほんでもって次はピッツア、ぶんぶんぶん、蜂が飛ぶ。ちゃいまっせ。
ビザの申請だすわ。もうちかれたび〜の100乗のココロよ。もういや!
こんな生活!

とはいいつつもおいしいものはあいかわらず食べまくってますよ。
写真あんまとってないけど。ちょっとづつ更新しながら現状報告していき
まんにゃま。

みなしゃま、コメントとかいただいたりしてとってもうれしいです。
これからも「アラジンのごはん日誌っ2」を夜露死苦です!
とりいそぎ。
e0002541_14415539.jpge0002541_14421734.jpge0002541_14451566.jpg
by sokosoko6293 | 2007-12-01 14:39 | おしらせ&おわび