うどん「くろさわ」麻布十番

ここの「黒豚カレーうどん」はアラジンが「最後の晩餐」に頼みたい
一品であります。まず「黒豚」が脂身と赤身とのバランスのいい上質の肉を使って
いるから、ほんとにこれを口に入れるだけでもう「半分白目」になって「ふ~」
とため息でちゃいます。赤ピーマンや白ねぎを粗めにスライスしたものが
次に「食感を刺激」します。カレーのスープは「から過ぎず甘すぎず」こくもちょうどいい
もう「どうにでもして!」なおいしさ。れんげですくって飲んでいると、だんだん
スープが少なくなるのを見て、「く~」おもわずせつない気持ちになるのです。
肝心の「うどん」も細めでねっちり感とつるつる感がちょうど良くて「ふ~ふ~」
しながら食べていると、ふと自分の姿が窓に映ったりします。それを発見すると
その姿は一匹の野獣です。「がつがつがつがつ」きゃ★←似合わんっちゅうに
テーブルにおいてある「黒澤明家の御飯に関するエピソード」など読むのも楽ちー。
「ひとり野獣」するにはもってこいのお店です。アラジンはまず「ざる」を頂いてから
この「黒豚」に突入します。なにごとにもこの「柔軟体操」が必要なんですわ。なんちって。
e0002541_1137264.jpge0002541_11372750.jpge0002541_11374298.jpg








まずはお茶で一服↑        薬味も漆塗りの器です↑       「ざる」が到着↑↑
e0002541_11414781.jpge0002541_1142268.jpge0002541_11421229.jpg







薬味はねぎしょうが↑          真打は「黒豚カレー」↑      ことばを失う美味しさ↑

注意:時間をずらしていくと空いていてゆっくり味わえますよ。&お店から提供される
    紙エプロンは必ず格好悪くても装着いたしましょう。アラジン新作のD&Gの
    皮ジャケに見事な「くろさわのご紋」がはいりましたとさ。

by sokosoko6293 | 2005-10-31 09:31 | そば・うどん


<< 和菓子「みのわ」  広尾商店街 イタリアン「ビノ  平田」  ... >>