「泥武士」南麻布(広尾駅明治屋から天現寺に向かって徒歩1分)

体の中を掃除しよう!夕方5時半。夕食には早い時間だけれど、今日のアラジンはそう心
に決めました。さっそく茜茶を頼みます。小豆のお茶です。ほんのり小豆の香りがして食欲
増進させます。
にほんブログ村 グルメブログへ人気blogランキングへ

ここにくると必ず頼むのが、ごぼうです。白ごまで和えてあり、ごぼうの髭までそのままの
天然素材。噛み応えもあって一気にお箸が進みます。
もずくもいきます。血液の中を軽くマッサージするような食事がいいなあ、そんなイメージを
ぼんやり思い浮かべながら窓際に向かって座ります。窓には外苑西通りに街路樹の葉が
さわさわ揺れるのが見えます。
9月1日。さんまの刺身を甘しょうゆと七味で。そして鹿児島からやってきた黒豚もいきましょ
う。季節の野菜のグリルをもらってと。
またまたひとりでかなり頼んでいるようです。これにもちろんブラウンライスと野菜の味噌汁。
はたして食べきれるのでしょうか?

「けっこう食べられますか?なら大丈夫ですよ!」
とお店の方。最近奥の工事があり個室が増えたこの店だけど、表の外苑西に面したフロアは
開放感溢れる気持ちのいいスペース、そこは変わりません。ん~と背伸びをしてアラジンは
茜茶をすすります。さあ、体の求めるままに燃料注入始めますよ、泥武士ごはん。
にほんブログ村 グルメブログへ人気blogランキングへ

e0002541_19443826.jpge0002541_19444894.jpge0002541_19445866.jpg







結構この手のモダンアートいい  まずは茜茶を一杯頂きながら   外苑西の街路樹を眺めて   
e0002541_19453962.jpge0002541_19455358.jpge0002541_19485096.jpg







たたきごぼういってみましょう   もずくは一口でつるつるっと    玄米と野菜の味噌汁です
e0002541_19492959.jpge0002541_19494066.jpge0002541_19501598.jpg







黒豚ちゃんはおろししょうゆで  野菜はフランス塩とオイルで    最後に茜茶で仕上げです

泥武士報告書:にほんブログ村 グルメブログへ人気blogランキングへ

全席ほぼ予約で埋まっているという人気ぶりです。自然食嗜好が盛んなのと、やはり美味しい
ということが理由でしょう。野菜の甘みは厳選された素材のよさを感じますし、さんまの鮮度も
抜群でした。赤身と脂身がくっきりと寄り添ってそりゃもう食べるのがもったいないくらいキレイ
でした。玄米の炊き方もマクロバイオテイックな「ねっちゃり」した炊き方で、これにアラジンは
黒胡麻と塩を軽くまぶして食します。お皿の出てくるテンポも遅からず早からず、ちょうど食べ
終わりそうになった頃に次がきます。「できたもんからどばっと全部いっぺんにだしてもらって
いいから」とアラジンは言っていたのですが、懐石を食べるように見事にストーリー仕立てで
出してくれました。外はまだ明るい中の晩御飯。これも風情があっていいもんですね。車を駐
車場から出そうとふと空を見上げると半分くらいの大きさの月がとっても美しかったです。


おまけどすえ:
e0002541_1037429.jpg







でてきました さんま写真す

by sokosoko6293 | 2006-09-01 19:34 | マクロビオテイック


<< 「サルバトーレクオモ キッチン... 「ヨ★シ★カ★ミ」浅草 >>